ホーム  >  ブログ一覧

お前じゃ話にならない、ロボットを出せ!

2016.06.13

カテゴリ: 人事

アメリカの家具店の事例ですが、この家具店は客が店の玄関をくぐった時点で、その人が誰で、どんな商品を欲しがっているか分かってしまうそうです。

 

 

 

 

お客がWEBを見た時から、家具店は情報収集してどのページにどのくらい滞在しどんな商品を購入したとか、どんな色が好きかなどの情報を集めます。

 

 

 

 

フェイスブックのアカウントでログインしてもらうことでどんな顔かも把握します。

 

 

 

 

 

そして、来店時には○○様ですかと声をかけ、その人の好みの商品をすぐに提案します。

 

 

 

 

 

このシステムをいれたことでこの店舗の売上が20パーセント上がったそうです。

 

 

 

 

 

このようなことが進むとどうなるか??

 

 

 

 

 

ロボットに直に任せたほうが「生産性が高い」とういう状況が生まれます。

 

 

 

 

 

なぜなら、人に任せると些細な顧客の変化、例えば、服の店員だったとして、来店時に「髪を切った」とかそういったことに気付けるかどうかがビジネススキルになってしまいますが、ロボットなら間違いなく声をかけます。

 

 

 

 

Kotaku_201210_we_live_in_a_computer_simulation

 

 

 

 

「いらっしゃいませ。○○様、少し髪を切りましたか??」と接客するロボットと、なんとなく天気が良いですねと販売する人間と、結果は違ってくるように思います。

 

 

 

 

 

多くの会社はこのシステムやロボットを購入すると思います。

 

 

 

 

 

顧客の好みを完璧に知り尽くしたロボットが、的確に顧客に商品を販売していく。

 

 

 

 

 

顧客も満足する。また来ようと思う。

 

 

 

 

 

 

そんな時代が来ようとしています。

 

 

 

 

 

以前はロボットに販売を任せるなんてことは考えられなかった時代から、人間の販売員が接客しているとお客が「お前じゃ話にならない、ロボットを出せ!」という時代がやって来ようとしているのです。

 

 

 

 

 

そのほうが会社も苦労して教育して、辞められるなんてこともなくなります。

 

 

 

 

 

つまり、人件費と教育コストを足した額以下のロボットができれば一気に普及するのです。

 

 

 

 

 

何も販売だけではありません。

 

 

 

 

 

ありとあらゆる分野でです。

 

 

 

 

 

このような時代、会社はどうしていくべきか?

 

 

 

 

 

 

教えたことをきっちりやる、従来型の社員は、どんなに優秀でも人工知能には勝てません。

 

 

 

 

 

 

こんな時代の教育を会社はどうやっていくか?社員はどうするべきか?

 

 

 

 

 

 

会社がいろいろ教えることも大切ですが、社員本人が自ら学ぶことが大切になります。

 

 

 

 

 

 

会社は学べる環境を作る。

 

 

 

 

 

 

次世代に必要なものを明示して、それを学ぶことができる環境をつくる。

 

 

 

 

 

 

それが会社にできることです。

 

 

 

 

 

 

そしてその必要なものを考えるのが、経営者の役目です。

 

 

 

 

 

 

そもそも社員が勉強しない。

 

 

 

 

 

 

これは問題外です。

 

 

 

 

 

 

勉強する習慣をつくることから始める。

 

 

 

 

 

 

そのうえで何を学んだら良いか?

 

 

 

 

 

 

 

その方向性を明らかにする。

 

 

 

 

 

 

これが教育です。

 

 

 

 

 

 

もし勉強の習慣や学ぶ習慣がない社員が多い会社であれば、時代の移り変わっても変化ができないのだから、どんどん稼ぐ力が弱くなっていき、会社も勝てなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

時代が変わる、どんなふうに変わるか分からないですが、本当に社員のことを思うなら、社員のためにできる唯一のことは勉強の習慣をつけさせることかもしれません。

 

 

 

 

 

 

決して、時代が大きく変わって、「あの時、もっと勉強しておけばよかった」という社員を作ってはいけないのです。

お問合せ欄に表示する文字列。