ホーム  >  ブログ一覧

新卒採用の大切さと新卒採用の考え方

2014.08.08

カテゴリ: 人事

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

新卒か中途採用かとお客様から聞かれたら、私は新卒ですと答えます。

 

それは、人は初めて就職した会社の影響を強く受けるからです。仕事のやり方、考え方、習慣などは、良くも悪くもなかなか変えることができません。

 

はじめて入った会社が良い習慣のある会社ならそれはとても有り難いことです。

 

中小企業でよくあるほぼ全員が中途採用という組織は、やはり社員の半分以上が新卒の社員で構成されるようになった時にはじめて、会社の理念、考え方、習慣が浸透し、強い組織となります。

 

 

しかしながら中小企業の経営者多くは中途採用しか考えていません。

 

 

これが大きな間違いだと思います。

 

 

なぜなら、中途採用で優秀な人材を取ることは実は新卒を育てるよりはるかに難しいのです。

 

 

中途採用=経験者=仕事ができる

 

 

この図式が間違いの元です

 

 

採用市場で人材の種類を分けると大きく4つです。

 

キャプチャ

 

 

 

 

 

このうちで多くの経営者が欲しいのは即戦力「仕事ができる経験者」です。

 

そして、次に欲しいのは戦力「仕事ができる未経験者」つまり新卒です。

 

しかしながら、即戦力「仕事ができる経験者」は、本当に採用できるのでしょうか?

 

即戦力「仕事ができる経験者」は、よほどの理由がないと会社を辞めません。もっと言いますと即戦力「仕事ができる経験者」は、会社から大きな期待をされています。

 

そのため、滅多に辞めませんし、辞めたとしても次の会社に引き抜かれているため、求人に応募してくることはありません。

 

多くの経営者は、経験者を即戦力と考えて採用しますが、これは大きな間違いです。

 

採用市場の経験者は基本的には、即害力「仕事ができない経験者」がほとんどです。

 

 

もちろんたまに仕事ができる人がいるから、中途採用がやめられなくなるのですが・・。

 

 

 

しかもその経験者の多くは、仕事ができると勘違いした会社の足を引っ張る即害力「仕事ができない経験者」である可能性が大きいです。

 

 

そして前職の悪い行動習慣が身について、さらに悪いことに、性格が素直でなかったりすると、会社に合わせようとしないのでますます会社に悪影響を及ぼします。

 

 

中途採用を繰り返すと社内が即害力「仕事ができない経験者」ばかりになってしまいます。

 

 

そして、即害力「仕事ができない経験者」が、未経験者を教えるわけですから、才能がある人も、全くできない人になってしまいます。そう思えば、戦力「仕事ができる未経験者」つまり新卒を本気で探すことが会社のためになるのです。

 

 

人のレベルが企業の可能性です。人材のレベルが上がれば、打てる手が増えますが、人材のレベルが低ければ打てる手は極端に減ります。

 

人材のレベルの高い会社だけが市場の変化に対応できるように思うのです。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

お問合せ欄に表示する文字列。