ホーム  >  ブログ一覧

強くなければ守れない!

2015.06.09

カテゴリ: 読書

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

尊敬する社長に薦められた本を紹介します。

 

 

 

 

『経営戦略全史』

 

 

 

 

同業他社を研究する。異業種を研究する。

 

 

 

 

これが結構大切なのではないとか思っています。

 

 

 

 

企業は成長し続けなくてはならない。

 

 

 

 

それは社員の給与を上げるため、社員の居場所を作るためです。

 

 

 

 

ところが、なんでそんなに頑張って業績を伸ばさないといけないのかと言う経営者がいます。

 

 

 

 

社員がいなければそれでいいのだと思います。

 

 

 

 

しかしながら社員がいれば、その社員の給与を増やす責任を負うのです。

 

 

 

 

よく社員を大事にしろ、社員尊重と、社内の雰囲気を良くする、楽しく働ける職場をひたすら追求している経営者がいます。

 

 

 

 

それも当然大切です。ただ、その一方で必ずやらないといけえないことがあります。

 

 

 

 

それは経営の戦略を考えることです。どんなに雰囲気の良い職場や楽しい職場を作っても会社が弱ければ社員は守れないのです。

 

 

 

 

強くなければ、どんなにきれいごとを言っても大切な人は守れないのです。

 

 

 

 

倒産=死亡です。

 

 

 

 

 

どんなに素晴らしい雰囲気の素晴らしい職場でも、稼げるビジネスモデルでなくては、つまり強くなければ社員は守れないのです。

 

 

 

 

 

つまるところ経営者の役割はどうやって儲けるのかを考え、それをしくみにしていくことです。

 

 

 

 

 

ただ案外、このどう儲けるかを研究しきれていないように思います。新しいビジネスモデルを考えるといったそんな大きな話ではありません。競業他社よりも優れたことを探し続けること。決めたことを愚直に実践すること。

 

 

 

 

そういったことなのです。

 

 

 

 

今の自社のレベルだと同業他社や、うまくいっている企業がどのように取り組んでいるかを研究し、真似るだけで業績が上がります。

 

 

 

 

他社の研究、これをやっている会社が意外と少ないのがびっくりです。

 

 

 

 

 

業界のリーディングカンパニーでない限り真似ることが、有効なのだと思います。

 

 

 

 

『経営戦略全史』おすすめです。

 

 

無題

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2015年6月
    « 5月   7月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続