ホーム  >  ブログ一覧

会社の成長がストップする理由

2015.05.19

カテゴリ: 人事, 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

先日読んでいた本に会社規模や業績が停滞する会社の共通点ということが書いてありました。

 

 

特に中小企業は、会社が成長しない限り社員の給与を増やすことすらできません。

 

 

それは大企業のように、一定の人数が入社して、一定の人数が退職するような人件費が安定しているようなことはないからです。

 

 

社会保険料一つをとっても年々会社負担が増えているので、人件費は増加しているのだから昇給まで考えれば社員の成長と共に会社は多くの人件費を払えるようになっていかなくてはなりません。

 

 

その本に書いてあったのは会社の成長がストップする理由の3つの要素は

 

 

1つ目は離職増加による社員数停滞

 

 

2つ目は部門を構成する管理職不足

 

 

3つ目は成長投資のストップ

 

 

 

だそうです。

 

 

 

そしてその根本原因「経営トップのギアチェンジ不足」だそうです。

 

 

 

一般的にトップがすべてを判断して、経営をしていく形で社員30人くらいまではうまくいきます。

 

 

 

しかし、社員が一定数を超えると経営トップだけの力ではうまくいきません。

 

 

 

『任せても我慢できない』『任せられる幹部がいない』

 

 

 

そう思いこむあまりギアチェンジがうまく行かないパターンが多い。

 

 

 

ではどうするか?

 

 

 

短期間でリーダーを育成することです。

 

 

 

そもそも中小企業の多くはリーダーの教育もしていなければ、リーダーの定義もしていません。

 

 

 

まず圧倒的にインプットが足りないと思っています。

 

 

 

リーダーの3大任務

 

 

 

1に業績・成果をあげる。2に部下を指導育成する。3つに、より質の高い役割を目指し、自分自身を高める。

 

 

 

財務の分析の仕方、マーケティング、組織の作り方等々、とにかくインプットをして、できそうな社員にとにかく実践させる。

 

 

 

そうすれば、中小企業の人材は絶対に成長します。

 

 

 

その理由はこれまでやってこなかったからです。

 

 

 

社長の成長⇒経営幹部の成長⇒管理職の成長⇒自社の成長

 

 

 

この図式を意識して、社員の教育に力を入れた企業だけが生き残っていくのだと思います。

 

無題

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。