ホーム  >  ブログ一覧

記憶との戦い

2014.09.05

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

人間の脳はほとんど差がないそうです。

 

 

様々な場面でうまく行くかは、自分がうまく行くと心の底から思えるかどうかみたいです。

 

 

「自分がうまくいくと思える人」と「自分はうまくいかないと思う人」がいる。

 

 

「東大に入るのが難しいのではなくて、東大に入れると思うことが難しい」

 

 

「成功するのが難しいのではなく、成功できると思うことが難しい」

 

 

人は経験することによりいろいろなことができるようになります。

 

 

しかし、その反面、人は経験することによって出来ないことも増えていきます。

 

 

経験によって人はできるようになると同時に、失敗によって出来ないと思うきっかけを作り出していきます。

 

 

人間は痛い思いをすることによって次から危険なことをしなくなります。脳が学習することによって 似たような危険を回避するためです。

 

 

でもそれは自分自身の限りない可能性を狭めている最大の敵でもあるようです。

 

 

過去の失敗とこれから未来に起こることには関連性はない。

 

 

過去に失敗したからまた失敗するとは限らないし、 過去に上手くいったから今度も上手くいくとは限らない。

 

 

でも脳は、その防衛本能から、どうせまた失敗する。どうせうまく行かない。そんな危ないことは辞めておけといいます。

 

 

まだ何も経験していなかった頃の自分。 その時に持っていた無限の可能性。

 

 

それは経験によって、有限になり、どんどん減っていく。

 

 

でも本当は、過去に失敗したからまた失敗するとは限らないし、 過去に上手くいったから今度も上手くいくとは限らない。

 

 

仕事をしていると、いろいろなことにぶち当たります。

 

 

経営者であれば、経営のことに悩み、社員であれば、顧客からクレームを受けたり、仕事でミスをしたり、過去に失敗したからまた失敗するとは限らないし、 過去に上手くいったから今度も上手くいくとは限らない。

 

 

チャレンジするということは、過去との記憶と戦うことのように思います。

 

 

チャレンジするということは、記憶との戦いだと思う今日このごろです。

 

 

秋です。

 

 

images

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。