ホーム  >  ブログ一覧

認知症の親が他人に危害を加えた時、あなたはどうする?

2014.12.08

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

12月5日のPAL研究会の朝食会のセミナーテーマは医療法人ブレイン(土岐内科クリニック)の認知症専門医、長谷川嘉哉先生の「認知症の親が他人に危害を加えた時、あなたはどうする?」でした。

 

まずはじめに思ったことは、長谷川先生のセミナーがとても分かりやすいことです。話す内容、話すスピード、話し方、テーマの伝え方などどれをとってもPALのメンバーの中でも一番だと思います。先生のやり方をいろいろ盗みたいと思いました。また先生は、経営者としても、とんでもない知識の量と行動力を持っている方です。長谷川先生のポッドキャストブログは経営の勉強におすすめです。

 

今回のセミナーのテーマは超高齢社会では切り離すことのできない認知症のテーマです。

現在、早期の認知症も含めてお年寄りの7人に2人が認知症だそうです。

 

セミナーでは次の3点が印象に残りました。

1つ目は、認知症は【第一段階】早期認知症、【第二段階】中核症状、【第三段階】周辺症状の三段階があること。

そして【第一段階】早期認知症の段階で治療をすれば治る可能性がかなり高いそうです。

 

2つ目は、身内や自分が認知症になった場合に大切なのはお金!

認知症が第三段階の周辺症状まで進行した場合、すべてを家族だけで面倒を見ることは、ほぼ不可能だそうです。もちろん、そのために国の介護保険制度を使うのですが、現実的に身内が認知症の場合、認知症患者1人あたりの年金等の収入が月額20万円程度ないと苦しく、2人なら30万は必要だそうです。ここで考えなくてはいけないのは、厚生年金に加入していない人です。国民年金だけでは、65歳以降、たったの月額60,000円程度しかもらえません。国民年金のみの受給で重度の認知症の場合、最悪のケースだそうです。

 

3つ目は、認知症で社会問題が多発することです。

認知症で車を運転しているドライバーが700万人もいて、高速道路の逆走は認知症ドライバーのケースが多いそうです。逆走のドライバーは追い越し車線を逆走する(左に寄る習性がある)そうなので、かならず走行車線側(左側)によけないといけないそうです。こんな社会問題がこれからもっと起きてきます。家族が加害者になることも、自分や家族が被害者になることもあるのです。大きな問題だと思います。

 

このセミナーを通じて、長谷川先生のセミナーのやり方と認知症について知ることができ大変有意義でした。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

やらないことを決める 大学の体育会テニス部での戦略

2014.12.05

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

『やらないこを決める』ということは、実はスポーツでも大切です。

わたしの経験を話します。大学の体育会でテニス部に所属をしていました。

大学のテニスの試合は、個人戦は全員試合に出れます。ただ個人のランキングが低いと最悪です。いきなり強豪大学のシードに当たるのです。

1年の夏、同じ1年の強豪大学のシード選手とやりました。今でも覚えていますが、2ポイントしか取れなかったと思います。

しかも、2ポイントとも相手のミスです。もはやトラウマです(笑)

でも、その時同時に4年の間に、こいつに勝とうと思いました。

 

そこで私は、4年間、こんなふうにテニスに打ち込もうと思いました。

テニスのショットは、大きく分けるとサーブ、フォアハンドストローク、バックハンドストローク、ボレーの4種類のショットに分かれます。そこで、ボレーは完全に捨てました。フォアとサーブはそこそこに。そして、大半の時間をバックハンドストロークの練習に時間をかけると決めました。

練習時間のほとんどをバックハンドストロークに費やすことで、かなり上達しました。バックハンドだけは他の選手に負けないようにすることにこだわりました。

テニスでバックハンドが苦手な人が多いので、相手より優位に立てます。

どれもバランス良くやっていたら、きっとあまり勝てなかったと思います。

 

最終的に、こてんぱんにやられた相手よりも良い戦績をあげることができました。

 

『やらないことを決める』

 

スポーツだとよく分かるのですが、案外ビジネスだと難しいです。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

コアランチェスター戦略

2014.12.03

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

11月21日金曜日朝6時30分からPAL朝食会のセミナーでマルイ不動産の小原社長によるコアランチェスター戦略を受けました。

 

今回のセミナーで学んだことは、『やらないことを決める』ことです。

前回『やらないことを決める』というブログを書いたのもこのセミナーで刺激を受けたからです。

 

 

コアランチャスターは、小原社長によるランチャスター戦略という意味です。

 

小原社長は本も出版していて、書籍『コアラ社長の経営戦略』は開業前に何度も読んで参考にさせていただきました。

 

book

 

小原社長は尊敬する経営者の一人です。開業時からいろんなアドバイスをもらっています。経営している不動産会社は地元で圧倒的なシャアを誇っています。

そして、さらにすごいのは昔からアメリカで仕事をすると決めていて、現在、実際にマイアミに不動産会社を作って大活躍されています。

 

繰り返しになりますが、今回のセミナーで学んだことは、『やらない事を決める』です。

 

市場で弱者が強者に勝つには、強者が力をいれづらいこと、いれていないことに時間を注ぐことです。

 

具体的に小原社長のセミナーで教えてもらったことは、例えば、ダイレクトメールを送るにしても単に多治見全域に送るのではなく、多治見の中でもさらに地域を絞って、多治見全域に3か月1回送っていたダイレクトメールを、絞った地域に2週間に1回ダイレクトメールを送るということです。

 

2週間に1回来るダイレクトメールは、3か月に1回来るダイレクトメールよりはるかにインパクトがあります。

 

多治見全域にダイレクトメールをだすのと同じ金額を使って、地域を絞って2週間に1回送れば、全然違う結果がでます。大企業や、市場の強者は多くの資金力を投入して、定期的にDMを送ってくる。これに勝つには地域を絞ることです。局地戦にすることで、自分より強い会社に勝つことができるのです。

 

今回のセミナーで、やはり何に力を注ぐか決めることが大切だと思いました。やらないことを決めて、その時間を徹底的にやると決めたことに注ぐ。そのやると決めたことは、徹底的にライバル会社以上のことをする。これが大切なんだと思います。

 

これを機会に、来年の自社の戦略と戦術を見直したいと思います。

 

IMG_0271

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

やらないこと決める

2014.12.01

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

経営は「やらないことを決める」こと。仕事も「やらないことを決める」ことと、ある方に教えてもらったことがあります。でも実際に自分は全くそれができていないように思います。

 

だから来年は、「やらないことを決める」を実践します。

 

 

例えば、仕事でこの書類をコピーしといてと言われて、ただ印刷するだけなのか、

 

あるいはその先のことを考えて、何に使うのか?誰に渡すのか?までを視野に入れて部下にお願いしたり、部下がそれを確認して聞いてきたりする、

 

そこが『仕事が出来る人』と『仕事が出来ない人』との決定的な差なのだと思います。

 

『仕事が出来る人』ほど、新しい仕事が頭の中で生み出されていくのです。

つまり仕事のできる人の仕事は無制限にあるのだと思います。ただのコピーがコピーで終わらないのだと思います。

 

簡単にいうと、『やるべきこと』は限られていても、『やった方がいい事』は無限にあるということです。

 

三流経営者、三流社員の場合、ほとんどの人は『やった方がいい事に』手を付けようとしません。

 

その言い分は『時間がないから、今の仕事で手一杯』です。

 

人から依頼された『やるべき事』、普段やっている日常業務だけで一日が終わってしまいます。やった方がいい事は分かっているが手が回らないのです。

『今の仕事が手一杯で。』と言ったら、これ以上、会社の利益はあがりませんし、思考が停止しています。

 

そんな経営者の会社は将来間違いな倒産します。

 

つまるところ、『できる経営者』『できる社員』になるには、依頼されていない仕事、日常業務以外の仕事をやるしかないのです。

 

しかし、仕事は無限にあります。そして全ての仕事をこなす事は出来ません。

 

本当に大切なのは仕事の時間を増やす事ではなく、成果を上げるためにやった方がいい事。常にそれを考えることです。やった方がいい事はいくらでも出て来ます。そしてその中から『やらない事』を決めることなのです。

 

より大きな成果を上げるために、誰かに言われた仕事をこなすのではなく、誰かに依頼された目的のために自ら仕事を選ぶのです。

 

やらないことを決めることをしないと、会社も未来も大きく変わらないように思います。

 

自分への戒めです。来年のテーマです。

 

images05RVRTD8

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (9)
  • 経営 (30)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (59)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (52)
  • カレンダー

    2014年12月
    « 11月   1月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    月別

  • 2017年7月 (3)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続