ホーム  >  ブログ一覧

テニスを観てきました。

2015.10.20

カテゴリ: その他

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

10月10日の土曜日と11日の日曜日に東京に、楽天ジャパンオープンというテニスの試合を観にいきました。

 

残念ながら錦織選手が負けてしまいましたが・・・。

 

s_DSC_0220

 

 

わたくしですが本当にテニスが大好きで、プロの試合だけでなく、試合前の練習でも楽しめます。

 

 

 

練習を見ていて思うことがあるので少しブログに書きたいと思います。

 

 

プロの世界ではトップ10に入る選手とトップ10から20番くらいの選手では正直技術の差はほとんどありません。

 

 

ほとんどメンタルの差だといわれています。

 

 

ではそのメンタルの差はどこで差がつくのでしょうか?

 

 

ひとつあるのではないかと思うのが準備の差です。

 

 

錦織選手は、試合前の練習を丁寧に本当に細かいことをひとつひとつ確認しながらやっている印象を受けました。

 

 

本当に時間をかけて、丁寧に、丁寧に。というのが印象です。

 

s_DSC_0201

 

チャンコーチがラケットで出す、ゆるいボールを、錦織選手はラケットでミサイルのようなボールをコートに打ち込んでいく。それをひたすら繰り返していました。

 

 

プロでもこんな基本練習なの??と思うくらいです。

 

 

何が言いたいかというと、やはり平生の準備なのだと思いました。

 

 

この圧倒的な練習量が、肝心な場面でボールを的確な場所にコントロールできるのだと思いました。

 

 

ビジネスで言えば、絶えず毎日コツコツと勉強する。

 

 

基本的なことも気を抜かない。

 

 

徹底的に準備をする。

 

 

同じ技術力、能力があっても、最後には勝敗を左右するのは技術ではなく心なのだと思います。

 

 

テニスというスポーツは絶対にブレイクポイントというリターンであればチャンスとサーバーであればピンチが来ます。

 

 

そのチャンスとピンチを乗りきれるかどうかが勝負の鍵です。

 

 

そのチャンスとピンチを想定して日々、心の準備をしておく。

 

 

その準備が大きな成果の差になって現れるのだと思います。

 

 

きっとビジネスもそうなのだと思いました。

 

s_DSC_0217

 

とにかく最高の2日間でした。

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (11)
  • 経営 (39)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (14)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (29)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (40)
  • その他 (62)
  • カレンダー

    2015年10月
    « 9月   11月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    月別

  • 2017年12月 (2)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続