ホーム  >  ブログ一覧

やらないこと決める

2014.12.01

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

経営は「やらないことを決める」こと。仕事も「やらないことを決める」ことと、ある方に教えてもらったことがあります。でも実際に自分は全くそれができていないように思います。

 

だから来年は、「やらないことを決める」を実践します。

 

 

例えば、仕事でこの書類をコピーしといてと言われて、ただ印刷するだけなのか、

 

あるいはその先のことを考えて、何に使うのか?誰に渡すのか?までを視野に入れて部下にお願いしたり、部下がそれを確認して聞いてきたりする、

 

そこが『仕事が出来る人』と『仕事が出来ない人』との決定的な差なのだと思います。

 

『仕事が出来る人』ほど、新しい仕事が頭の中で生み出されていくのです。

つまり仕事のできる人の仕事は無制限にあるのだと思います。ただのコピーがコピーで終わらないのだと思います。

 

簡単にいうと、『やるべきこと』は限られていても、『やった方がいい事』は無限にあるということです。

 

三流経営者、三流社員の場合、ほとんどの人は『やった方がいい事に』手を付けようとしません。

 

その言い分は『時間がないから、今の仕事で手一杯』です。

 

人から依頼された『やるべき事』、普段やっている日常業務だけで一日が終わってしまいます。やった方がいい事は分かっているが手が回らないのです。

『今の仕事が手一杯で。』と言ったら、これ以上、会社の利益はあがりませんし、思考が停止しています。

 

そんな経営者の会社は将来間違いな倒産します。

 

つまるところ、『できる経営者』『できる社員』になるには、依頼されていない仕事、日常業務以外の仕事をやるしかないのです。

 

しかし、仕事は無限にあります。そして全ての仕事をこなす事は出来ません。

 

本当に大切なのは仕事の時間を増やす事ではなく、成果を上げるためにやった方がいい事。常にそれを考えることです。やった方がいい事はいくらでも出て来ます。そしてその中から『やらない事』を決めることなのです。

 

より大きな成果を上げるために、誰かに言われた仕事をこなすのではなく、誰かに依頼された目的のために自ら仕事を選ぶのです。

 

やらないことを決めることをしないと、会社も未来も大きく変わらないように思います。

 

自分への戒めです。来年のテーマです。

 

images05RVRTD8

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。