ホーム  >  ブログ一覧

社員を育てるために経営者がやるべきこと ~師匠の教え~

2016.01.25

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

社員を教えても育たない?

 

 

 

「教える」を辞書で引くと、「知能や技能を身につけさせる」「自分の知っていることを教える」と書いてあります。

 

 

 

一方「育てる」は、「手間をかけて養い成長させる。子どもを育てる」といった説明がなされています。

 

 

 

仕事における「教える」と「育てる」は大きく意味が異なります。

 

 

 

いろいろな組織の管理職が部下に教えてはいるけど育てていない、育っていない。という現実。

 

 

 

仕事における「教える」と「育てる」

 

 

 

「教える」は、知識を教える、技能を教える、物の道理を教えるなど。

 

 

 

「育てる」は、子供を育てる、才能を育てる、人格を育てる、価値観を育てるといったように使用されます。

 

 

 

人は自分で成長していきます。

 

 

 

裏を返せば、自分を成長させるのは自分でしかないのです。

 

 

 

会社の思う通りに、育っていくことはまずありません。

 

 

 

それは、育つのは自分自身が育っていくからであり、会社にできるのは育つ手伝いだからです。

 

 

 

では会社の役割はなんでしょうか?

 

 

 

経営者の役割はなんでしょうか?

 

 

 

社員が育つ場を提供することだと思います。

 

 

 

研修やセミナーを受講させる。

 

 

 

様々な仕事にチャレンジさせる。

 

 

 

その結果、5人に1人なのか、10人に1人なのかは分かりませんが社員が自分の力で育つのだと思います。

 

 

 

経営者ができるのは育つ手伝いです。

 

 

 

師匠の曽根先生は次のように言っていました。

 

 

 

「一流の経営者で社員研修・社員教育に投資しない人を見たことがない。三流の経営者は社員研修・社員教育を費用だと考える。」

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (9)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (34)
  • その他 (57)
  • カレンダー

    2016年1月
    « 12月   2月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    月別

  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続