ホーム  >  ブログ一覧

仕事の選び方

2015.04.28

カテゴリ: 人事, 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

採用のお手伝いをする中で学生がどんなことを考えて就職活動をしているのだろうかと考えることがあります。

 

 

 

 

何を基準に仕事を選んでいるのか・・?

 

 

 

 

 

自分の時はどうだったのでしょうか?

 

 

 

 

今だから少し分かります。

 

 

 

 

仕事の選び方。

 

 

 

 

もちろん学生時代は気づいていませんでした。

 

 

 

 

学生時代、あまり実感はしていなかったがとんでもない不況でした。

 

 

 

就職活動もとてもつもない大変さだった気がします。

 

 

 

 

苦労して最終面接までいって落とされた会社はもはや恨みです。

 

 

 

 

冗談です。今は落ちて良かったと思っています。

 

 

 

 

過去オール善です。

 

 

話を戻しますが・・

 

 

 

多くの学生と出会う中で、ほとんどの学生が職種や業種で仕事を選んでいます。

 

 

 

 

エンジニアのような仕事なら、とことんその仕事にこだわるべきです。そのためにずっと勉強してきたのですから・・

 

 

 

でも文系の経済学部の学生はどうでしょうか?

 

 

 

 

自己分析という訳の分からない作業によって自分にあった業種や職種をネット上のシステムが選ぶ。

 

 

 

 

あなたに合った仕事はこうですと、○○ナビに言われて、それで仕事を選ぶなとしたらサイコロを振って仕事を選ぶに近い気がします。

 

 

 

 

そもそも職種を選ぶことにあまり意味がないと思っています。

 

 

 

 

まずほとんど就職した先で、希望する職種に配属されることはないからです。

 

 

 

 

百貨店に入って、企画をやりたい。そんな就職希望者がたくさんいますが、正直、誰もそんな部署に配属されないのです。

 

 

 

でも不幸かといえばそんなことはありません。

 

 

 

 

そもそも企画がやりたいというのが就職活動での思いこみだったり、面白そうと言った先入観であるからです。

 

 

 

 

どんな仕事も、自分に合えば、やってみたら面白いのです。

 

 

 

 

つまるところ仕事などやってみないと分からないのです。

 

 

 

次に業種で選ぶなということですが、企業が生き残っていくためには変化をしなくてはいけません。

 

 

 

 

時代に合わせて変化していく企業だけが事業を続けていくことができるのです。

 

 

 

当初この業種だから就職したと思っていても、定年するときには全く別のことをしているかもしれないのです。

 

 

 

 

いや、やっていないとその会社は残っていないかもしれません。

 

 

 

 

就職活動の時に、業種や職種にとらわれすぎて会社の本当の姿が見えていない。

 

 

 

そんな就職活動に終止符を打たないといけません。

 

 

 

 

ではどうするか?

 

 

 

まずは学生自身が自分自身を変えていく覚悟を持つことです。

 

 

 

 

与えられた仕事を精一杯やるのは当然です。その中で同時にどこへ言っても働ける力をつけることです。

 

 

 

自信がないからとりあえず大企業に就職しよう。

 

 

 

その考えを始めた瞬間に不幸でつらい就職活動が始まるのです。

 

 

 

大企業にしかゴールがない就職活動にするのか、どこの会社でも自分を変化させて活躍してやると思う就職活動にするのか。

 

 

 

同じ就職活動でも180度違うのです。

 

 

 

とは言っても、自分も学生時代そんなふうには思えなかったですが・・

 

 

a4f2d624e8a6d5b84a4491df42ff41ad

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

成長する人の3条件

2015.04.24

カテゴリ: 人事, 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

株式会社船井総合研究所の船井幸雄さんの本を読んでやはりこんな人と一緒に働きたいと思いました。

 

 

それは『素直』な人です。

 

 

 

そして同時にこういう人にならないといけないと思います。

 

 

 

人材

 

 

 

本の中では、成長する人材の3条件の1つとして『素直』があげられています。

 

 

 

成長の3条件とは

 

①素直

②勉強好き

③プラス思考

 

です。

 

 

 

では、『素直』とは何か??。

 

 

 

素直とは単に何でも「はい」という人ではありません。

 

 

 

素直とは、「すべてをありのままに受け入れる柔軟さ」のことです。

 

 
人は、自分の知らないことに対して、つい否定してしまいがちです。

 

 

 

例えば仕事ですが、『こんなふうにやると良いよ』と言って、『分かりました。』といっても全く心が受け入れておらず何も変えようとしない人が案外多いように思います。

 

 

 

本当に素直な人は、全てをまずは受け入れます。

 

 

 

否定をするならば、やる前から否定するのではなくて、それを一度やってみてから、自分には合わなかったと否定することが大切なのです。

 

 

 

正直、素直でない人には、人は本気で接しようとしないし、部下であれば教え甲斐もないのです。

 

 

 

本の中ではこんなことが書かれていました。

 

 

 

例えば、ある人が「このパソコンソフトを導入すると業務効率が400%上がるよ」という人がいるとします。

 

 

 

恐らく反応は、

 

 

 

1「これはすごい!」
2「そんなことは無理だ」
3「本当に?一度調べてみて、自分もやってみよう」

 

 

 

あなたはどれですか?

 

 

 

1は「盲信」、2は「盲疑」、3の人を「素直」といいます。

 

 

 
自分のこれまでの経験や考えだけで判断しないで、何でも受け入れてやってみる、

 

 

 

その上で、取捨選択を行う。

 

 

 

これを「素直」と言うのです。

 

 

 

そんな人と一緒に仕事をしたいです。

 

 

 

話は変わりますが

 

 

 

社員、パートタイマーを募集しています。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

出版記念セミナー

2015.04.21

カテゴリ: 相続

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

以前、お話をしていましたが共著で本を出版します。

 

 

 

タイトルは「転ばぬ先の相続」という相続の本です。

 

本

 

 

医療法人ブレインの長谷川嘉哉先生を中心にした士業のメンバーで執筆しました。

 

 

 

メンバーは他に、マルイ不動産の長谷部専務、不動産鑑定士の山村先生、司法書士の水野聡先生、土地家屋調査士の伊藤先生、税理士の西川先生、弁護士の水野将也先生です。

 

 

 

 

ご存知のとおり今年の1月に相続税の法律改正がありました。

 

 

 

平成26年までは相続税の基礎控除額が「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」から平成27年から「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に引き下げられました。

 

 

 

つまり基礎控除額が従来の6割になったということです。

 

 

 

たとえば4人家族(妻、夫、子ども2人)でご主人が亡くなった場合、平成26年までは基礎控除額が8,000万円(5,000万円+1,000万円×3人)あったので、相続財産が8,000万円以下であれば、相続税がかかりませんでした。

 

 

 

それが、平成27年からは基礎控除額が4,800万円(3,000万円+600万円×3人)になったため、4,800万円を超える相続財産があれば、相続税がかかる可能性がかかるのです。

 

 

 
そのため、これまであった「相続税は富裕層にしかかからない」という常識は通用しなくなりました。

 

 

 

何が言いたいかと言うと都心にマイホームを持ち、預貯金が少々あるような一般家庭も、対象になるということです。

 

 

 

とは言っても私の住んでる地域は多治見ですが・・

 

 

 

この基礎控除額の引き下げの結果、財務省の試算によると、相続税を支払う人の割合はこれまでの4.2%から、今後は6%程度に増えると予測されています。

 

 

 

 

地価の高い都心部では10%を超えるという試算もあるのです。

 

 

 

 

こんな話をされても実感がないと思いますが・・

 

 

 

話は変わりますが、誰に相談したら良いかについてお話をします。

 

 

 

実は、税理士さんを例にとっていうとほとんどの税理士さんが相続の申告をたまにしかやったことがないのです。

 

 

 

それもそのはずです

 

 

 

税理士の数は、7万人を超えています。

 

 

 

一方で、申告件数は年間で約5万件です。

 

 
1人の税理士が、年間にわずか1件弱の相続税の申告をおこなっているかいないかです

 

 

 

つまりやったことのない人もいるのです。

 

 

 

何も税理士に限ったことではなく、ほとんどの専門家が案外、相続に触れる機会が少ないのです。

 

 

 

でももっとわかりました。相続税の申告の鍵を握るのは、間違いなく不動産鑑定士です。

 

 

 

ほとんどの日本の資産家は土地を持っているからです。

 

 

 

何が言いたいかというとトータルに相談できるところが良いということです。

 

 

 

そんな専門家の集団で本を書きました。

 

 

 

5月23日土曜日に出版記念セミナーをします。

 

 

 

よろしくお願いします。

 

IMG_0326

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

本当におすすめしたいセミナー

2015.04.17

カテゴリ: セミナー案内

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

現在、大垣で強運人事塾という全5回のセミナーをしています。

 

 

 

 

ものすごい評判が良いです。

 

 

 

 

会社経営をしていて、採用や人材育成で悩んでいる経営者の方に来ていただきたいです。

 

 

 

 

自分でいうのも何ですが、今まで自分がやったセミナーで一番面白いと思います。

 

 

 

 

そして何より実際の経営に役に立ちます。

 

 

 

ブログを読んだ方で、わたしが案内を出したら断らないでくださいね。

 

 

 

本当にその経営者にとって大切だと思って薦めています!

 

 

 

5月20日スタートで、師匠の曽根先生と強運人事塾を行います。

 

 

 

内容は、社会保険労務士の労働法にまつわる法律なんかではなく、経営の話です。

 

 

 

私が人事論を話して、経験豊富な曽根先生が経営と人事の話をします。

 

 

 

中小企業の経営者で物を作ったり、売ったりすることにはとてもすぐれているのに人事について不勉強な人がいます。

 

 

 

私が考える人事の3要素とは、採用、教育、評価です。

 

 

 

簡単に言えば、人事とはどうやって欲しい人材を採って、どうやって教育をして、どうやって評価していくかを考えることです。

 

 

 

そして、ここで最も大切なのは会社の行くべき方向、ゴールを持つことです。これがないと、まずどんな人を採用して、どうやって教育するかが決まらないのです。もっと言えば何人採用するかも決まりません。

 

 

 

人が辞めたから人を採用する企業は絶対に成長しません。なぜなら、現状維持を目指す採用だからです。そして、市場が縮小する中で現状維持することは衰退なのです。

 

 

 

なぜこんなにも、人事、人事というのかというと15年後に労働力人口が約1割近く減少します。

 

 

 

それによって何が起こるかというと若い人の労働力としての価値が高まるのです。

 

 

 

大企業がその若者を取りにさらに採用を強化することにより、中小企業は今の10倍、下手すると20倍以上、採用に苦労することになるのです。

 

 

 

会社はお金がなくなると潰れると言われますが、人がいなくて会社が潰れる時代が来るのです。

 

 

 

そうならないように、今のうちに中小企業は社員と目標を共有して、人を採用し、教育して、評価して、社員に成長を実感させる仕組みを作って、魅力ある会社、成長できる会社、採用力のある会社、つまり人事力のある会社にしていく必要があるのです。

 

 

 

このセミナーを受けるかどうかで、15年後の会社の姿が変わります。

 

 

ここまでブログを読んで断らないでくださいね。

 

 

 

【詳細】

強運人事塾

 

第1講座 5月20日水曜日 【採用】100年企業がやるべき採用のルール     

第2講座 6月17日水曜日 【配置】(適性検査)社員の長所を見つけて、最大の力を発揮させる方法   

第3講座 7月15日水曜日 【労務】社員との約束を守る!労務に関する法律             

第4講座 8月20日木曜日 【評価】社員の仕事をどのように評価するのか?             

第5講座 9月16日水曜日 【教育、モチベーション】どのように部下を教育するのか?発憤させるのか?

 

開催場所 SMCビル2階(岐阜県多治見市太平町6-19 SMCビル401)

 

開催期間 15:00~17:30

 

定員    20名 残席わずか

 

会費    1名様81,000円

 

対象者   経営に夢を持ち、確実に実現と強運を求める経営者、後継者、起業家

 

講師    強運会計士     曽根康正   強運社会保険労務士    久野勝也

 

申込み用紙 ⇒ 強運人事塾 多治見

 

キャプチャ

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

 

どんな家をつくるのか??

2015.04.14

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

4月12日(日)の中日新聞にトヨタ自動車の新卒の研修が1年間になったという記事がありました。

 

 

 

去年まで5か月だったものを1年に延長すると言うことでした。

 

 

 

トヨタの社員は1日にしてならず・・

 

 

 

『40年近く勤めるのだから、急いで配属するよりも、いろいろ経験させた方が良い』

 

 

 

トヨタの回答でした。

 

 

 

中小企業の 教育どうでしょうか?

 

 

 

最悪の場合はこんな感じです。

 

 

 

配属された初日から働かせる。

 

 

 

もっと最悪な場合は、全員が手一杯で、面倒を見る人すらいなく「とりあえずそこに座ってこの資料を読んでおいて」という。

 

 

 

その結果、会社の歴史も知らない、マナーも分からない、挨拶ができない社員を作りだしてしまう。

 

 

 

新入社員が育たないのは、どう考えても経営者の責任なのです。

 

 

 

勝手に育てと言いたくなるがそんなことは言ってはいけないのです。

 

 

 

教育もしていない新入社員に「空気を読め」とか、「自己研鑽で勤務外でも勉強をしろ」とか

 

 

 

そんなことが勝手にできると思ってはいけないのです。

 

 

 

何もトヨタのように長く研修しろとは言っていません。

 

 

 

ただ、中小企業の経営者も最低でも1か月は研修をしないといけないと思っています。

 

 

 

そして、仕事のやり方を学ぶのはもちろんですが、大切なことは仕事への考え方を教えることです。

 

 

 

多くの経営者が思っていることは、毎日少しづつで良いから社員に成長してほしいと思っているはずです。

 

 

 

そのために、欠かせないのはやはり、こだわりや努力なのです。

 

 

 

時間をかけて少しずつ成長していく。

 

 

 

毎日、ほんの少しずつ、でも決して手を抜かずに、確実に前進する。

 

 

 

こういう人には誰も敵わないのです。

 

 

 

小さな水滴が年月を積み重ねることよって岩に穴をあけてしまうように。

 

 

 

水滴に勝つのは簡単です。

 

 

 

も年月に勝つのは容易ではありません。

 

 

 

中小企業の経営者は少ない投資で、すぐに役に立つ人材を欲しがってしまいます。

 

 

 

たいした教育もしていない人材・・それは例えるなら藁の家です。

 

 

 

 

大きな投資で、時間をかけて少しずつ人を育てていく。

 

 

 

そうやって完成するのがレンガの家です。

 

 

 

トヨタのような鉄筋でできた家は作れないまでも、耐震性能を備えた少し良い住宅なら中小企業も作れるのです。

 

 

 

社員の教育とは、家づくりのようなものなのです。

 

 

 

長い年月をかけてレンガ造りの家を作る覚悟がない経営者は、人を採用してはいけないのです。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

【100回目のブログ】医者と芸能人がいる婚活パーティー

2015.04.10

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

100回目のブログです。

 

 

 

品のないタイトルですいません。

 

 

 

弊社ですが新卒採用のお手伝いもしております。

 

 

 

アドバイスから実際の採用現場にいったりと支援の方法は様々です。

 

 

 

会社説明会で感じることはとにかく大企業が本腰をいれていることです。

 

 

 

会社説明会にいけば、必ず大企業と同条件で戦わないといけません。

 

 

 

知名度と会社説明会の魅力度は、ほぼイコールです。

 

 

 

何がいいたいかというと、中小企業が大企業と同じ土俵で戦うのは本当に苦しいということです。

 

 

 

医者と芸能人がいる婚活パーティーに参加するようなものです。

 

 

 

つきあったら良さが分かるのにほとんどの女性は医者か芸能人を選ぶのです。

 

 

 

 

学生の情報量が少ないこともあります。

 

 

 

 

だれと結婚するかの基準がないので、とりあえずお金がありそうか、かっこいいという基準しかないのです。
学生が集まらないのは当然です。

 

 

 

 

では中小企業はどうやって自分を見てもらうのか、人を集めるのか?

 

 

 

それは 「手段を選ばない、とにかく会う」 です。

 

 

 

リクナビでエントリーをもらわないといけない。会社説明会をしなければならない。

 

 

 

そんな常識から少し外れますが

 

 

 

『自社の体育会の内定者などに 「食事会を催すから、後輩を連れて来て」 と依頼をし、良く食べるハングリーな学生に会う』

 

 

 

『自社の採用ブランドに関するアンケートのアルバイト(時給数千円)に参加しませんかと言って学生に会う』

 

 

 

とか

 

 

 

あの手この手と考えるべきなのです。

 

 

 

前職の百貨店時代、入社1年目の私の仕事の一つでやっていたことは、新卒の企業展のブースで「就職活動で勝てるスーツの着こなし方」というブースを構えて、スーツの着こなしの説明をしていました。

 

 

 

スーツが売りたいわけではなく、百貨店という仕事に興味を持たせたいだけなのです。

 

 

 

あわよくば採用しようと思っていたのです。

 

 

 

今思えば、「勝てる就活スーツスタイルセミナー」というセミナーをして、その後懇親会をして企業の魅力を伝えて、採用までつなげれば良かったと思うくらいです。

 

 

 

こんなことで採用につながるか??

 

 

 

と言われそうですが間違いなく言えることは、

 

 

 

会えない人は、絶対に採れません。

 

 

 

いくら志望度が低かろうと、そもそも、会えなければゼロなのです。

 

 

 

どんな方法でも良いので、学生が魅力的に感じるような企画を考えて「とにかく学生に会う」。

 

 

 

そして、会えたならば、採用担当者が本気で口説く。

 

 

 

どんな美女でも、全力で口説けばなんとかなるはずです。

 

 

 

わたしは、街で綺麗な女性と普通の男が歩いているのを何回も見たことがあるのです。

 

 

 

そんな男にあるのは執念です。

 

 

 

スタイルよりも結果にこだわることです。

 

 

imagesQ7MT8WM6

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

助成金サポートセンター開設

2015.04.07

カテゴリ: その他

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

事業をしていく中で、人を雇う、労働環境を整備するといった場合に助成金というものがあります。

 

 

これは厚生労働省が管轄している国の資金援助制度です。

 

 

この申請のお手伝いをしたり、書類作成、提出の代行をお手伝いするのも社会保険労務士の仕事です。

 

 

開業したころ、この助成金を取るサポートをしていましたが昨年はいただいた案件をやらさせていただくだけで積極的に情報提供したり、受注することをしていませんでした。

 

 

今年から弊社は東海助成金サポートセンターという事業所を開設し、積極的に助成金をサポートしようと考えております。

 

 

主に厚生労働省関連の助成金は、企業が採用、教育、評価制度づくり、高齢者対策等に対して費用に対して助成金がでます。

 

 

つまり積極的に人を採用していこうと思う企業や、教育に力を入れていく企業が活用できるということです。

 

 

会社を伸ばしていこうと思った時には必ず資金が必要になります。

 

 

その資金をいかに調達するか?

 

 

その選択肢を把握しておくのは経営者の役目です。

 

 

助成金の内容まで知る必要はありません。

 

 

どのキーワードで助成金が出るのか?

 

 

今年は採用、教育、高齢者、育児介護です!

 

 

どこに相談するのか?

 

 

その選択肢は、弊社にしてもらえたらと思っています。

 

 

助成金を本気で取り組んでいる社会保険労務士事務所は正直少ないです。

 

 

まずはホームページを作りましたのでよろしくお願いします。

http://tokai-joseikin.com/

 

 

キャプチャ

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

デッドラインを決める

2015.04.03

カテゴリ: 人事【教育・研修】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今日は仕事の考え方についてお話します。

 

 

 

わたくしの師匠や尊敬する社長を観察しているとある共通の習慣が見えてきます。

 

 

 

それは仕事ができる”一流”ほど仕事にデッドラインを引いています。

 

 

 

デッドラインとは、仕事で「何を/誰が/いつまでに」終えるのかを明確化することです。

 

 

 

そして仕事ができる”一流”ほど、部下に仕事のデットラインを引かせています。

 

 

 

具体的にいつまでにやるんだと決めさせることがリーダーの役割ともいえるのです。

 

 

 

デッドラインを引くと、その日に終えなければならない仕事が明確化になり、必死になって効率を上げるよう自主的に時間の使い方を考え、努力するようになります。

 

 

 

仕事を緊急度と重要度の2軸で分類すると、

 

 

 

①緊急度が高い、重要度が高い
②緊急度が高い、重要度が低い
③緊急度が低い、重要度が高い
④緊急度が低い、重要度が低い

 

キャプチャ

 

 

一般社員は放っておくと、緊急度の高い①と②の仕事ばかりをして手一杯になってしまいます。

 

 

 

 

上司は部下の③と④の業務にデッドラインを引く、時に引かせる必要があるのです。

 

 

 

 

経営者、管理職の方はできているでしょうか?

 

 

 

 

そして、最終的に取り組むべきことは、会社を挙げてすべての仕事にデッドラインを設けることです。

 

 

 

 

単に「仕事を早くやれ」というだけではダメです。

 

 

 

 

デッドラインを意識的に前倒しすることが、業務の効率をどんどん向上させるのです。

 

 

 

特に”一流”は、些細な仕事ほどデットラインを設定しています。

 

 

 

本当に忙しくなったときに、ほっておいた③④のつまらない仕事に時間を取られたくないのです。

 

 

 

 

”一流”は自分の仕事にデッドラインを引ける人、つまり「何を/誰が/いつまでに」を決めることができる人。

 

 

 

 

そして、部下に「何を/誰が/いつまでに」を部下に決めさせることができる人なのだと思います。

 

 

 

あなたの会社のリーダーにデッドラインの概念がありますか?

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (28)
  • その他 (52)
  • カレンダー

    2015年4月
    « 3月   5月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

    月別

  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続