ホーム  >  ブログ一覧

新入社員に与えるべきは「満腹感!」ではなく「飢餓感!」

2015.07.28

カテゴリ: 人事, 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

新入社員の話です。

 

 

 

入社1年目の社員が退職すると、経営者の方の多くは会社に楽しさが無かった、仕事に楽しさが無かったと言われます。

 

 

 

それも少しはあるかもしれません。

 

 

 

飲み会やバーベキュー、他社に負けない福利厚生、確かに大切だと思います。

 

 

 

でもそんなものをいくら充実させても辞めるものは辞めるのです。

 

 

 

会社が社員に楽しんでもらおうと何をしても無駄です。

 

 

 

それは若い時は何をしても満足することはないからです。

 

 

 

ほとんどの新入社員は何をやってもつまらないのです。

 

 

 

本当に会社で楽しめているのは、一部のはじめから能力が高く、結果が出ている新入社員です。

 

 

 

ほとんどの新入社員は胸を張って誇れるものなどなくて、自信を持てないのです。

 

 

 

成果を得て自信が持てなければ何をやっても面白くないのです。

 

 

 

社会人として仕事をスタートする時期、若い人が成長する時期に必要なものは、会社が簡単に与えられる「満腹感」ではなく、その新人がいつも何かが足りないと考えて、それを満たすためにどうしたら良いかと考える「飢餓感」なのです。

 

 

 

これから一人で生きていくために、どうしたら良いかということを本気で考えさせ、自立心旺盛な、どこの会社でも活躍できるような強い新人に成長させていくそんな新人にしていくことが大切なのです。

 

 

 

だから時間を割くべきは、会社がどうしたら楽しいかではなく、どうしたら新人ができるようになるかを考えることが大切なのです。

 

 

 

 

会社が楽しいと思えるには、厳しいかもしれませんが、仕事ができるようになるしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

強運経営者塾の研修旅行

2015.07.21

カテゴリ: 旅行

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

7月5日と6日に強運経営者塾で研修旅行にいきました。

 

 

 

行き先は広島・山口です。

 

 

 

参加者は18名です。

 

 

 

広島駅で新幹線を降りてバスで呉へ向かいます。

 

 

 

大和ミュージアムに行ったあと、呉の自衛隊で海上自衛隊護衛艦「さざなみ」に乗りました。

 

 

ヤマト

 

 

そして夜の大宴会です。

 

 

 

恒例のゲームをしました。

 

 

 

 

今回は「旗揚げゲーム」をしました。

 

 

赤あげて

 

 

企画は私とSMCの榎木くんです。

 

 

 

 

馴染みのある赤上げて、白下げてのゲームですが異様な盛り上がりでした。

 

 

 

 

みんな真剣です。

 

 

 

 

なぜそうなったか思い出したくもありませんが、主催者の私が罰ゲームをやるはめになりました。

 

罰ゲーム

 

ゴムパッチンです。

 

 

 

8本。

 

 

 

二日目は萩へいきました。

 

 

 

 

 

松下村塾です。

 

 

松蔭神社

 

11694831_818036554941542_6880422698828502385_n

 

幸運にも世界遺産に登録された次の日でした。

 

 

 

 

小学生の頃、漫画の『おーい竜馬』を読んだ時だったでしょうか?

 

 

 

 

そのころから吉田松陰のこの句が大好きです。

 

 

 

 

「身はたとひ 武蔵の野辺に 朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂」

 

 

 

 

私の命がたとえこの武蔵野の野で終えることになっても、自分の思想はここに留めておこう。

 

 

 

 

自分が倒れても、弟子たちは必ず革命を起こし、新たな日本を創ってくれるだろうという意味です。

 

 

 

 

日本のことを心から思い、日本のために命をかける。そんな先人達のおかげで今の日本があるのだと思います。

 

 

 

 

そのことを改めて感じました。

 

 

 

 

何を考え、どう生きるのか?

 

 

 

 

松陰先生にそんなことを言われた気がしました。

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

 

うさぎとかめ

2015.07.14

カテゴリ: 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

子供がうさぎとカメの話が好きで、寝る前にいいかげんなストーリーになっていると思いますが話をすることがあります。

 

 

 

 

こつこつ頑張ったカメが、途中でサボったうさぎに勝つ。

 

 

 

 

この昔話から学ぶことは、途中でサボるなということか?こつこつ頑張ることが大切だということは良く分かりません。

 

 

 

 

ただ、私ですがかなりひねくれているのでこんなふうに思ってしまいます。

 

 

 

 

これは、当社が行っている新人研修でも必ず話すことです。

 

 

 

 

新入社員で入社して

 

 

 

 

うさぎのように圧倒的なスピードで働く新人

 

 

 

 

 

 

 

 

カメのようにこつこつやる新人

 

 

 

 

 

とでは、どちらが成果を上げるのでしょうか?

 

 

 

 

おそらく会社では圧倒的に前者です。なぜなら、まずはじめの半年や1年の間に先輩や上司から「この新人、なかなかやるな」と言わせなくてはならないからです。こいつはできるとい噂を聞きつけた会社が、このうさぎの新人を大規模なプロジェクトに抜てきするのです。

 

 

 

 

現時点では、出世のコースに乗っているのです。

 

 

 

 

一方、カメの新人はどうでしょうか?目立たないがなかなか良い仕事をする。そんな評価をされますが、決して大抜てきを受けるようなことはないのです。

 

 

 

 

それが企業の出世のルールだと思うのです。

 

 

 

 

新人であれば、まず圧倒的に他者を引き離す勢いで仕事をすることが大切です。

 

 

 

 

マラソンと同じで一度差を付けられたら、相手が大きなアクシデントに見舞われない限り、二度と追いつけないのです。

 

 

 

 

中小企業の良くないところは、同期と呼ばれる人がいない社員が多いことです。

 

 

 

 

比較対象がいないので甘えが出る。

 

 

 

 

自分がどのくらいのスピードで走っているかの基準がないのです。

 

 

 

 

話はそれましたが何が言いたいかというと、会社であれば、うさぎとカメのうさぎであることが大切です。

 

 

 

 

うさぎのような圧倒的なスピードで成長していく、それこそが大切なことです。

 

 

 

 

そして、会社ではうさぎのような人材はまず休憩をしないのです。

 

 

03II1403253

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

『専門知識』≠『仕事ができる』

2015.07.07

カテゴリ: その他, 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

仕事の中で、資格を持っている、いわゆる『専門家』が『仕事ができる人』である社会は終わったように思います。

 

 

 

 

専門知識がある人が必ず仕事の成果をあげるとは限らないのです。

 

 

 

 

これはわたくしのやっている社会保険労務士の業界も同じです。

 

 

 

 

資格があれば、ご飯が食えるなんてことは絶対にありません。

 

 

 

 

ITの影響が大きいと思っています。

 

 

 

 

今の時代、ほとんどの専門的な知識はインターネットを使えば知ることができるのです。

 

 

 

 

昔は、情報がなく知識がある人に聞くしかなかったことが、今は簡単に調べれば分かるのです。

 

 

 

 

専門家の価値はせいぜい次の2点です。

 

 

 

 

インターネットで調べたことをかみ砕いて説明してくれる。

 

 

 

 

インターネットの情報が正しいのかを確認してくれる。

 

 

 

 

そのくらいの価値しかないかもしれません。

 

 

 

 

また、最近は時代の変化が早く、情報の鮮度も極端に短くなっしまっています。

 

 

 

 

専門家のほうからすれば、過去にとった資格や知識で何年も活躍できた時代から、今はすごいスピードで持っている知識の価値がなくなっていく時代なっています。

 

 

 

 

つまり、新しいことをどんどん取り入れていかないといけません。

 

 

 

 

IT化がもたらしたことは、専門知識や情報が価値を持つ時代から価値を失う時代にしたのです。

 

 

 

 

では専門家が生き残るにはどうしたら良いのか??

 

 

 

 

私は『圧倒的な知識と情報量から、お客さんのニーズに合わせて加工し、アウトプットする力』だと思っています。

 

 

 

 

お客さんから聞かれたことを、瞬時にお客さんの立場や会社に置き換えてアウトプットできるかどうか?

 

 

 

 

これが大切だと思っています。

 

 

 

 

つまり相手の空気を読む力、直観力!!

 

 

 

 

これが本当に大切なのだと思います。

 

 

 

 

この力がないのなら、恐らく資格があっても食べていくことはできないのだと思います。

 

 

 

 

資格を取れば就職できる、仕事ができるようになると思っている残念な人が案外多いのです。

 

o0372032012487524120

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2015年7月
    « 6月   8月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続