ホーム  >  ブログ一覧  >  セミナー一覧

井上先生のカネ回りの良い経営

2014.08.01

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

7月18日金曜日の19:00から、PAL 研究会のオープンセミナーでした。

 

株式会社アイシーオーコンサルティングの井上和弘先生の「カネ回りの良い経営」です。

 

井上先生は、超有名コンサルタントです。

 

すごいカリスマ性のある人でした。

 

 

 

 

 

セミナーで学んだ、特に印象に残ったことは次の3点です。

 

 

 

 

1つめは、売掛金の回収ができないのは、経営者の思い込みと発想の無さ!!売掛金はすぐに3割減らせる!!

 

映画の前売り販売、ホテルのクレジットカードの前保証、通販も現金です。

 

いろいろな発想があるのに、経営者が勝手に、売掛金しかないと考えているのがいけないとおっしゃていました。

 

なるほどです。

 

そして何より、商品力が弱いことが問題なのだとおっしゃっています。

 

現に井上先生の講師料は前払いです。セミナー講師への支払いが前払いと言うのはあまり聞きません。

 

 

でもよくよく考えて見れば、井上先生が前払いでないとセミナーに行きませんといえば、やはりお金を払ってしまうのです。

 

これが先入観です。

 

そして商品の力です。

 

そして、詰まる所、お客さんに「先にお金を払わないと私は動きません」と言いきれるかどうかなのです。

 

むちゃくちゃ納得できました。

 

 

 

 

 

2つめは、総資産経常利益率(ROA)にこだわれ!!

 

ROA=Return of Assetの略です。なんのこっちゃですね。

 

総資産経常利益率(ROA)とは、大阪弁で言うと「いくらの元手でなんぼ儲けたか!」だそうです。

 

こんなふうに言われるとROAに親近感がわきます。

 

簡単な例を挙げると、

 

A社が総資産40億円の会社で経常利益1億円

 

B社が総資産10億円の会社で経常利益1億円

 

を上げるた場合、やはりB社のほうが優秀だと言うことです。

 

この場合の総資産経常利益率(ROA)は

 

A社が2.5%

 

B社が10%

 

井上先生はこの指標を10%以上にしろとおっしゃています。

 

 

 

 

 

 

最後に、御用金を作れ!!

 

御用金とは収益を創出する物です。つまりお金を作る力が大切だと言うことです。

 

そして御用金づくりのキーワードは「時流即応」です。

 

顧客の好みは常に変化します。収益を上げ続けるためには、自社の商品を変化し続けなくてはいけないとおっしゃっています。

 

 

中小企業の現実は、実は案外それができていない。

 

 

地元の飲食店が潰れる理由は、私には分かります。

 

 

まずいとかそういったことよりも、メニューが変わらないからです。

 

 

マクドナルドに行って、1か月前と全くメニューが一緒だったなんてことは絶対にありません。

 

だから月に何回も言ってしまうのです!!

 

 

井上先生、ありがとうございました。

 

 

参加者が80人近くいらっしゃいました。

井上先生セミナー

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

知って安心!税務調査

2014.07.28

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

7月18日朝6:00から金曜日、PAL 研究会SMCグループの西川正起税理士の知って安心!税務調査のセミナーに出席しました。

 

 

 

西川税理士は税務調査士という資格を持っていて、税務調査のプロです。

 

 

 

税務調査を受けたことはありませんが、将来のためにしっかり勉強しておかなくてはいけません。

 

 

 

特に面白かったとは次の4点です。

 

 

 

 

①税務調査で担当官と名刺交換をした際に、「上席」の肩書きがついている人は案外優しい。

 

 

「統括官」「特別調査官」が来たら要注意だそうです。

 

 

また若い担当官にあたると熱心で大変みたいです。

 

 

上席の担当官がなぜ優しいかはここでは言えませんが・・

 

 

 

 

②税務調査は7月~12月が一番多いそうです。決算期で言うと2月~5月決算の会社が一番税務調査を受けやすいとのことでしたので決算期を6月~1月にすると良いそうです。

 

 

来年、事務所を社労士法人にしようと思うので、決算期は西川先生に相談しようと思います。

 

 

 

 

③税務署の担当官の評価(ノルマ)は増差所得(調査により判明した利益の増加金額)と重加算税の負荷率で決まるそうです。

 

 

つまり赤字会社でも税務調査があるし、税務職員もサラリーマンなので、昇進のために必死で評価を上げるためにノルマを達成しようとしてきます。

 

 

 

赤字でも税務調査があるのにも納得できました。

 

 

 

 

④重加算税は絶対に認めてはいけないそうです。

 

 

 

担当官は重加算の対象でなくても、事あるごとに重加算の対象では?

 

 

 

と詰め寄ってくるそうです。

 

 

 

 

詰め寄られても、絶対に書類にサインをしてはいけないそうです。

 

 

グレーゾーンであれば戦うことが大切です。

 

 

 

重加算税が課されるということは、インチキ(事実の隠ぺい、仮装)をしたと認めることです。

 

 

 

35%の税金をさらに課され、延滞税まで取られます。

 

 

 

西川先生、ありがとうございました。とても分かりやすいセミナーでした。

 

 

写真を撮り忘れてしまいました。

 

 

西川税理士 ↓↓

 

 

nishikawa

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

曽根先生の創業百年企業セミナー 

2014.07.18

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

 

毎週月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

7月8日火曜日にSMCグループ代表の曽根康正先生による「創業百年企業セミナー」を受けました。

曽根先生のセミナーは何回受けても面白いです。笑いあり、説教ありの2時間で時間を感じさせません。

 

弊社は創業して2年です。100年企業まで残り98年。

 

 

 

98年??

 

 

 

最低でも3回か4回は代表者が入れ替わらなくてはいけません。そして、業種そのものも変化していかなくては100年続くことはありません。

 

でも、自分が死んでも会社は続くっていうのはロマンがあります。

 

 

セミナーで印象の残った3つのことをあげます。

 

①黒字にこだわる。

 

②経営の承継をする。

 

③継続的に新卒採用をする。

 

 

 

 

まず

 

①の黒字にこだわるですが、

 

赤字を出すということは、経営者に能力がない!

「24時間365日、会社の経営のことを考えて黒字が出ないなら経営者に向いていないので辞めたほうが良い」と言われました。

 

まったくそのとおりだと思います。

 

そして、仮にそれだけ努力しても2期赤字なら、その事業の自体がダメだそうです。事業の転換が遅れた証拠です。これも経営者の能力のなさです。

 

なるほどと思いました。

 

 

 

②の経営の承継は、事業承継には2種類あり、1つは財産の承継。もう1つは経営の承継です。

 

財産の承継とは、会社の株式、資金、機械、工場など物の承継です。

 

しかし、本当に大切なのは経営の承継です。

 

経営の承継とは、どんな理念で経営して、どういう考え方で会社を継続、発展させていくかという知、志、心の承継です。

 

これをいかに受け継いでいくのが難しいのです。

 

 

 

そして最後に③継続的な新卒採用です。

 

人事コンサルタントとして一番テンションがあがりました。

 

本当にそう思います。

 

というのもどんな人でも、初めて就職した会社の影響を強く受けます。

 

仕事のやり方、考え方、習慣などは、なかなか変えることができません。

 

やはり社員の半分以上が新卒の社員で構成されるようになった時にはじめて、会社の理念が浸透し、強い組織となります。

 

しかしながら中小企業の経営者多くは中途採用しか考えていません。これが大きな間違いです。本気で100年続く会社を目指そうと思うなら、新卒採用こそするべきです。

 

 

なぜなら、中途採用で優秀な人材を取ることは実は新卒を育てるよりはるかに難しいのです。そのことに気づいてない経営者が本当に多いのです。

 

 

「取ることは、新卒を育てるよりはるかに難しい」というテーマで全10回くらいのブログが書けそうなのでまたの機会にしますが・・

 

とても学びの大きな「曽根先生の創業百年企業セミナー」でした。

 

曽根先生、ありがとうございました。

 

 

写真

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしてます。

クリックお願いします。


人気ブログランキングへ

空き家はどうして増えるのか?? 【相続と不動産】

2014.07.11

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

7月4日金曜日、PAL研究会の朝食会セミナーでクニタチ鑑定事務所の不動産鑑定士の山村寛先生のセミナーがありました。

 

テーマは「空き家はどうして増えるのか??(印象に残りました)」ではなく

 

「相続と不動産」です。

 

山村先生には、一般社団東海相続支援コンサルティング協会の勉強会でもいろいろ教えてもらったことがあります。間違いなく、東海地区のトップ不動産コンサルタントです!!

 

印象に残ったことが2つあります。

 

一つ目は「空き家がどうして多いのか?」です。

相続とはあまり関係はありませんが・・。

 

人口減少で田舎は空き家だらけです。

 

もしそこらじゅうに空き家があったら、日本人の性格からして取り壊して更地にしときたいって思いませんか?

 

わたしは単純に土地の所有者にお金がないといった理由だと思っていました。

 

セミナーを聞いてなるほどです。固定資産税が、住宅であると6分の1になるようです。

 

納得です。

 

 

資産として運用しようと考えないかぎりは空き家にしておかなくては都合が悪いのです。

 

 

二つ目は「相続対策で田舎にアパートを建ててはいけない」です。

 

日経ビジネス、プレジデント等々の相続特集を読むと、相続税対策の中で、アパートを建てるという手法を紹介しています。

 

でもこれは完全な都市型の相続対策です。原則、田舎でやってはいけません。

 

本などでも見たことあるかもしれませんが、このアパートを建てるメリットは次の通りです。

 

①建物建築費と評価額の差により相続税評価を下げる

 

②土地の相続税評価そのものを下げる

 

③固定資産税、都市計画税の軽減する

 

④アパートの家賃による利回りを得る

 

どう考えても良いことずくしです。

 

ですから、大手の建設会社が10年間の家賃保証などと言って、田舎のおじいちゃんを説得して田んぼや畑にアパートを建てさせるのです。酷いときは、農協までぐるです。

 

農協は農家と普段から仲良くしているので、おじいちゃんは農協に相談します。農協は、それは良いとすすめます。農協は、単にアパートの建設費を貸したいのです。

 

人口の減少、過疎化、都市部への人口流入と単純に考えても、田舎でアパート経営がうまくいくと思えないのに、どうしてアパートがこうも建つのか不思議で仕方ありません。

 

最悪売ればいいなんて思っている人がいれば最悪です。

 

賃貸で利益がでない土地と建物を誰が買うのでしょうか?

 

 

田んぼの真ん中に立つアパートを見ると、誰がどんなストーリーでこのアパートを建てたのか気になって仕方ありません。

 

image[1]

 

ブログランキングにエントリーしています。
クリックをよろしくお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (12)
  • 経営 (56)
  • 相続 (3)
  • 日常 (17)
  • 旅行 (17)
  • 労務 (7)
  • 働き方改革 (13)
  • 人事【教育・研修】 (22)
  • 人事【採用】 (39)
  • 人事 (80)
  • セミナー案内 (7)
  • セミナー (44)
  • その他 (76)
  • カレンダー

    2018年10月
    « 9月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  

    月別

  • 2018年10月 (4)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (3)
  • 2018年7月 (4)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (4)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続