ホーム  >  ブログ一覧

採用は投資

2015.05.26

カテゴリ: 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

経営計画を立てて、売上を伸ばしていく、そのために人を増やしていく。

 

 

 

とても単純な話です。

 

 

 

売上が増える前に、人を採用しないといけません。

 

 

 

 

人が先です。売上が上がってから人を雇うとしたら、年収400万の社員を雇うのにいくら利益を上げたら良いと思いますか?

 

 

 

売上を上げる覚悟を決めて、人を採用する。

 

 

 

それしかないのです。

 

 

 

ただ計画どおりに人を採用する。これが案外難しいなと思います。

 

 

 

というのもまず内定した時点でいきなり次の日からこれるはずがないのです。

 

 

 

何が言いたいかというと○月に人を1人採用すると決めたならその決めた3か月前から採用の準備をして、基本的には前倒しで採用していく必要があるのです。

 

 

 

新卒であれば、これもまた考え方の転換がいります。

 

 

 

 

新卒採用は即戦力になる補充採用ではなく、絶対的な余剰採用です。

 

 
余剰採用であるということは、新卒採用にかかる費用は未来への投資ということになります。

 

 

 

 

育てて戦力にする覚悟が必要です。

 

 

 
そして新卒採用は会社一丸となって進めていく必要があります。

 

 

 

 

新卒採用は人材の仕入れです。会社にとって最も重要な部分を人事に任せっきりにしておいたのでは、決して良い人材を仕入れることは出来ません。

 

 

 

話を戻しますが、中途採用にしても新卒採用にしても、うまくいかなくても短期的には会社はそんなに変わりません。

 

 

 

ただ、長期で見ると大きな痛手を負うのです。

 

 

 

人材を育てることが遅れれば、戦力化が遅れて、売上が増えない。

 

 

 

これが根本的な構造です。

 

 

 

このことを理解して、経営計画と人員計画を立てる必要があります。

 

 

 

 

また辞めたら補充する補充採用をしている企業はこれから絶対に伸びません。

 

 

 

これを繰り返しても戦力は対して変わらないか落ちるのです。

 

 

 

 

採用とは執念を持って、会社全体で社運をかけて取り組むべきことなのです。

 

 

 

そう、執念なのです!

 

 

面接

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

伸びる人、伸びずに終わる人

2015.05.22

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

多くの会社の研修をしていて、伸びる人と伸びない人がいます。

 

 

その決定的な違いはなんでしょうか?

 

 

 

やる気があるとか、頭が良い?。

 

 

 

当然、そういう要素も重要だと思います。

 

 

 

でも、私は最近こんなふうに思うようになりました。

 

 

 

それはまずは『スピード』だと思っています。

 

 

 

その人材が伸びるかどうかの鍵は『スピード』なのです。

 

 

 

もっと分かりやすく言うと『受け入れるまでのスピード』です。

 

 

 

例えば社員研修を通じて、いろいろ新しいことにチャレンジさせたり、新しい提案をしたとします。

 

 

 

ほとんどの人はまずは抵抗します。

 

 

 

今までやってきたことを否定されたり、変えるのが嫌なのです。

 

 

 

しかし、自分の価値観をいとも簡単に脱ぎ捨てて吸収していく人がいます。

 

 

 

こういう人は間違いなく伸びます。

 

 

 

言われたことをとにかくやってみる。

 

 

 

ただ素直に・・。

 

 

 

そうなんです。

 

 

 

やってみてうまくいかなければ辞めれば良いのです。

 

 

 

でもほとんどの人は何もやりません。

 

 

 

マラソンで言えばスタートから一歩も出ていない状態です。

 

 

 

それでは、ゴールしたり、体力がついたりすることすらないのです。

 

 

 

仕事で言えば、伸びるはずがないのです。

 

 

 

そして、もっと悪いことに本人はスタートしていないことに気づいていないのです。

 

 

 

つまるところ、伸びるかどうかは素質よりも、『考え方』なのです。

 

 

 

 

【お知らせ】

ブログですが、毎回100人以上の方に見ていただいています。

 

大変嬉しく思います。

 

新規事業の立ち上げ、組織体制の変更に伴いまして、来週から毎週火曜日(週1回)に更新させていただきます。

 

これからも応縁よろしくお願いします!!

 

 

キャプチャ

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

会社の成長がストップする理由

2015.05.19

カテゴリ: 人事, 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

先日読んでいた本に会社規模や業績が停滞する会社の共通点ということが書いてありました。

 

 

特に中小企業は、会社が成長しない限り社員の給与を増やすことすらできません。

 

 

それは大企業のように、一定の人数が入社して、一定の人数が退職するような人件費が安定しているようなことはないからです。

 

 

社会保険料一つをとっても年々会社負担が増えているので、人件費は増加しているのだから昇給まで考えれば社員の成長と共に会社は多くの人件費を払えるようになっていかなくてはなりません。

 

 

その本に書いてあったのは会社の成長がストップする理由の3つの要素は

 

 

1つ目は離職増加による社員数停滞

 

 

2つ目は部門を構成する管理職不足

 

 

3つ目は成長投資のストップ

 

 

 

だそうです。

 

 

 

そしてその根本原因「経営トップのギアチェンジ不足」だそうです。

 

 

 

一般的にトップがすべてを判断して、経営をしていく形で社員30人くらいまではうまくいきます。

 

 

 

しかし、社員が一定数を超えると経営トップだけの力ではうまくいきません。

 

 

 

『任せても我慢できない』『任せられる幹部がいない』

 

 

 

そう思いこむあまりギアチェンジがうまく行かないパターンが多い。

 

 

 

ではどうするか?

 

 

 

短期間でリーダーを育成することです。

 

 

 

そもそも中小企業の多くはリーダーの教育もしていなければ、リーダーの定義もしていません。

 

 

 

まず圧倒的にインプットが足りないと思っています。

 

 

 

リーダーの3大任務

 

 

 

1に業績・成果をあげる。2に部下を指導育成する。3つに、より質の高い役割を目指し、自分自身を高める。

 

 

 

財務の分析の仕方、マーケティング、組織の作り方等々、とにかくインプットをして、できそうな社員にとにかく実践させる。

 

 

 

そうすれば、中小企業の人材は絶対に成長します。

 

 

 

その理由はこれまでやってこなかったからです。

 

 

 

社長の成長⇒経営幹部の成長⇒管理職の成長⇒自社の成長

 

 

 

この図式を意識して、社員の教育に力を入れた企業だけが生き残っていくのだと思います。

 

無題

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

安全大会で講師をしました!!           

2015.05.15

カテゴリ: 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

5月8日金曜日セラトピア土岐で、弊社関与先の舘林建設様の安全大会で講師をさせていただきました。

 

 

舘林建設様の関係企業の舘睦会の会員の方も参加されて、55名の参加でした。

 

 

会場はとてもアットホームで、舘林建設様と関係している会社との良い関係を感じました。

 

 

もともと舘林建設様とのお仕事がはじまったのはこんなふうだったと思います。

 

 

舘林建設様の営業部長の舘林さんが高校の野球部の先輩です。

 

 

高校以来一度も会っていませんでしたが、わたしが独立したのを聞いて声をかけていただきました。

 

 

今でも先輩には頭が上がりませんね(笑)

 

 

部活の関係は不思議です。

 

 

いい意味です!

 

 

何年経っても変わることはありません。

 

 

そして、ご縁に本当に感謝です!

 

 

さて テーマは「コミュニケーション力の磨き方」です。
CIMG9701

 

 

 

内容はソーシャルスタイル理論を使って、どのように人と関係を気づくかというものです。

 

 

ソーシャルスタイル理論??

 

 

 

例えば、あなたが車のディーラーでお客様に車を売る時に、お客様にどういったアプローチをしますか?

 

 

 

こちらから積極的に話しかける、いやとにかく話を聞く、まずは雑談をする、いきなり商品説明をする。

 

 

 

といった具合にいろいろあると思います。

 

 

 

お客さんを簡単に見た目で4つのタイプに分けます。

 

 

タイプA エクスプレッシブ

タイプB エミアブル

タイプC アナリティカル

タイプD ドライビング

 

キャプチャ

 

そして、そのタイプ別に営業や販売のアプローチを考えるということをやります。

 

 

例えば、このソーシャルスタイル理論によって、お客さんをアナリティカルなタイプだと判断したとします。

(訓練したら、5分ほどでその人がどのタイプかを仮定することができるようになります。)

 

 

このアナリティカルなタイプは、形式や理論を重視して物を買う傾向にあります。

 

 

そうした場合に、営業マンや販売員は、車の販売であれば数値根拠や機能面などを論理的に説明する必要があります。

 

 

この手のタイプには、感情的に訴えてもなかなか買いません。

 

 

逆に当初の分類でエクスプレッシブなタイプだと思えば、商品説明も大切ですが、営業マン、販売員の人柄や熱意を売っていく必要があります。

 

 

この理論を、上司部下、同僚との関係や、取引先、お客様に応用するといったことをやりました。

 

 

これをすると嫌な上司や苦手ば部下がいなくなります。

 

 

理論的には。

 

 

『久野流ソーシャルスタイル理論』・・前職の松坂屋の時代に、本を読んで勉強したものを、自分流にアレンジしました。

 

 

 

人数が多くて、久々に緊張しました。

 

 

 

貴重な機会をいただいた舘林建設様に感謝です。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

CIMG9713

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

 

隣の家のちょっと綺麗なお姉さん

2015.05.12

カテゴリ: 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

人事考課制度、いわゆる人事評価制度を作るのは実はとても難しいのです。

 

 

 

 

上司の意見が部下の査定に影響する。

 

 

 

 

これは避けることができない事実なのです。

 

 

 

 

しかし、上司の評価を鵜呑みにするのはよくありません。

 

 

 

 

上司の中でも理不尽な人や、部下のことを見ていない人、評価の基準がバラバラの人などがいるからです。

 

 

 

 

さらに、直属の上司に全ての評価を任せてしまうと、部下はやる気をなくしたり不満を持って会社を辞めてしまったりします。

 

 

 

 

それは評価そのものが間違っているという場合もありますが、そのほとんどは評価に対する納得度が低いことが原因です。

 

 

 

 

なぜ納得度が低いか。

 

 

 

 

その上司に対する信頼が低いからです。

 

 

 

 

 

この場合は上司が努力するしかないです。

 

 

 

 

 

そしてもうひとつは上司だからです。

 

 

 

 

上司だからという理由で上司の評価を受け入れられない。

 

 

 

 

正論なんだけれども納得いかない。

 

 

 

 

それは関係が近過ぎるからなのです。

 

 

 

 

でもこれはどうにもなりません。

 

 

 

 

だからこそ完璧な評価制度を作ることは難しいのです。

 

 

 

 

ところで中小企業の評価制度はどうするべきなのでしょうか?

 

 

 

 

世に出回っている大企業の評価制度に習っても全く意味がありません。

 

 

 

 

大企業の評価制度を真似て喜んでいる経営者がいますが最低なパターンです。

 

 

 

 

というのも中小企業の評価制度はと大企業の評価制度は全く違うものなのです。

 

 

 

 

大企業の評価制度は社内で優劣をつけるものです。

 

 

 

 

優秀な人材をすべてトップに引き上げることはできません。

 

 

 

 

社内でルールを決めて、競争させる。

 

 

 

 

そうでないと優秀な猛者(もさ)達は、組織のピラミッドの自分のポジションに納得がいかないのです。

 

 

 

 

中小企業はどうか?

 

 

 

 

それほど多くない社員数で同期入社も少なく競争意識はそんなにはありません。

 

 

 

 

中小企業の評価基準は社内での競争ではありません。

 

 

 

同業種のライバル会社より良い行動ができたら良い評価にする。

 

 

 

 

時には全員がS評価でも良いのです。

 

 

 

 

全員がS評価なら間違いなくライバル会社より良い会社になるステップとなっているからです。

 

 

 

 

超綺麗な子ばかりが集まる集団の中で完全な優劣をつけるのが大企業の評価制度とするなら

 

 

 

(この集団の中で一番なら当然ミス〇〇というレベルなのです。)

 

 

 

近所の中で隣の家のちょっと綺麗なお姉さんに勝つために努力をして、綺麗になろうとするのが中小企業の評価制度なのです。

 

 

 

隣の綺麗なお姉さんをターゲットにして、これをやれば勝てるという要素を書きだして解決していく。

 

 

 

それを一つ一つクリアしていく。

 

 

 

そんなふうにして隣の綺麗なお姉さんに勝つのです。

 

 

 

そんな制度にしなくてはいけないのです。

 

無題

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

未来塾2期生修了式

2015.05.08

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

4月10日にご支援をさせていただいている株式会社松田電機工業所の1年間の社員研修の修了式をしました。

 

 

この研修は、未来塾という名前です。

 

 

今回はその2期生の修了式です。

 

 

この研修を通じて、メンバーは各自考えていろいろな改善にチャレンジしたりします。

 

 

また、各自、毎月1冊ビジネス書を読んで、全員の前で本についてのスピーチをしたりします。

 

 

本当にメンバー全員、1年間努力したと思います。

 

 

『チャレンジ性のある人材を育てたい。』

 

 

『しくみで勝って、人で圧勝する!』

 

 

そんなことを社長と約束してこの研修をはじめたのを覚えています。

 

 

『 固定概念を打ち破ること。』

 

 

それがこの塾で大切にしていることです。

 

 

『仲間と一緒に様々なことにチャレンジする中で、自分の可能性を知る。』

 

 

そんな経験のきっかけを作れたら良いなと思っています。

 

 

この仕事をしていて、やはり人の成長を感じることが一番楽しいです。

 

 

塾生の成果を見て、自分ももっと頑張らないといけないなと思います。

 

 

社員の成長を感じる瞬間

 

 

新型の商品を開発した時でも、最新鋭の機械を入れた時でもなく、社員が大きく成長したと感じるときにはじめて会社の未来が見えるのだと思います。

 

 

 

 

 

未来塾2期生の皆さん、ありがとうございました。

 

 

自分自身も、この1年間一緒にチャレンジできた1年でした。

 

 

未来塾 

 

3期生も楽しみです。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

有用微生物!

2015.05.01

カテゴリ: 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

最近、私がはじめたことの一つにEM-X GOLDという弊社の顧問先株式会社EM生活様の有用微生物(EM)を飲みはじめました。

 

EM-X GOLD

 

4月4日土曜日に弊社の顧問先の株式会社EM生活様の経営計画発表会にいった時からEM生活EM-X GOLDのファンです。

 

 

EMの由来は、Effective(有用な)Microorganisms(微生物たち)です。

 

 

 

 

有用微生物(EM)とは、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。

 

 

 

 

EM-X GOLDとは、その微生物群が生み出した微細な有用成分を含む飲料水です。

 

 

 

 

人間の体は60兆個の細胞でできていて、実は人間の体の中にはその10倍以上の約1000兆個の微生物がいます。

 

 

 

人間の体だけで考えても、自分と微生物の区別もできないほど、微生物だらけの世界にいるのです。

 

 

 

人間の体にいる微生物は「常在菌」と呼ばれ、人間の体を守ってくれています。

 

 

 

病原菌や悪玉菌の活動を抑え、健康的に過ごすには、殺菌するよりも善玉菌を味方につけた方が効果的なのです。 

 

 

 

つまり、抗生物質よりも有効なのです。

 

 

 

例えば、善玉菌がしっかり働いていると、虫歯や歯周病を起こす原因菌が寄りつかなくなったり、体に悪いものが入って来にくくなるそうで、風邪を引きにくくなったりします。

 

 

 

有用微生物の入ったEM-X GOLDを水やコーヒーに混ぜて飲むだけです。

 

 

 

実際に、朝の目覚めがよくなったり、身体の調子は以前よりもさらに良いです。

 

 

 

おすすめです。

 

 

 

実はわたくし、独立してから一度も風邪を引いたことがありません。

 

 

 

わたしの尊敬する経営者の元トリンプの吉越社長の本の中に

 

 

 

一に体力、二に努力、三に能力

 
「給料を貰う以上は睡眠不足や疲れが溜まっているなどの言い訳はビジネスパーソンとして決して許されない」

 

 

 

 

と書いてありました。

 

 

 

 

仕事の質は健康管理も含めて言うのだと思います。

 

 

 

一流とバカは風邪をひかないのです。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2015年5月
    « 4月   6月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続