ホーム  >  ブログ一覧

誰も幸せにならない。

2016.10.31

カテゴリ: 経営

経費を削減するという話になるとS携帯会社からD携帯会社に変えましょう。

 

 

 

 

 

会社から出てくるのはこんな提案ばかりです。

 

 

 

 

 

言い方は悪いですが、見えるコストを安くすることはそんなに難しくありません。

 

 

 

 

 

別のメーカーの見積もりをとるか、その会社に価格を交渉したり、使用頻度を下げたらいいのです。

 

 

 

 

 

会社がやらないといけないことは、携帯の電話代のような顕在化するコストを削減することはもちろん、見えないコストを顕在化して、そのコストを削減することです。

 

 

 

 

 

何を言っているかというと、例えば営業マンが営業で車で移動した時に、移動コストが発生します。

 

 

 

 

 

売上を生まない時間です。

 

 

 

 

 

お店に来てもらればそのコストはなくなります。

 

 

 

 

 

もちろん来てもらうハードルは上がりますが・・

 

 

 

 

 

また、例えば事務所の空きスペースに、何年も開けない段ボールの山がある。

 

 

 

 

 

これもコストです。

 

 

 

 

 

賃貸物件であれば容易に平米いくらの賃料がかかっていてい、そのスペースにものがあるコストが計算できると思います。

 

 

 

 

 

整理整頓されていないパソコンのファイルの中から、特定のファイルを探すのものコストですし、なんでもかんでもマニュアルにするのも場合によってはコストです。

 

 

 

 

 

パソコンのファイルは最低限の検索ルールが必要です。

 

 

 

 

 

ファイル保存のルール化をやりすぎるのもコストだし、やらないのもコストです。

 

 

 

 

 

マニュアルもどのレベルで作るのかをはっきりさせないと、マニュアルを作ることが仕事の社員がでてしまいます。

 

 

 

 

 

顕在化するコストの削減は誰でもできます。潜在化するコストが削減できる人が優秀なのだと思います。

 

 

 

 

 

とこで本題ですが、経営者でこんなふうには絶対になりたくないなと思うのが潜在コストが見えない経営者です。

 

 

 

 

 

何でもかんでも、料金を値切る経営者、やたら値段が高いという経営者。

 

 

 

 

 

たとえば私たちの業界では、書類を作成してお金をいただきます。

 

 

 

 

 

それがA4一枚で数万円ということもあります。

 

 

 

 

 

これにはこんなコストがかかっています。

 

 

 

 

 

情報収集するコスト、法律的な書類を作成するための社員の教育コスト、書類作成の時間そのもののコスト(社員の給与)、印刷代等々。

 

 

 

 

 

潜在コストが見えない人は書類の作成時間と印刷代しか見えません。

 

 

 

 

 

優秀な経営者であれば、気づくはずです。

 

 

 

 

 

まだコストがあることを。

 

 

 

 

 

それは会社の仕組みを維持するコスト、そして会社を成長させるための利益のコスト。

 

 

 

 

 

仕組みを維持するコストとは、一般的に同じ仕事でも大企業のほうがセキュリティの対策などで、維持コストが大きくなります。

 

 

 

 

 

そして会社を成長させるための利益のコストとは、取引相手が利益をあげて会社を成長発展させていくお金です。

 

 

 

 

 

 

値段はとても大切です。

 

 

 

 

 

 

10,000円で販売しているものを8,000円に値切ったらどうなるか?

 

 

 

 

 

 

誰かがその負担をするのです。

 

 

 

 

 

 

そしてそれは相手先の社員の給与だったりします。

 

 

 

 

 

 

何でもかんでも値引きする経営者や値段に文句を言う経営者、値段以上のサービスを求める経営者、値段の中身が分かっていない経営者、こういう先とつきあうと自社の社員は絶対に不幸になります。

 

 

 

 

 

その経営者と付き合った会社の社員は「誰も幸せにならない」のです。

 

 

 

 

 

 

だからどんな会社とつきあうか、どんな経営者と付き合うか、それはどんな仕事をするか、どんな商品を売るか同じくらい重要なのです。

 

 

 

 

 

もちろん、商品が適正価格であることが条件ですが・・

お問合せ欄に表示する文字列。