ホーム  >  ブログ一覧

従業員ともめる経営者ともめない経営者の特徴

2014.08.29

カテゴリ: セミナー案内

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

9月4日木曜日にまなびパーク多治見の学習館で就業規則のセミナーを行います。

キャプチャ

 就業規則セミナー

 

就業規則を何のために作るかと言えば、社員とトラブルにならないためです。

 

労働契約、就業規則が曖昧だったために社員と細かいことで揉めたり、社員が問題(例えば情報漏洩やパワハラ等のコンプライアンス違反)を起こしたら、会社として処分をしないといけないのに、就業規則に何も記載がないといった会社を多く見てきました。また、労働関係の法令は毎年多くの改正があるので、1年前に見直したから大丈夫だと思ってはいけません。1年に最低でも1回は見直す必要があります。

 

わたくしの過去の経験から、社員から訴えられやすい会社、労務トラブルを起こす社員、もめない会社の特徴をまとめました。

 

労務トラブルで社員から訴えられやすい会社の特徴

①経営者が交代したばかりの会社

②歴史と伝統があり、義理と人情がある会社

③経営者の人柄が良い会社

④金払いの良い会社

 

労務トラブルを起こす社員の特徴

①給料が高い社員

②健康に不安がある社員

③経済的に不安がある社員

④ヘッドハントしてきた社員

⑤労使紛争を乗り越えた社員

⑥高学歴な社員

 

揉めない会社

①ブラックすぎる企業

②社長の個性が強すぎる会社

 

どうだったでしょうか?

 

逆にブラックすぎる企業、社長の個性が強すぎる会社は揉めません。なぜかというと、会社や社長と戦うのがとても大変そうに思えるからです。

 

人の良い経営者の方がトラブルになりやすいですよ。

 

是非、人の良い経営者の参加をお待ちしています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。