ホーム  >  ブログ一覧  >  若者の仕事選びは「ギラギラ」から「キラキラ」へ

若者の仕事選びは「ギラギラ」から「キラキラ」へ

2018.10.01

カテゴリ: 人事, 人事【採用】

松下幸之助が経営で一番大切なことは「儲けること」だと言っています。

 

 

 

 

しかし、その儲け方については、「企業は社会の公器であるから、企業が成長することで、社会がより良くなるものでなくてはならない」と社会性が大事だと言っています。

 

 

 

 

ここにきて、中小企業でも社会性や教育性の大切さが、あらためて見直されていると感じます。

 

 

 

 

 

「社会性や教育性の高い企業に、お客様も、社員も集まってくる」ということを実感しているのです。

採用1

最近の若い人が大切にしていると思う2つの価値観。

 

 

 

 

1教育性・・自分が働いて成長できるかどうか?レベルの高い教育環境があるか?学生から、「3年後わたしをどのように成長させてくれますか?」と聞かれたときは、さすがにカルチャーショックを受けました。成長させる土壌は会社が作るというのが今の若者にとってのあたりまえです。

 

 

 

 

2社会性・・インスタ映えという言葉があるように、働いている会社が他の人から見ても見栄えが良く見えることも大切だし、どんな社会貢献をしているのかを非常に気にします。「御社は社会に対してどんな貢献をしていますか?」と何回か学生に聞かれました。わたしはうまく答えられませんでした。

 

 

 

 

教育性と社会性を意識しないとこれからの採用や定着は難しいです。

 

 

 

 

人材採用の面から考えてみます。

 

 

 

 

 

例えば、良い病院を創ろうと考えた場合、良い医師・良い看護師が必要ですが、誰でもできるような医療を提供しているだけの病院に良い医師が来てくれるでしょうか?

 

 

 

 

 

きっと来ないと思います。すると人材のレベルはどんどん落ちていきます。

 

 

 

 

そして、医療やサービスのレベルもどんどん落ちていきます。良い病院を創りたいなら、レベルの高い医療を志さないといけないのです。患者の場合も同じです。

 

 

 

 

レベルの高い医療を志している病院を選ぶのです。

 

 

 

 

 

現在、収益性だけを追求する企業の採用は非常に厳しいです。

 

 

 

 

社長が私腹を肥やしたいだけの会社は論外です。求人募集の方法を工夫すれば、一旦は採用できるかもしれません。

 

 

 

 

 

ですが、入社して数か月経って「儲かっているけど、自分自身の成長が感じられない」「儲かっているが、人のためになっていない」と感じたらすぐに退職を決意します。

 

 

 

 

 

これは何も日本人が稼ぐことに興味がなくなったのではありません。

 

 

 

 

 

価値観の質が上がったと考えるべきです。働き方は「ギラギラ」から「キラキラ」へ。

 

 

 

 

自分が成長出来て、社会に貢献できる企業、つまり「キラキラ」「活き活き」と働くことのできる企業に惹かれる時代になったのです。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (12)
  • 経営 (57)
  • 相続 (3)
  • 日常 (17)
  • 旅行 (17)
  • 労務 (8)
  • 働き方改革 (16)
  • 人事【教育・研修】 (23)
  • 人事【採用】 (40)
  • 人事 (80)
  • セミナー案内 (7)
  • セミナー (45)
  • その他 (76)
  • カレンダー

    2018年11月
    « 10月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    月別

  • 2018年11月 (2)
  • 2018年10月 (5)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (3)
  • 2018年7月 (4)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (4)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続