ホーム  >  ブログ一覧

HARD THINGS

2016.05.30

カテゴリ: 読書

ある本の一文

 

「HARD THINGS/ベン・ホロウィッツ著/日経BP」

 

HARD

 

マネジメントについての自己啓発書を読むたびに、

 

私は「なるほど。しかし、本当に難しいのはそこじやないんだ」と感じ続けてきた。

 

本当に難しいのは、大きく大胆な目標を設定することではない。

 

本当に難しいのは、大きな目標を達成しそこなったときに社員をレイオフ(解雇)することだ。

 

本当に難しいのは、優秀な人々を採用することではない。

 

本当に難しいのは、その優秀な人々が既得権にあぐらをかいて、不当な要求をし始めたときに対処することだ。本当に難しいのは、会社の組織をデザインすることではない。

 

本当に難しいのは、そうして組織をデザインした会社で人々を意思疎通させることだ。

 

本当に難しいのは、大きく夢見ることではない。

 

その夢が悪夢に変わり、冷や汗を流しながら深夜に目覚めるときが本当につらいのだ。

 

経営の自己啓発書は、そもそも対処法が存在しない問題に、対処法を教えようとするところに問題がある。

 

非常に複雑で流動的な問題には、決まった対処法はない。

 

ハイテク企業をつくるマニュアルなどない。人々を困難から脱出させるためのマニュアルもない。

 

曲を次々にヒットさせるマニュアルがないのと同じことだ。

 

プロフットボール・テームでクオーターバツクとして成功するためのマニュアルはない。大統領選を戦うマニュアルはない。

 

会社が失敗のどん底に落ち込んだときに、社員の士気を取り戻すためのマニュアルもない。

 

困難なことの中でももっとも困難なことには、 一般に適用できるマニュアルなんてないのだ。

 

(「HARD THINGS/ベン・ホロウィッツ著/日経BP」から抜粋)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『HARD THINGS』、直訳で困難な事

 

 

 

 

最近、読んだ本です。

 

 

 

 

『答えがない難問とどう向き合うか』

 

 

 

 

考えさせられる本でした。

 

 

 

 

最近、居酒屋で隣の席のサラリーマンが最近自宅を買って自宅を建てた。

 

 

 

 

と自慢げに話をしていました。

 

 

 

 

「お金を借りるのにすごく苦労をした。自宅のデザインに苦労した。思ったよりお金がかかった。」

 

 

 

 

「これからが大変だー。」

 

 

 

 

この大変は毎月定額のローンを返済していくことでしょう。

 

 

 

 

しかし私は、本当にハードなのはそこではないのだと思っていしまいました。

 

 

 

 

大企業でも潰れる時代です。

 

 

 

 

一家の大黒柱が仕事を失って、ローンが払えなくなって、自宅を手放すときがハードなのです。

 

 

 

 

あたりまえのように誰でもかれでも家を買いますが、ローンを返済する想定や覚悟ができているかが大切なのではないかと思っています。

 

 

 

 

その覚悟がなくて家を買い、ローンの返済の愚痴を言っている。

 

 

 

 

家を買うことはあたりまえではなく、HARD THINGSの入り口なのです。

 

 

 

 

経営ならなおさらです。

 

 

 

 

事業を始めた以上、これからたくさんの困難が来るはずです。

 

 

 

 

人並外れた執念と覚悟はあると思いますし、絶対に超えないといけませんが、本当に超えられないものあるかもしれません。

 

 

 

 

人を採用すること、銀行からお金を借りること、新規出展、投資拡大。

 

 

 

 

困難がおきそうなことになぜ挑戦するのか??

 

 

 

 

それはやはり目標を達成させたいからです。

 

 

 

 

「成長できる人が成長できる、そんなに国に」

 

 

 

 

自分の成長を実感できる場、わたしは仕事が一番あるのではないかと思っています。

 

 

 

 

人生の多くを仕事に費やすのであれば、仕事で成長を実感できたり、誰かがこんなことをやりたいと言ったときにみんなで応援できるようなそんな会社を作れたら本当に良いと思っています。

 

 

 

 

日本はどうしても誰かのチャレンジを否定する文化があります。

 

 

 

 

挑戦したい人、そんな人をみんなで面白いと言って支援できるそんな社会を、社労士業務を通じて、また来年からは全国の社労士も巻き込んでやっていきたいと思っています。

 

 

 

 

たとえどんなHARD THINGSがあってもです。

早い人、遅い人!

2016.05.23

カテゴリ: 人事【教育・研修】

一般に優秀と言われる人材に共通するのは、何かを始めようと思ったときに、簡単なことであればすぐにはじめます。

 

 

 

 

その一方で、そうでない人の共通点は始めるのが遅い。

 

 

 

 

始めるころには時流がすぎ、結果やらなくて良かったなど思っているのかもしれません。

 

 

 

 

何が言いたいかというと優秀と言われる人材は多くのことをすぐに初めて、いくつかチャレンジをしています。

 

 

 

そしてその中のいくつかがうまくいっているのだと思います。

 

 

 

business_senryaku_sakuryaku_man-300x283

 

 

その一方で、優秀でない人は、始めるのがとにかく遅い。

 

 

 

 

これは慎重とかではなく決められないのです。

 

 

 

 

案外、経営者の人でもそんな人が多いのでびっくりです。

 

 

 

 

たまたま、決断が遅かったために結果オーライでうまくいくこともありますが、たまたまです。

 

 

 

 

企業が現状維持するためには、いくつかのチャレンジが必要です。

 

 

 

 

そして優秀な人は、うまくいかないことを辞めるのも早い。

 

 

 

 

瞬時に初めてうまくいかなければ、すぐに辞める。

 

 

 

 

結果、傷口も浅い。

 

 

 

 

致命傷を受けていないので、次のチャレンジができます。

 

 

 

 

その一方で、始めるのが遅い人が始めると、そもそも時流を逃していて、そして本来撤退すべきところで、撤退しない。

 

 

 

 

始める決断も辞める決断も、できないのです。

 

 

 

 

結果、致命傷を負うのです。

 

 

 

 

こういう人を、慎重だとか、温厚な人とか思っている人が多いですが、アクションを起こしていないので目立っていないだけです。

 

 

 

 

致命傷を負わない、スモールチャレンジを続ける。

 

 

 

 

そういう人でいたいです。

 

 

 

 

最近、3つの新しいチャレンジをはじめました。

 

 

 

 

うまくいかず、すぐに辞めてしれませんが、ダメならまた新しいチャレンジをします。

 

 

 

 

もちろん執念をもってやります。

同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。

2016.05.16

カテゴリ: 人事【採用】

大前研一さんの本で、「ニュースでは学べない日本経済」

 

 

51KW-zUBviL._AC_UL480_SR327,480_

 

 

大前さん曰く「日本がすべき、たった一つのこと」、日本が今後成長していくためにやるべきことは、イノベーティブなビジネスの創出を模索していくことだと。

 

 

というのもの、世界で破壊的なイノベーションが起きていて、産業が突然死する時代だからです。

 

 

 

そして追い打ちをかける人口減少、低欲望の中での国内の市場の縮小。

 

 

 

イノベーティブなビジネスの創出にはイノベーションを創出できる人材が必要です。

 

 

 

つまり尖った人材です。

 

 

 

これからの日本企業が取り組むべき経営課題は、「人」に集約されます。

 

 

 

20世紀は「人・モノ・カネ」でしたが、21世紀は、考えられる人、方向性を示せる人、構想を練られる人つまり尖った人の集まるところに人が集まってくる時代です。

 

 

 

人が人を集めるのです。モノやカネが人を集めるのではなく、人が人を集めるのです。

 

 

 

21世紀に必要な人材は、人と違った変わった発想のできる人、世界の様々な場所に出かけていってとことん体験し、学び、それをビジネスに結びつけられ人です。

 

 

 

業績をあげるキーワードはやはり「人」です。

 

 

 

「人・人・人」の時代へ突入するそうです。

 

 

 

話は変わりますが・・

 

 

 

時代は変わっているのに、中小企業の経営者のギアはチェンジしているのでしょうか?

 

 

 

例えば採用!

 

 

 

採用に1円も使わない。

 

 

 

どれだけデータを見ても5年前からやり方を変えていない。

 

 

 

募集する→うまく集まらない→(同じ方法で)募集する→うまく集まらない→また(同じ方法で)募集する。

 

 

 

次こそうまくいく。

 

 

 

たまたまうまくいかなかった。

 

 

 

そんな口癖の人を見ます。

 

 

 

何かを変えない限り、結果は変わらないのです。

 

 

 

何も採用に限らず、経営の戦略でも同じことがいえます。

 

 

 

こんな言葉があります。

 

 

 

『同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という!』

 

 

 

アインシュタインの言葉です。

 

 

 

変化が求められる時代を戦い抜くうえでの、自分への戒めとします。

 

 

 

そして時流に適応しながら、イノベーションを起こせる人間になりたいです。

小さい会社に入るメリット!

2016.05.09

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかいの久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングやめました。

 

banner_22

 

 

社会保険労務士の業界で、ブログの投稿の記事を悪意を持って解釈し炎上することが増えているのでブログランキングをやめました。

1週間で500件近くアクセスいただいてます。本当に感謝です。

ブログはこれからも毎週月曜日に更新します。

引き続きよろしくお願いします。

 

 

人が採れない。

 

 

 

多くの中小企業の経営者が悩んでいることです。

 

 

 

できる人材はいつの時代も売り手市場と言われるように、小さい会社が良い人材を採るのは困難です。

 

 

 

なぜ採れないか。

 

 

 

その一つにあるのが、『引け目』。

 

 

 

中小企業の経営者は、この人材はすごい、この人と一緒ならもっと会社を伸ばせると思った人材をリクルートしようと思った時に、このように言ってしまいます。

 

 

 

「うちで良かった来ないか?」

 

 

 

どうして、「うちで働いたほうが絶対に良い」と言えないのでしょうか?

 

 

 

それは、思考が未来に向かってないからです。

 

 

 

こんなこと言ってますが自分もです。

 

 

 

小さい会社に入るメリットは何か?

 

 

 

それは『これから大きくなる会社、成長する会社に小さいうちから入れる』ということです。

 

 

 

大きくなってしまってからでは、もう入るのも大変だからです。

 

 

 

だから、優秀な人材に入社してもらうためにできる唯一の方法は、自社の未来を語ることです。

 

 

 

会社がどんなことを目指し、どうなっていくか、そこで働くことをワクワクさせることができるか。

 

 

 

それが感じられなければ、当然、人は、現時点で安定している、規模感のある企業に就職しています。

 

 

 

いわゆる上場企業です。

 

 

 

『これから大きくなる会社、成長する会社に小さいうちから入れる』と言い切れるか?

 

 

 

裏を返すと成長が見えない会社には、優秀な人材は来ないと言うことです。

 

才能が9割

2016.05.02

カテゴリ: 読書

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

北端康良『才能が9割』を読んで。

 

 

 

ダウンロード

 

 

 

このタイトルだと手にするのはちょっとと思う人が多いと思いますが、一読の価値があります。

 

 

 

この本は、「才能がないから私はだめだ」とあきらめる本ではなく、自分の才能に気づくための本です。

 

 

 

才能は感情から生まれます。

 

 

 

その感情のルーツを探る本です。

 

 

 

その中の一つにこんなことが書いてあります。

 

 

 

人は「ある人」と「ない人」に分かれます。

 

 

 

“ある人”とは、『あったもの』に心を突き動かされ追求した人、“ない人”とは『なかったもの』に心を突き動かされ追求した人です。

 

 

 

“ある人”は、生まれた時から、物心ともに恵まれているため、自分の才能等を分け与えようとします。海外に学校を創ろうとしたり、政治活動に励む人などは典型です。

 

 

 

“ない人”は、才能にも恵まれず、経済的な余裕がなかったことなどを原動力にしてきた人です。

 

 

 

一般的には「ある人」はあったものへの感謝・感動から才能を開花させるため、「分かち合う」傾向があります。

 

 

 

「ない人」はなかったものを手に入れようとするので、「生み出す」傾向にあります。

 

 

 

自分の人生にあったもの・なかったものを見つけて、受け止めることができれば、才能を生み出すパワーに変えることができます。

 

 

 

皆さんはどちらでしょうか?

 

 

 

わたしは人から「ない人」だと言われますし、自分も「ない人」だと思います。

 

 

 

家が裕福な人、勉強ができる人がずっと羨ましいと思ってきました。

 

 

 

この本を読んで、あの人くらいいい環境だったらもっと〇〇だったと悔やむことにきっと意味はないことに気づきました。

 

 

 

持っていないことが今の自分の強さなのだと思います。

 

 

 

その感情もまた『才能の源泉』だそうです。

 

 

 

一読の価値ありです。

 

 

 

是非、読んでみてください。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (35)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (12)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (37)
  • その他 (59)
  • カレンダー

    2016年5月
    « 4月   6月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2017年11月 (2)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続