ホーム  >  ブログ一覧

採用は投資

2015.05.26

カテゴリ: 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

経営計画を立てて、売上を伸ばしていく、そのために人を増やしていく。

 

 

 

とても単純な話です。

 

 

 

売上が増える前に、人を採用しないといけません。

 

 

 

 

人が先です。売上が上がってから人を雇うとしたら、年収400万の社員を雇うのにいくら利益を上げたら良いと思いますか?

 

 

 

売上を上げる覚悟を決めて、人を採用する。

 

 

 

それしかないのです。

 

 

 

ただ計画どおりに人を採用する。これが案外難しいなと思います。

 

 

 

というのもまず内定した時点でいきなり次の日からこれるはずがないのです。

 

 

 

何が言いたいかというと○月に人を1人採用すると決めたならその決めた3か月前から採用の準備をして、基本的には前倒しで採用していく必要があるのです。

 

 

 

新卒であれば、これもまた考え方の転換がいります。

 

 

 

 

新卒採用は即戦力になる補充採用ではなく、絶対的な余剰採用です。

 

 
余剰採用であるということは、新卒採用にかかる費用は未来への投資ということになります。

 

 

 

 

育てて戦力にする覚悟が必要です。

 

 

 
そして新卒採用は会社一丸となって進めていく必要があります。

 

 

 

 

新卒採用は人材の仕入れです。会社にとって最も重要な部分を人事に任せっきりにしておいたのでは、決して良い人材を仕入れることは出来ません。

 

 

 

話を戻しますが、中途採用にしても新卒採用にしても、うまくいかなくても短期的には会社はそんなに変わりません。

 

 

 

ただ、長期で見ると大きな痛手を負うのです。

 

 

 

人材を育てることが遅れれば、戦力化が遅れて、売上が増えない。

 

 

 

これが根本的な構造です。

 

 

 

このことを理解して、経営計画と人員計画を立てる必要があります。

 

 

 

 

また辞めたら補充する補充採用をしている企業はこれから絶対に伸びません。

 

 

 

これを繰り返しても戦力は対して変わらないか落ちるのです。

 

 

 

 

採用とは執念を持って、会社全体で社運をかけて取り組むべきことなのです。

 

 

 

そう、執念なのです!

 

 

面接

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (31)
  • その他 (53)
  • カレンダー

    2015年5月
    « 4月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    月別

  • 2017年9月 (2)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続