ホーム  >  ブログ一覧

未来を感じるプレゼンテーションと高島屋と三越伊勢丹、営業時間を短縮から感じたこと!

2016.02.15

カテゴリ: セミナー, 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

はじめに宣伝になりますが、2月16日火曜日10時からと14時から、25日の18時から弊社のセミナールームで「弊社の商品説明会」を開催します。

 

 

 

タイトルからイメージしづらいですが、これからの社会がどう変わっていくかを話します。

 

 

 

弊社の石黒が当日の資料をpreziという最新のプレゼンソフトで作ったので是非見てみてください。インターネット・エクスプローラーだと動きが悪いことがあるので、その時はgoogle chromeなどでご覧ください。起動に少し時間がかかりますが、未来を感じれると思います。

そしてとにかく、パソコンで閲覧をおねがいします!

 

 

 

 

高島屋と三越伊勢丹、営業時間を短縮というニュースがありました。

 

 

 

要因は人手不足だそうです。

 

 

 

時給が上げないと人が集まらないのでどんどん時給があがる一方で、テクノロジーの進歩により10年後に多くの職業が消滅するというデータがでています。

 

 

 

なくなる仕事 なくなる仕事②

 

未来のことは分かりません。

 

 

 

ただ、やるべきことは世の中の情報のシャワーを浴び続け、自分なりに解釈できる力をつけることです。

 

 

 

将来、コンピューターにとって変わられない仕事をできるようにすることです。

 

 

 

経営者としては、生き残るビジネスを考えることです。

 

 

 

最近読んだ本で、『人工知能×ビックデータが「人事」を変える』

 

 

51EeLgUNDeL._AA320_QL65_

 

ビックデータで優秀な人材を分析し、会社で成果をあげる人材を機械が判断する時代が来るというものです。

 

 

 

履歴書も人工知能が判断し、面接も人工知能が行い、採用試験でゲームのようなものをやるのですが、そのゲームはなんと得点よりもマウスの動きで優秀な人材かどうか判断するそうです。

 

 

 

すべての会社に導入されたら、会社に入るためのセンター試験のようなものです。

 

 

 

時代は目まぐるし変わります。

 

 

 

会社も人も、テクノロジーの変化に負けないように変化しないといけません。

 

 

 

変化を嘆いている暇はありません。変化するしかないのです!

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (9)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (34)
  • その他 (57)
  • カレンダー

    2016年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    29  

    月別

  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続