ホーム  >  ブログ一覧

曽根先生の教え! すごく心に響いたこと

2014.10.27

カテゴリ: 人事

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

毎月2回、師匠の曽根先生が主催する強運経営者塾のお手伝いをしております。

 

 

10月8日水曜日の塾で、曽根先生がおっしゃられたことを紹介させていただきます。

 

 

会社を経営するうえで、経営計画は絶対に立てなくてはいけません。

 

 

ではなぜそのことが大切なのでしょうか?

 

 

曽根先生が人事の視点から見た経営計画の意味を話されていて、大変感銘を受けました。

 

y_sone

 

まずはじめに、人事とは何でしょうか?

 

 

わたしはいつもこのように定義しています。

 

 

人事の3要素とは

1つ目に、採用・配置

2つ目に、教育

3つ目に、評価

です。

 

 

採用(P) ⇒ 教育(D)⇒  評価(C) ⇒ 配置転換(A)のPDCAを回すことが人事だと言っています。

 

中小企業応援団 10月号 人事塾6回目

中小企業応援団 10月号 人事塾6回目中小企業応援団 10月号 人事塾6回目あ

 

 

なぜ会社は経営計画を立てる必要があるのか?

 

 

先生はこのようにおっしゃっていました。

 

 

1つめは、経営計画で立てた目標を達成するためにどのような人材が何人いるか知ること。

 

 

つまりはその人材を補うために、採用をするのか、配置転換で補うのか、教育で補うのかを決めること。

 

 

2つめは、経営計画で立てた目標を達成するため既存の社員にどのような教育が必要かを知ること。

 

 

つまりは人材育成計画を立てることです。誰にどのような教育をするのか、どのような知識、能力が会社に足りないのかを知ることです。

 

 

3つめは、経営計画で立てた目標を知ることで、既存の社員には、会社の将来に希望を持ち、会社のために頑張ろうと奮起してもらうことであり、採用の場においては、この会社はこのような方向に進んでいくんだ、私もこの一員になりたいと思ってもらうことです。

 

 

つまりは計画がない、未来への計画、目標がない会社には人は集まらないのです。

 

 

5年後がどのようになっているか分からない時代だから、計画なんて立てても意味がないという経営者がいらっしゃいますが、違うと思うんです。

 

 

5年後がどうなるか分からない現代だからこそ、経営者が5年後の未来を経営者が描き、

 

 

どのような人材が必要かを明確にし、

 

 

どのような人材になってほしいかを明確にし、

 

 

社員がそれを知ることで意欲を持って働いたり、あるべき人材を目指して自己研鑽するのです。

 

 

だから、経営者は会社の未来を語る必要があるのだと思います。

 

 

それが経営計画だと思うんです。

 

 

そんなことを師匠に教えていただきました。

 

IMGP3360-300x225

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。