ホーム  >  ブログ一覧

「平均点」の仕事をしていたら会社が倒れる

2016.03.07

カテゴリ: 人事, 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

たとえば、あなたが営業マンだとして、去年と全く同じノルマで、同じノルマを達成したら良いと思っていたらたぶん稼げない社員だと思います。

 

 

 

同じお客さんを回って同じような営業をしてくる。

 

 

 

ほっておけば、同業が営業をかけてく顧客を奪われたり、新規の顧客を開拓できていなければ、数年後に行き詰まる。

 

 

 

何も営業だけではなく、事務の仕事も全く同じで、昨日と同じ仕事を、昨日と同じスピードでこなす。

 

 

 

ほとんど価値はありません。

 

 

 

時代はどんどん変わっていって、業務効率ソフトや人工知能が発達しています。

 

 

 

ほっておけば機械に頼んだほうが早いということになってしまいます。

 

 

 

ネットでアウトソーシングすることもできるのだから、もはや社内で少し仕事ができるくらいではずっと仕事があるなんてことはないのです。

 

 

 

「昨日と同じ仕事をする」=『平均点』

 

 

 

日本は経済成長していません。むしろマイナスです。

 

 

 

その国での平均点の仕事は相対的には赤点です。

 

 

 

昨日と同じ仕事しか与えられてないと思うかもしれません。

 

 

 

しかし、仕事というのは、自分で見つけるものです。

 

 

 

まずは、与えられた仕事をする。

 

 

 

これをAとすると、このAの仕事をするのはあたりまえです。

 

 

 

そのうえで、Aに加えて、自分なりのやり方で新たにBの新たな仕事や仕事の新たなやり方を考えだして、「A+B」の仕事としないといけません。

 

 

 

少し話は変わりますが、年金は今後どうなると思いますか?

 

 

 

という質問を良く聞かれます。

 

 

 

その時に必ずこう話をしています。

 

 

 

年金の前提は年4%の経済成長、年4%の定期昇給、出生率2%が達成され、運用利回り5%が確保できれば大丈夫ですと。

 

 

 

答えは分かりませんが、前提が間違っていることは間違いありません。

 

 

 

厚生年金保険は、障害や死亡に関する保険の手厚さはすごいと思います。

 

 

 

しかし、年金に関しては、それに頼って老後の資金計画をたてるのは危険すぎます。

 

 

 

 

では、どうするか?

 

 

 

 

若い人に貯金をしろと言っているわけではなく、まず仕事ができるようになることだと思います。

 

 

 

 

65歳をすぎても仕事ができる人に仕事は集まってきます。

 

 

 

 

A+Bの働き方。

 

 

 

 

やはり時間で働くのではなくて、1時間あたりの仕事の価値をあげることです。

 

 

 

 

経営者としては、この意識を持った社員をどう作るかです。

 

 

 

 

やり方はまだ分かりませんが

 

 

修造

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

 

 

お問合せ欄に表示する文字列。