ホーム  >  ブログ一覧

どんな家をつくるのか??

2015.04.14

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

4月12日(日)の中日新聞にトヨタ自動車の新卒の研修が1年間になったという記事がありました。

 

 

 

去年まで5か月だったものを1年に延長すると言うことでした。

 

 

 

トヨタの社員は1日にしてならず・・

 

 

 

『40年近く勤めるのだから、急いで配属するよりも、いろいろ経験させた方が良い』

 

 

 

トヨタの回答でした。

 

 

 

中小企業の 教育どうでしょうか?

 

 

 

最悪の場合はこんな感じです。

 

 

 

配属された初日から働かせる。

 

 

 

もっと最悪な場合は、全員が手一杯で、面倒を見る人すらいなく「とりあえずそこに座ってこの資料を読んでおいて」という。

 

 

 

その結果、会社の歴史も知らない、マナーも分からない、挨拶ができない社員を作りだしてしまう。

 

 

 

新入社員が育たないのは、どう考えても経営者の責任なのです。

 

 

 

勝手に育てと言いたくなるがそんなことは言ってはいけないのです。

 

 

 

教育もしていない新入社員に「空気を読め」とか、「自己研鑽で勤務外でも勉強をしろ」とか

 

 

 

そんなことが勝手にできると思ってはいけないのです。

 

 

 

何もトヨタのように長く研修しろとは言っていません。

 

 

 

ただ、中小企業の経営者も最低でも1か月は研修をしないといけないと思っています。

 

 

 

そして、仕事のやり方を学ぶのはもちろんですが、大切なことは仕事への考え方を教えることです。

 

 

 

多くの経営者が思っていることは、毎日少しづつで良いから社員に成長してほしいと思っているはずです。

 

 

 

そのために、欠かせないのはやはり、こだわりや努力なのです。

 

 

 

時間をかけて少しずつ成長していく。

 

 

 

毎日、ほんの少しずつ、でも決して手を抜かずに、確実に前進する。

 

 

 

こういう人には誰も敵わないのです。

 

 

 

小さな水滴が年月を積み重ねることよって岩に穴をあけてしまうように。

 

 

 

水滴に勝つのは簡単です。

 

 

 

も年月に勝つのは容易ではありません。

 

 

 

中小企業の経営者は少ない投資で、すぐに役に立つ人材を欲しがってしまいます。

 

 

 

たいした教育もしていない人材・・それは例えるなら藁の家です。

 

 

 

 

大きな投資で、時間をかけて少しずつ人を育てていく。

 

 

 

そうやって完成するのがレンガの家です。

 

 

 

トヨタのような鉄筋でできた家は作れないまでも、耐震性能を備えた少し良い住宅なら中小企業も作れるのです。

 

 

 

社員の教育とは、家づくりのようなものなのです。

 

 

 

長い年月をかけてレンガ造りの家を作る覚悟がない経営者は、人を採用してはいけないのです。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。