ホーム  >  ブログ一覧

一流になるのに必要なのは『10,000時間』

2016.02.29

カテゴリ: 人事, 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

3月1日火曜日から、メルマガを開始します。

 

 

 

 

成長ドットコム!

 

 

 

 

企業が成長していくための情報を発信していきたいと思います。

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

社会保険労務士法人とうかい様バナー

 

登録はこちらから↑↑

登録して解除すると分かるので覚悟を持ってお願いします(笑)

 

 

 

 

 

 

ブログはここから↓↓

 

いろんな本に、一流になるのに必要なのは『10,000時間』と書いてあります。

 

 

 

 

 

一部では分野を絞ればそんなにいらないとかいう説もありますが、自分の周りの人を見ても一流な人は、一流になるために膨大な時間を使っているなと思います。

 

 

 

 

 

10,000時間を3年で割ると1日9時間です。

 

 

 

 

社会人になってから、1日9時間を捻出するのは並大抵のことではないかもしれません。

 

 

 

 

ブログでも何回も書きましたが、これから世の中は、明治維新くらいの革命がやってきます。

 

 

 

 

武術を学んだ武士、どんなに強くても刀を取り上げられたら意味がありません。

 

 

 

 

何が言いたいかというと、もし自分がしている仕事がこれからの10年、20年の間になくなってしまうのなら、また多くの時間を費やして新しいことにチャレンジしないといけません。

 

 

 

 

そして、もし10,000時間使って極めたものがあったとしても、それがなくなる仕事なら捨てる覚悟もいるのだと思います。

 

 

 

 

これからの日本の企業は本当に難しい時代が来ると思います。

 

 

 

 

経営者がギアチェンジすることは、もちろんですが、今働いている社員も新しい時代に向けて、変化しないといけません。

 

 

 

 

変わっていかなければ、会社はなくなってしまいます。

 

 

 

 

今、年収500万払っている社員がいたとしたら、それは今のスキルに払っているものであって、将来のスキルに払っているわけでないから、同じ給与をもらうために変化してもらわないといけません。

 

 

 

 

変化できなかったとしても、会社は給与を下げることは許されません。

 

 

 

 

つまり経営が成り立たないのです。

 

 

 

 

日本の企業の難しさはそこにさらに労働人口の減少があることです。

 

 

 

 

中小企業の場合、人がいないという理由だけで、採用の応募を取るために、高い給与を払わないといけない時代が来ています。

 

 

 

 

今は、人が確かに足りません。人が少ないだけで相場よりも高い給与をもらっている社員が、素直に自己変革していけるのか?

 

 

 

 

時代が変われば、必要なスキルが変わります。

 

 

 

 

武士から刀を取り上げる『散髪断刀令』。

 

 

 

 

そんな時代についていける人材の育成!

 

 

 

 

それを会社はやらないといけません。

 

 

 

 

本当に優秀と言える社員は、もう既に時代が変わる準備をしています。

 

 

 

 

少なくとも多くの本を読んでいます。

 

 

 

 

『時代は追ってはならない、読んで仕掛けて待たねばならない』 孫正義

 

 

 

そう本に書いてありました。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

折れない心の作り方

2016.02.22

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

 

最近、商品化した研修で「折れない心の作り方(レジリエンス)」という研修があります。

 

 

 

 

レジリエンス(resilience)は、元々ストレス(stress) と同様、物理学の用語です。

 

 

 

 

ストレスとは「外力による歪み」を意味し、レジリエンスはそれに対して「外力による歪みを跳ね返す力」として使われ始めました。

 

 

 

 

現在では、「精神的回復力」「抵抗力」「復元力」「耐久力」などとも訳される心理学用語のことです。

 

 

 

 

従来の『メンタルヘルス』対策と違う点は、メンタルヘルスの様々な施策が、精神疾患に対する予防的な観点から考えられているのに対して、『レジリエンス』まさに『筋トレ』です。

 

 

 

 

折れない心を日々どう育てていくか、鍛えていくか、を考えていくものです。

 

 

 

 

『レジリエンス』・・簡単に言うと、ストレスで心が折れるのではなく、スポンジのように一旦縮んでも、再度復元するようなそんなストレスの捉え方のイメージです。

 

 

 

 

復元するときには少し前よりも強くなっています。

 

 

 

 

なぜこんなことに興味があるかというと、やはりわたしもまたストレスに強くないからです。

 

 

 

 

一旦ふさぎこむと、長いことふさぎこんでしまいます。

 

 

 

 

いろんな人からタフだと言われますが、高校、大学、サラリーマン時代の自分のことを知っている人はきっとそんなふうに思わないと思います。

 

 

 

 

営業ノルマができないと自信を無くしてなかなか立ち直れないし、高校時代はテストになると緊張して結果が出せない。

 

 

 

 

やっぱり自分はダメだと心が沈む。

 

 

 

 

このレジリエンスが面白いのは、自分のフィルターの発見です。

 

 

 

 

同じ出来事でも、人によって感じ方が違います。

 

 

 

 

捉え方の違いから、同じ出来事が起きても異なる感情を持つのです。

 

 

 

 

しかも個々人によってある一定のクセがあるのです。

 

 

 

 

これを『フィルター』と呼びます。

 

 

 

 

このフィルターに気づくと、精神的にキツイ時に、今、フィルターがかかってるなーって気づけます。

 

 

 

つまり、思い込みが強くて悩むということを減らしたり、悩んだあと、思い込みだったなと立ち直ることができるのです。

 

 

 

フィルターは次のようなものがあります。

 

 

 

キャプチャ1 キャプチャ2 キャプチャ3 キャプチャ4 キャプチャ5 キャプチャ6 キャプチャ7

 

 

 

研修では自分の過去を振り返り、自分のフィルターの傾向を探ります。

 

 

 

 

わたしは比較思考がかなり強く、仕事がうまくいかないと他人と過度に比べて沈んでいくみたいです。

 

 

 

 

その一方で、それがある意味自分の長所です。

 

 

 

 

負けたくないから、どうやって結果を出すか考える。

 

 

 

 

つまり、長所と短所は紙一重。

 

 

 

 

その長所が、ビジネスにどう活かすか!

 

 

 

 

そんな理論です。

 

 

 

 

興味がある人は直接聞いてください。

 

 

 

 

ブログを見ましたと言ってもらえると、励みになります。

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

未来を感じるプレゼンテーションと高島屋と三越伊勢丹、営業時間を短縮から感じたこと!

2016.02.15

カテゴリ: セミナー, 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

はじめに宣伝になりますが、2月16日火曜日10時からと14時から、25日の18時から弊社のセミナールームで「弊社の商品説明会」を開催します。

 

 

 

タイトルからイメージしづらいですが、これからの社会がどう変わっていくかを話します。

 

 

 

弊社の石黒が当日の資料をpreziという最新のプレゼンソフトで作ったので是非見てみてください。インターネット・エクスプローラーだと動きが悪いことがあるので、その時はgoogle chromeなどでご覧ください。起動に少し時間がかかりますが、未来を感じれると思います。

そしてとにかく、パソコンで閲覧をおねがいします!

 

 

 

 

高島屋と三越伊勢丹、営業時間を短縮というニュースがありました。

 

 

 

要因は人手不足だそうです。

 

 

 

時給が上げないと人が集まらないのでどんどん時給があがる一方で、テクノロジーの進歩により10年後に多くの職業が消滅するというデータがでています。

 

 

 

なくなる仕事 なくなる仕事②

 

未来のことは分かりません。

 

 

 

ただ、やるべきことは世の中の情報のシャワーを浴び続け、自分なりに解釈できる力をつけることです。

 

 

 

将来、コンピューターにとって変わられない仕事をできるようにすることです。

 

 

 

経営者としては、生き残るビジネスを考えることです。

 

 

 

最近読んだ本で、『人工知能×ビックデータが「人事」を変える』

 

 

51EeLgUNDeL._AA320_QL65_

 

ビックデータで優秀な人材を分析し、会社で成果をあげる人材を機械が判断する時代が来るというものです。

 

 

 

履歴書も人工知能が判断し、面接も人工知能が行い、採用試験でゲームのようなものをやるのですが、そのゲームはなんと得点よりもマウスの動きで優秀な人材かどうか判断するそうです。

 

 

 

すべての会社に導入されたら、会社に入るためのセンター試験のようなものです。

 

 

 

時代は目まぐるし変わります。

 

 

 

会社も人も、テクノロジーの変化に負けないように変化しないといけません。

 

 

 

変化を嘆いている暇はありません。変化するしかないのです!

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

事務所移転

2016.02.08

カテゴリ: セミナー案内

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

弊社ですが5年目に突入です!

 

 

 

 

 

先日引っ越しをしました。

 

 

 

 

 

創業したころから3つ目の事務所です。

 

 

引越前

IMG_0020 IMG_0021 IMG_0032

 

 

はじめて借りた事務所の面積から6倍になりました。

 

 

 

 

もともと何で事務所を広くしたかったと言うと、セミナールームを持ちたかったからです。

 

 

セミナールーム

 

IMG_0057 IMG_0064 IMG_0056 IMG_0055

 

弊社は会社の成長応縁団です。

 

 

 

 

『成長したい人が成長できる、そんな国に!』

 

 

 

 

をスローガンに企業とそこで働く社員の成長をを支援すということをミッションにしています。

 

 

 

 

今、FinTechで起こる金融革命、IoTで起こる第4次産業革命、明らかに時代は変わります。

 

 

 

 

経営者でこの言葉が分からなかったらかなりまずいと思います。

 

 

 

 

人材で言えば、世の中が変わるので一昔前まで優秀だった人間が一瞬で優秀でなくなっていく時代がやってきます。

 

 

 

 

求められる能力が変わって来ているのです。

 

 

 

 

過去の資格や知識にこだわっていたら、生きていけない時代です。

 

 

 

 

会計事務所の事務員は15年で100万人の仕事がなくなったという統計があるくらい、激変する業界です。

 

 

 

 

さらに加速します。

 

 

 

 

この流れははもう変えられません。

 

 

 

 

社労士業界は正直さらに激変を迫られる業界です。

 

 

 

 

士業の業界にとどまらず、ほとんどの業種が同じことが言えます。

 

 

 

 

黒船の来航です。

 

 

 

 

当時は『太平之ねむけをさます上喜撰(蒸気船と添え書き) たつた四はいて夜るもねられず』

 

 

 

 

と言われていましたが、勉強すればするほど将来の会社のことを本気で考えないと事業が終わってしまいます。

 

 

 

 

黒船が来ていることに気づいていない人もいますが・・

 

 

 

 

知らないことは幸せですが、絶対に将来不幸になります。

 

 

 

 

会社が継続的に維持、成長していくためにはさらに教育が欠かせないと思います。

 

 

 

 

そしてとにかく情報を集めることです。

 

 

 

 

先に起こることは正直分からないですが、大切なことは情報を自分なりに解釈して自分の力で判断する力を持つことです。

 

 

 

 

経営者は当然この力がいりますが、優秀な社員の定義もこの力があるかが加わっています。

 

 

 

 

弊社のセミナールームでは毎月必ずセミナーを行います。

 

 

 

 

どうしたら本当の意味で会社の成長をお手伝いできるか?

 

 

 

 

その一つが勉強をする機会を作る、場を提供することです。

 

 

 

 

とにかくどこよりも早く、どこよりも多く情報提供をしていきます。

 

 

 

 

トップの情報量が会社の将来を決めると言っても過言ではないですし、実行する社員の能力アップが不可欠です。

 

 

 

 

そのためにうちの会社もどんどん勉強していきますし、お客さんが情報を得る機会を作っていきます。

 

 

 

新しい事務所もよろしくお願いします。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

社会人講座

2016.02.01

カテゴリ: セミナー

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

1月22日金曜日に、岐阜県の東濃地区の高校でこれから就職する学生向けに話をする機会をいただきました。

 

 

 

縁があり、今回で3回目(3年目)です。

 

 

 

伝えたかったことは、主に2つです。

 

 

s_DSC00011

 

 

情報に敏感になること、そしてチャレンジすること!

 

 

 

1つ目の情報に敏感になることとは・・

 

 

 

今、世の中が大きく変わろうとしています。

 

 

 

新聞でもスマホでも、本でも雑誌でも何でも良いからとにかく情報を収集して自分の力で判断をしていないといけないということを伝えました。

 

 

 

企業が簡単に継続できる時代は残念ながら終わってしまいまいした。

 

 

 

機械に仕事をとって変わられる時代です。

 

 

 

『何を考えてどう動くか!』

 

 

 

情報弱者にならないこと、それが今の、社会人1年目で習慣化すべきことだと思いました。

 

 

 

そして2つ目はチャレンジする事です。

 

 

 

自分がチャレンジできているわけではありません。

 

 

 

ただ日本は、誰かが何かをしようとするとそんなのは無理だ、辞めたほうが良いといった習慣があるように思います。

 

 

 

サラリーマンを辞めて、起業するときに自分はたまたま応援してくれる人がいました。

 

 

 

でもほとんどの人は、どうせうまくいかないと言われているのではないでしょうか?

 

 

 

起業して大変なこともありました。

 

 

 

もちろんまだまだこれからですが、少なくともこの4年間で自分の成長を実感できました。

 

 

 

そのことは本当に良かったと思っています。

 

 

 

『成長したいと思う人が、成長できる。そんな国に!』

 

 

 

そういう国にしたいです。

 

 

 

だから、まずは誰かのチャレンジを否定しないこと。

 

 

 

どんな小さなチャレンジで良いので、とにかくチャレンジをし続けてくださいと伝えました。

 

 

 

学生の前で話をさせてもらって、自分自身が一番刺激になりました。

 

 

 

高校の関係者の皆様、声をかけていただき本当にありがとうございます。

 

 

 

s_DSC00010

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (28)
  • その他 (52)
  • カレンダー

    2016年2月
    « 1月   3月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    29  

    月別

  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続