ホーム  >  ブログ一覧

知って安心!税務調査

2014.07.28

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

7月18日朝6:00から金曜日、PAL 研究会SMCグループの西川正起税理士の知って安心!税務調査のセミナーに出席しました。

 

 

 

西川税理士は税務調査士という資格を持っていて、税務調査のプロです。

 

 

 

税務調査を受けたことはありませんが、将来のためにしっかり勉強しておかなくてはいけません。

 

 

 

特に面白かったとは次の4点です。

 

 

 

 

①税務調査で担当官と名刺交換をした際に、「上席」の肩書きがついている人は案外優しい。

 

 

「統括官」「特別調査官」が来たら要注意だそうです。

 

 

また若い担当官にあたると熱心で大変みたいです。

 

 

上席の担当官がなぜ優しいかはここでは言えませんが・・

 

 

 

 

②税務調査は7月~12月が一番多いそうです。決算期で言うと2月~5月決算の会社が一番税務調査を受けやすいとのことでしたので決算期を6月~1月にすると良いそうです。

 

 

来年、事務所を社労士法人にしようと思うので、決算期は西川先生に相談しようと思います。

 

 

 

 

③税務署の担当官の評価(ノルマ)は増差所得(調査により判明した利益の増加金額)と重加算税の負荷率で決まるそうです。

 

 

つまり赤字会社でも税務調査があるし、税務職員もサラリーマンなので、昇進のために必死で評価を上げるためにノルマを達成しようとしてきます。

 

 

 

赤字でも税務調査があるのにも納得できました。

 

 

 

 

④重加算税は絶対に認めてはいけないそうです。

 

 

 

担当官は重加算の対象でなくても、事あるごとに重加算の対象では?

 

 

 

と詰め寄ってくるそうです。

 

 

 

 

詰め寄られても、絶対に書類にサインをしてはいけないそうです。

 

 

グレーゾーンであれば戦うことが大切です。

 

 

 

重加算税が課されるということは、インチキ(事実の隠ぺい、仮装)をしたと認めることです。

 

 

 

35%の税金をさらに課され、延滞税まで取られます。

 

 

 

西川先生、ありがとうございました。とても分かりやすいセミナーでした。

 

 

写真を撮り忘れてしまいました。

 

 

西川税理士 ↓↓

 

 

nishikawa

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

東濃総体優勝

2014.07.25

カテゴリ: 日常

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

7月13日日曜日にテニスの東濃総体に出ました。

 

多治見市の代表です。

 

団体戦です。

 

そうです。団体戦なんです。

 

 

僕の実力は関係ありません。チームの力が重要です。

 

 

そして今年の多治見のメンバーはすごいです。

 

北尾太一くん、上田祐貴くん、秋山昌慶くん、玉木圭司くん、服部新吾くん

 

全員強いです。若いです。20代です。

 

 

結果は優勝です。9月に県総体があります。岐阜県制覇に向けてやるしかありません。

 

 

 

夜の宴会も盛り上がりました!!

 

若い人と飲むと良いですね。自分もやれる気がします。

 

唯一の30代頑張ります。

 

 

写真

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

テニス

2014.07.21

カテゴリ: 日常

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

学生時代からテニスをしています。社会人になっても続けていましたが、独立をすると決めてからは、あまりやっていません。

 

そんなんで趣味といえるのか分かりませんが、

 

テニスが大好きです。

 

何の制約がなければ1年365日テニスをしていたいと思っているくらいです。

 

 

 

もちろん、今は仕事が優先です!

 

 

 

 

すこし話はそれますが、

 

知覧特攻平和会館の初代館長の板津忠正さんの講演を聞いたことがあります。

 

 

板津さんは、陸軍特攻第213振武隊として、いわゆる特攻として出撃されましたが、

 

途中エンジントラブルにより徳之島に不時着しました。

 

講演の中で不時着した時に「特攻の任務を果たせなかった」と悔やんだそうです。

 

戦争が終わり、自分が生き残った使命は、特攻で亡くなった人の記録を世に残すことだと思い、全国の特攻隊員の遺族を回り、特攻で亡くなった人の遺影や遺品を集めたそうです。

 

それが知覧特攻平和会館に展示してあります。

 

 

知覧特攻平和会館には、過去に2回行きましたが日本人にとって特別な場所だと思います。

 

日本人として誇りを感じられる場所です。

 

 

 

そんな板津さんは 80歳以上の部で、テニスのタイトルを持っているそうです。

私も志を果たして、板津さんのようなテニスライフを送るのが目標です。

 

そのために、身体は常に鍛えないといけません。

 

そして戦争を生き抜いた人はいつもタフだなと思います。

 

 

 

話を戻しますが

 

7月に多治見市の代表で東濃総体というテニスの団体戦に出ます。

 

そのために頻度を上げて練習をしています。時間がないので、短時間に集中して、追い込んでいます。

 

 

体重が多いと動けないので、体重7キロ落としました。

 

 

 

体重の落とし方はPAL研究会のセミナーで学んだ

 

 

 

ブレイングループの長谷川先生の「できる経営者にデブはいない・・糖質制限食のすゝめ」の中の糖質制限ダイエット

 

 

 

 

F.A.WIN株式会社の西澤社長の「筋トレすればカリフォルニア州知事にもなれる!~ビジネスパーソンの為の筋トレと成功の法則~」の中の筋力トレーニング

 

 

を参考にしました。

 

 

効果大です。

 

 

話がどんどんそれていますが、7月13日の東濃総体に勝つために、身体作りと練習をしています。

 

 

 

金曜日のブログで結果報告します。

 

 

 

テニスコート

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

曽根先生の創業百年企業セミナー 

2014.07.18

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

 

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

7月8日火曜日にSMCグループ代表の曽根康正先生による「創業百年企業セミナー」を受けました。

曽根先生のセミナーは何回受けても面白いです。笑いあり、説教ありの2時間で時間を感じさせません。

 

弊社は創業して2年です。100年企業まで残り98年。

 

 

 

98年??

 

 

 

最低でも3回か4回は代表者が入れ替わらなくてはいけません。そして、業種そのものも変化していかなくては100年続くことはありません。

 

でも、自分が死んでも会社は続くっていうのはロマンがあります。

 

 

セミナーで印象の残った3つのことをあげます。

 

①黒字にこだわる。

 

②経営の承継をする。

 

③継続的に新卒採用をする。

 

 

 

 

まず

 

①の黒字にこだわるですが、

 

赤字を出すということは、経営者に能力がない!

「24時間365日、会社の経営のことを考えて黒字が出ないなら経営者に向いていないので辞めたほうが良い」と言われました。

 

まったくそのとおりだと思います。

 

そして、仮にそれだけ努力しても2期赤字なら、その事業の自体がダメだそうです。事業の転換が遅れた証拠です。これも経営者の能力のなさです。

 

なるほどと思いました。

 

 

 

②の経営の承継は、事業承継には2種類あり、1つは財産の承継。もう1つは経営の承継です。

 

財産の承継とは、会社の株式、資金、機械、工場など物の承継です。

 

しかし、本当に大切なのは経営の承継です。

 

経営の承継とは、どんな理念で経営して、どういう考え方で会社を継続、発展させていくかという知、志、心の承継です。

 

これをいかに受け継いでいくのが難しいのです。

 

 

 

そして最後に③継続的な新卒採用です。

 

人事コンサルタントとして一番テンションがあがりました。

 

本当にそう思います。

 

というのもどんな人でも、初めて就職した会社の影響を強く受けます。

 

仕事のやり方、考え方、習慣などは、なかなか変えることができません。

 

やはり社員の半分以上が新卒の社員で構成されるようになった時にはじめて、会社の理念が浸透し、強い組織となります。

 

しかしながら中小企業の経営者多くは中途採用しか考えていません。これが大きな間違いです。本気で100年続く会社を目指そうと思うなら、新卒採用こそするべきです。

 

 

なぜなら、中途採用で優秀な人材を取ることは実は新卒を育てるよりはるかに難しいのです。そのことに気づいてない経営者が本当に多いのです。

 

 

「取ることは、新卒を育てるよりはるかに難しい」というテーマで全10回くらいのブログが書けそうなのでまたの機会にしますが・・

 

とても学びの大きな「曽根先生の創業百年企業セミナー」でした。

 

曽根先生、ありがとうございました。

 

 

写真

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしてます。

クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

一流の料理人 三宅 輝

2014.07.14

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所と東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

 

月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

高校の同級生の三宅 輝が多治見市で8月8日日本料理とうなぎの【優月】をオープンします。

 

 

 

優月

 

 

 

ブログの今回のタイトルの三宅 輝とは、1年ほど前にひょんな事から再会しました。

 

はじめは、高校以来で何を話して良いか分かりませんでした。

しかし、何回か飲むうちに、多治見で飲食店を始めたいという強い思いを聞いて、開業を実現しようということになりました。

 

といっても自分のできることは、人を紹介することくらいしかできないので、三宅の強力なブレインを探すことが僕の仕事です。

 

幸いにもSMCグループの曽根代表、クニタチ鑑定事務所の山村先生、早川建築株式会社の早川社長、マルイ不動産株式会社の賃貸営業の伊藤さんに快くブレインを引き受けていただきました。

 

三宅は間違いなく最強のメンバーに支援してもらっていると思います。
三宅 輝という人間は、私が言うのもなんですが、一言で言うと噛めば噛むほど味が出るスルメのような人間です。

 

ですから、第一印象ではその良さがなかなか伝わってこないかもしれません。

 

でも店にこれば分かります。

 

非常に純粋な男です。

 

料理の味はもちろん、こだわり、創造性、探究心、どれをとっても一流です。

 

完全な料理人です。おいしんぼにでてきそうな、無口な料理人なんです。だから口数も少ないです。

 

とにかく店にこれば分かります。

 

同級生だからではなく、彼と付き合ううちに料理に対する彼の情熱やこだわりを知れば知るほど、いろんな人に店に来てほしいと思ってしまいます。

 

是非、お店に来てください!!そして、彼の仕事のこだわりや繊細さを感じていただければ嬉しいです。

 

 

オープンは8月8日です。

 

優月 yugetsu-unagi.com

 

 

ランキングにチャレンジしています。

クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

美濃の味

 

安藤みのる

ランチョンマットの絵はあの安藤みのる先生が作ってくれたそうです。

空き家はどうして増えるのか?? 【相続と不動産】

2014.07.11

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

7月4日金曜日、PAL研究会の朝食会セミナーでクニタチ鑑定事務所の不動産鑑定士の山村寛先生のセミナーがありました。

 

テーマは「空き家はどうして増えるのか??(印象に残りました)」ではなく

 

「相続と不動産」です。

 

山村先生には、一般社団東海相続支援コンサルティング協会の勉強会でもいろいろ教えてもらったことがあります。間違いなく、東海地区のトップ不動産コンサルタントです!!

 

印象に残ったことが2つあります。

 

一つ目は「空き家がどうして多いのか?」です。

相続とはあまり関係はありませんが・・。

 

人口減少で田舎は空き家だらけです。

 

もしそこらじゅうに空き家があったら、日本人の性格からして取り壊して更地にしときたいって思いませんか?

 

わたしは単純に土地の所有者にお金がないといった理由だと思っていました。

 

セミナーを聞いてなるほどです。固定資産税が、住宅であると6分の1になるようです。

 

納得です。

 

 

資産として運用しようと考えないかぎりは空き家にしておかなくては都合が悪いのです。

 

 

二つ目は「相続対策で田舎にアパートを建ててはいけない」です。

 

日経ビジネス、プレジデント等々の相続特集を読むと、相続税対策の中で、アパートを建てるという手法を紹介しています。

 

でもこれは完全な都市型の相続対策です。原則、田舎でやってはいけません。

 

本などでも見たことあるかもしれませんが、このアパートを建てるメリットは次の通りです。

 

①建物建築費と評価額の差により相続税評価を下げる

 

②土地の相続税評価そのものを下げる

 

③固定資産税、都市計画税の軽減する

 

④アパートの家賃による利回りを得る

 

どう考えても良いことずくしです。

 

ですから、大手の建設会社が10年間の家賃保証などと言って、田舎のおじいちゃんを説得して田んぼや畑にアパートを建てさせるのです。酷いときは、農協までぐるです。

 

農協は農家と普段から仲良くしているので、おじいちゃんは農協に相談します。農協は、それは良いとすすめます。農協は、単にアパートの建設費を貸したいのです。

 

人口の減少、過疎化、都市部への人口流入と単純に考えても、田舎でアパート経営がうまくいくと思えないのに、どうしてアパートがこうも建つのか不思議で仕方ありません。

 

最悪売ればいいなんて思っている人がいれば最悪です。

 

賃貸で利益がでない土地と建物を誰が買うのでしょうか?

 

 

田んぼの真ん中に立つアパートを見ると、誰がどんなストーリーでこのアパートを建てたのか気になって仕方ありません。

 

image[1]

 

ブログランキングにエントリーしています。
クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

仕事ができる人とは・・

2014.07.07

カテゴリ: 人事

人事コンサルタントの久野勝也です。

とうかい社会保険労務士事務所と東海給与計算センターの代表をしています。

 

人事コンサルタントというからにはそれなり理論があるのか?

 

ある失礼な方から指摘を受けましたのですこしお話しします。

 

採用についてです。

 

中小企業の経営者に「どんな人材が欲しいですか?」と尋ねると一様に「仕事ができる人が欲しい」と言います。でも「仕事ができる人」とは?

どんな人なんでしょうか?

 

与えららえた目標を達成できること。チームを束ねることができる人、営業ができる人。新しい商品を生み出すことができる人など様々な仕事ができる状態があります。

 

例えばある会社ではコミュニケーション力が評価されるけれど、他の会社ではまったく評価されない。

 

そういうことは結構あります。

 

では会社で高く評価される人ができる人なのでしょうか。

 

もちろんその会社の中ではできる人ということにはなります。

 

でもそれは一時的(世の中の変化が激しいので)なものかもしれないし、他の会社ではまったく使い物にならないかもしれなません。

レベルの低い会社では、愛想が良いといった理由だけで、仕事ができると言われていることもあります。

 

では、誰もが認める仕事ができる人はどうやったら見抜けるのでしょう。

 

どんな会社でもどんな仕事でもどんな環境でも活躍する人??でしょうか?

 

そんな人は間違いなくこの世に存在しません。人間、何かが得意ならば何かが苦手です!

田中マー君は大リーガーとしては超一流ですが、会社員としてはおそらく超一流ではありません。

 

私はこう考えます。

仕事ができる人とは「仕事ができるとはどういうことか」を知っている人。

それを明確に自分の言葉で語れる人。

そして実行できる人です。

 

仕事ができる人を見抜くために実は面接で聞く究極の質問があります。

 

興味がある人は直接聞いてください(笑)

 

 

img_0

 

ブログランキングに参加してます。

クリックをお願いします。

 


人気ブログランキングへ

師匠から教えてもらった社会保険労務士という仕事!! 

2014.07.04

カテゴリ: 人事

そもそも社会保険労務士という仕事が、資格の名前から考えるとすごく分かりにくいと思いませんか?税理士だと税金に強いとすぐ分かりますが・・。社会保険労務士と名乗って、虫って言われたこともあります。また社会保険労務士といってもいろんな仕事をしている人がいます。ほとんどの社会保険労務士は、労災保険、雇用保険、厚生年金、健康保険の手続き、年金相談、会社の規則作りををすることを仕事としています。特に労働関係の法規にはとても詳しいので、従業員とトラブルにならないような社内規則整備、給与の規程作成といったことが得意な方が多いです。

 

 

わたくしはといいますと、社会保険労務士ではないとは言いませんが、人事コンサルタントとして、主に会社の人事戦略を経営者と一緒に考えることを仕事としています。

 

 

ですから、他の社会保険労務士とは少し違います。

 

 

そもそも少し違ったことをしているのは、わたくしの経営の師匠である株式会社SMCホールディングの代表の曽根康正先生の教えです。

 

 

人の成長を通じて会社の経営を支援したいと思い独立したのに、気づけば会社の規則ばかりを作るのが仕事になってしまってました。

 

それからやっている仕事を変えてきました。今は、人事の視点から、採用の手法の提案、採用選考方法の提案、社員の育成方法の提案、幹部の育成、社員研修、社内の教育制度の策定、キャリアプランの設計などの人事面のコンサルティングに力を入れています。

 

それでも皆さんにはよくわからないし、イマイチうさんくさいので、これから少しづつどんなことにこだわって仕事をしているかお話をしていきたいと思います。

 

いずれにしても、いつもヒント(鉄拳)をいただく師匠に感謝です!!

 

 

IMGP3394-300x225

 

師匠と2人で撮った写真がありませんのでいつもの士業メンバーですが、

後列右から曽根康正師匠、成田診断士

前列右から西川税理士、水野弁護士、私

 

わたくしですが、日本研修グループのメンバーでもあります。

 

 

無謀にもブログランキングにチャレンジしてます。
クリックをお願いします。

 


人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (28)
  • その他 (52)
  • カレンダー

    2014年7月
    « 6月   8月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    月別

  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続