ホーム  >  ブログ一覧

経営者であることと社会保険労務士であること

2014.09.08

カテゴリ:

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

経営者であることと社会保険労務士であることで苦悩を感じることがあります。(久野だけに・・)

 

 

経営者としては、常々、人を採用することと辞めさせることはセットでなくては行けないと思っています。

 

社会保険労務士としては、人を解雇するなんてことは合理的な理由、社会通念上相当な理由がないと解雇できないと思っています。

 

大企業が求人の門を開いて採用市場が活発になり、恐らく戦後から考えれも初めての人手不足の時代がやってきました。

 

この人手不足が与えるインパクトは、比較的長期のスパンで考えれば中小企業を倒産に追い込みます。

 

「人材のレベルが会社の成長を決めてしまう。」

 

「人の頭数がいないと仕事がこなせない。」

 

この2つが同時に来ています。

 

これってとても怖いことです。

 

人がいないからと思って採用したら、全く能力がなかった、問題社員だったなんてことになれば、会社はどうしたら良いのでしょうか?

 

中小企業であれば致命傷です。特に小さい会社であればあるほど、致命傷です。

 

経営者であれば、迷わず辞めてもらわないといけないのだと思います。

 

それは、やはり雇うことと辞めさせることはセットでないといけないと思うのです。

 

経営者は、その人の人生を背負う覚悟で人を雇う、経済活動を通じて利益を出し給与を払う。

 

時に事業の拡大のために借り入れをして個人保証までする。

 

命がけです。

 

社員に命をかけろなんてことは言いませんが、経営者が向く方向に一緒に歩んでいくことを決めた人間であることが大切なのです。

 

頭数がいないから、とりあえず採用したら、経営者が向く方向と逆を向いて邪魔をする、そんな人が来てしまう。

 

悪魔のサイクルのはじまりです。

 

悪い人材が悪い人材を呼ぶ!

 

そのサイクルに入ってしまったら、今の日本の労働法では、そのサイクルから抜け出すのは至難の業です。

 

経営者としては、何がなんでもそのサイクルから抜け出さなくてはいけないのです!

 

社会保険労務士であることは関係ないのです。

 

 

ドラマ「ダンダリン」の胡桃沢社会保険労務士(風間俊介)↓↓↓

このドラマの社会保険労務士のように、自分も経営者のための社会保険労務士だと思います。

こんないい男ではないのが残念ですが・・

imagesXBTYXOT2

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。