ホーム  >  ブログ一覧

総合経営サービス様の事務所を見学させてもらいました。

2017.12.18

カテゴリ: その他, 労務, 経営

12月11日に東京の王子にある、総合経営サービス様の見学にいきました。

 

 

 

キャプチャ

 

 

CIMG3080

 

 

 

 

代表のの山崎先生とはボストンの会社見学でご一緒させてもらって、その時に無理やり訪問させてほしいとお願いし実現しました。

 

 

 

 

以前、山崎先生の本を読んでファンになりました。

 

 

 

 

 

41irB5awecL._SX339_BO1,204,203,200_

 

 

 

 

 

また社労士部門の白井先生と平井先生には大変お世話になっています。

 

 

 

 

なんと

 

 

 

 

 

・・一緒に写真を撮るのを忘れました・・

 

 

 

 

残念です。

 

 

 

 

 

総合経営サービスさんは毎朝勉強会をしています。

 

 

 

 

その朝8:00の勉強会から参加させてもらいました。

 

 

IMG_1153

 

 

IMG_1149

 

 

山崎先生に「毎日勉強会をやるのは大変ですね。」と何も考えずに話をしてしまったら、「勉強もしないでお客さんに貢献できるはずがない」と言われました。

 

 

 

 

 

本当にその通りだと思います。

 

 

 

 

 

山崎先生の信念を感じました。

 

 

 

 

 

お客さんにどういうサービスを提供したいか、それがしっかりと決まっていて、そのためにやるべきことが行動に表れています。

 

 

 

 

 

理念と行動が一致しているなと思うのは新卒採用にも表れていました。

 

 

 

 

 

新卒で内定を出した人材にも、毎週課題があります。

 

 

 

 

 

課題の1つは、日経新聞の記事で5つ良かったものをピックアップして感想を作成します。

 

 

 

 

 

そして、それを会社が赤ペンでフィードバックします。

 

 

 

 

他にも「べいす」という本を読んで感想を書きます。

 

 

 

 

 

内定者は正直大変だと思います。

 

 

 

 

 

ただ幸せだと思います。

 

 

 

 

 

今の世の中は中途半端なスキルでは生き残れません。

 

 

 

 

 

総合経営サービスさんに入社したら、絶対に力がつきます。

 

 

 

 

そしてお客さんに絶対に喜んでもらえる人材になります。

 

 

 

 

総合経営サービス様に訪問して、『社員にどんな風になってほしいか、お客さんにどうなってほしいか?』やはり、そこから考えることが大切だと思います。

 

 

 

 

うちの会社もお客さんの「成長」を支援するといっているのに、うちの会社はそれに見合う勉強をしているのか?

 

 

 

 

総合経営サービスさんの半分もしていない。

 

 

 

 

士業の事務所は仕入れは知識です。

 

 

 

 

日本一の事務所を目指すなら、日本で一番学ぶ事務所でなくてはならないと思います。

 

 

 

 

『勉強好きの人材を集めること、そして勉強好きが集まる事務所。』を作らないといけないと強く強く感じた1日でした。

 

 

 

 

総合経営サービス様、ありがとうございました。

 

 

 

 

この学びを活かしたいと思います。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (12)
  • 経営 (57)
  • 相続 (3)
  • 日常 (17)
  • 旅行 (17)
  • 労務 (8)
  • 働き方改革 (16)
  • 人事【教育・研修】 (23)
  • 人事【採用】 (40)
  • 人事 (80)
  • セミナー案内 (7)
  • セミナー (45)
  • その他 (76)
  • カレンダー

    2017年12月
    « 11月   1月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    月別

  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (5)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (3)
  • 2018年7月 (4)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (4)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続