ホーム  >  ブログ一覧  >  人事【採用】一覧

営業を6年やったという経歴は何の役にも立たない

2015.02.27

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

『前職で営業を6年やっていました』と堂々と面接で語る人がいますが、全く心を惹かれない。

 

 

それは、やはり転職市場に本当にできる人は流れてこないからです。

 

 

本当に営業ができるなら、それこそ前の会社でそれなりの待遇を受けていただろうし、引き抜きを受けたりして転職市場には出て来ないはずだからです。

 

 

『前職で営業を6年やっていました』という言葉は、これまで営業をやってきたので役に立つから使ってくれ、俺は営業くらいならできると言っているようなもので、そもそもの仕事に関わるスタンスが悪いのです。

 

 

何が言いたいかというと、転職とは全く新しいことをやるのだから、自分の価値を過大に評価することなく、謙虚な気持ちで新しい世界にチャレンジするという気持ちが必要なのです。

 

 

同じく『大企業で6年働いていました』という言葉も、大企業でやってきたのだから、あなたのような小さい会社ならもっと力を発揮しますと言っているようなもので、仕事に関わるスタンスが悪いのです。

 

 

 

さらに最悪な場合は『前職で営業を6年やっていました』が、6年経験を積み上げたのではなく、1年を6回繰り返しただけのただ6年営業をやったことがある人を見たことがあります。

 

 

へんなクセだけがついていて、全く役に立たないのです。

 

 

何が言いたいかというと、転職をするのなら、過去のキャリアを明らかにし、自分ができることを棚卸することは大切です。

 

 

でもひとたび転職をしたのなら、謙虚な気持ちで新しい世界にチャレンジするというスタンスが必要なのです。

 

 

失敗する採用の多くは、この中途半端な能力で、中途半端なスタンスの人材を採った時に起きるのです。

 

 

というのも、営業経験や大企業という言葉に惹かれて、アホな経営者はできる人材と勘違いして給与を払い過ぎるからです。

 

 

何が言いたいかというと、転職者がどのようなスタンスかを見抜くかを難しいですが、中途の採用は、このスタンスを見抜くことに時間を使わないといけないのです。

 

謙虚

 

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

 

 

強運人事塾

2015.02.10

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

1月29日に大垣のソフトピアジャパンで、SMCホールディングスの曽根代表と強運人事塾を行いました。

 

 

この塾は全5回の構成になっていて1回目は採用です。

 

 

わたくしが前半で理論的なことを講義し、後半に曽根代表が経営の中でどう活かすかを話します。

 

曽根代表

強運人事塾

 

今回の講義では採用というテーマで話をしました。多くの会社がこの採用に悩んでいるのではないでしょうか?

 

 

特に人を集める、募集の段階でうまくいっていません。

 

 

それもそのはずです。

 

 

愛知県の有効求人倍率は、1.5倍を超えています。簡単に言えば、150の仕事があるのに人材が100人しかいないのです。

 

 

大垣市のようなJRの沿線で、名古屋に近い地域は、愛知県の採用市場が活発だと、その影響を受けます。

 

 

地元の企業よりも、愛知の会社のほうが給与が高いという先入観もありますし、実際に条件が良いからです。

 

 

大手企業が、将来を見越して本気で人を採用し始めています。

 

 

中小企業はどうしたら良いのでしょうか?

 

 

結局のところ人は待遇や知名度で選んでいる。

 

 

そう思って3流の経営者は諦めてしまいます。

 

 

私はそうは思いません。

 

 

働く場としての魅力。そこでも大企業に負けているのです。

 

 

お金が無いから。そうではないと思います。経営者が本気ではないからです。

 

 

大企業には素晴らしいビジョンがあるのでしょうか。

 

 

そんな企業ばかりではありません。

 

 

大企業のほうが利益、利益のように感じます。

 

 

魅力のない大企業のビジョンにすら、 中小企業が勝てないということなのです。

 

 

経営社はとにかく利益を追求しなくてはいけません。

 

 

大企業よりも近くに社員がいて、 家族のような関係で仕事をしています。

 

 

仕事にやりがいを持って働いてほしいと思っています。

 

 

やりがいは自分で見つけろと言いたくなりますが、経営者はそれを言ってはいけません。どうしたら社員がやりがいを持って働けるのか、どうしたら楽しんで仕事をしてもらえるのかを本気で考えないと行けない時代が来ているのです。

 

 

自分の会社のどこにやりがいがあって、どうしたら仕事が楽しくなるのか、中小企業の経営者は、それを応募者や社員に語ることができていないのです。

 

 

 

今、戦後の日本で、かつてない大きな波が来ています。

 

 

会社は人を選択する時代から、人に選択される時代なのです。

 

 

経営者がどうやって利益をあげるか考えるのは当然です。

 

 

今はそれだけでは足りません。

 

 

どうやったら人がやりがいを持って働けるかを考える経営者のところに人が集まってくる時代なのです。

 

 

強運人事塾は、そんなことを本気で考える塾です。

 

 

強運人事塾1

 

ブログランキングにチャレンジしています。

 

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

なぜ会社は成長し続けないといけないのか??

2015.01.30

カテゴリ: 人事, 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今年から弊社は、

 

 

社会保険労務士法人とうかい

 

 

という名前で、組織を個人事業から法人にしました。

 

 

何が違うかというと中身は何も変わりません。

 

 

ただ、私の気持ちは変わりました。

 

 

個人事業であれば、自分の会社だと思いますが、今はそうではないのです。

 

 

会社は独立したもので、会社を通じて、そこで働く人が幸せになれる場でないといけないのです。

 

 

そのために、必ず必要なことは、まずは事業が継続することです。社員に給与を払い続けることができることが会社であることが条件です。

 

 

そして、社員の給与をあげようと思えば、会社は成長するしかありません。社員が去年よりも給与を貰おうと思えば、必ず会社は成長しつづけないといけないのです。

 

 

会社が成長しないのに、社員の給与が上がる必殺技はないのです。

 

 

だから会社は、成長する目標を立てて日々それに向かい努力していくのです。その目標はそれぞれです。会社によっては急成長を目指す企業もあれば、緩やかな成長を目指す企業もあります。

 

 

私は以前、東海地区の老舗百貨店で働いていました。

 

 

その時の会社の目標は地域一番、地域で一番ありがとうとを貰える百貨店を目指して、社員が一丸となっていました。

 

 

その目標が私は大好きでしたし、私が頑張る基準でした。

 

 

もしも会社を、給与で選べば、もっと給与が高い会社があれば、人は移ってしまう。

 

もしも会社を、仕事で選べば、もっと仕事が楽しい会社があれば、人は移ってしまう。

 

もしも会社を、好きで選べば、他の会社を好きにならない限り人は移らない。

 

 

会社が好きだったこと

 

 

そのことが社会不適合者の私が、8年もサラリーマンを続けられた理由だと思います。

 

 

だから、会社を好きになってもらうことが大切なのです。

 

 

ではどうやって会社を好きになってもらうのかです。

 

 

中小企業の場合、やはり会社が持つ理念や目標だと思います。

 

 

しかしながらほとんどの経営者はその理念や目標を採用の際に話していません。

 

 

結果どうなるか?

 

 

給与に不満があれば文句を言い、他に面白そうな仕事があれば辞めるのです。

 

 

だから、必ず会社は理念や目標を共有しないといけないのです。

 

 

成長する組織を作るためには、

 

 

ときには

 

 

理念や目標に賛同できない人に辞めてもらわないといけないのだと思います。

 

 

それぐらい、会社の理念や目標が大切だと思うのです。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

 

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

『成長』『仲間』『安心』、このキーワード分かりますか?

2014.12.15

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

求人を出しても人が来ない。こんなふうに感じている中小企業の経営者が多いのではないでしょうか?

特に若い人が来ないと感じている経営者が多いのでしょうか?

少し前に、ブログにも「採用ができない」というテーマでも書きましたがとにかく募集しても人が来ない。

 

いきなり結論を言いますが、募集を『ハローワーク』に出すにしても、『はたらいく』、『リクナビネクスト』など大手の求人サイトに出すにしても、今の時代ホームページがありかつホームページ上でどのような会社であるかを記載しておく必要があります。

 

今の20代の応募者の9割以上は、面接に行く前にインターネットで会社情報を検索しています。

 

では、どんな会社ですとアピールするのか?

 

今の若者が就職先に求めるもののキーワードが、『成長』『仲間』『安心』なのです。

 

簡単にいうと、『自分が成長できて、承認する仲間がいて、潰れない安心できる会社』です。

 

正直な話、

 

経営者としては、『仲間に頼らない強い心を持って、自ら学ぶ社員がいれば会社が潰れないよ』と言いたくなりますが・・

 

それは言ってはいけません。

 

つまり、何が言いたいかと言うと、自分の会社に入社したらどんな風になれるのか、それを伝えることができないといけないと言うことです。

 

自分の会社に入ったら、『上場企業をつくることができるくらいまで成長できます』と言っているのがリクルートという会社です。

 

中小企業の経営者の多くは、自分の会社に入ったらどんなふうになれるのかを説明できないのではないのでしょうか?

 

つまり社員にどうなってほしいのかが曖昧だと思うのです。

 

社員研修すらしていな会社に、残念ながら若者は見向きもしないのです。

 

どうやって、『社員を成長させるのか?』

 

その答えをもっていないといけないと思うのです。

 

 

 

キャプチャ

 

 

とうかい社会保険労務士事務所 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

彼氏に結婚願望があるかを確かめる質問と採用が下手な採用担当

2014.12.12

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今日は採用面接のやり方について苦言を呈します。

 

採用面接が下手な人事部の採用担当をどう思いますか?社長の会社の人事部の採用担当はしっかりと役割を果たしていますか?

採用面接が下手な人事部の採用担当は、例えるなら料理が下手な料理人のようなものです。

自社に入社した人材が、会社の求める人材でないと、ほとんどの経営者は、その人材の能力のせいにします。

 

でもちょっと待ってください。

 

自分の会社に責任はありませんか?と言いたいケースがあります。それは人事部の採用担当者が全然ダメなときです。

 

弊社は、採用面接のお手伝いをしていますが、一度採用を見せてもらえれば採用担当者のレベルがわかります。多くの経営者の方にブログを読んでいただいていますが、御社の採用はうまくいっていないか見極めるのは簡単です。

 

それは毎回決まった質問をしているか?そして、欲しい人材を見極める質問をしているか?

いきあたりばったりの質問をしたり、履歴書に書いてあることを掘り下げることがばかりしている採用担当をみかけます。また、質問の意図が全く分からない質問をしてるのをみかけます。

 

こんな質問だったら、採用担当の正社員でなくても、臨時のアルバイトでもできてしまいます。

 

彼氏に結婚願望があるかを確かめたいのに、『好きな旅行先はどこ?』って聞いているような。

質問の回答の先に、全く答えが見えない。

 

例えば臨機応変な人が欲しいと思えば「自分のキャッチコピーは何ですか?1分間で考えてください。」なんて質問をしたらどうでしょうか?

 

すこし臨機応変さが分かりませんか?

 

大切なのは自社がどんな人材がほしいかを明確にして、その人材像と質問と回答をつなげることです。

 

御社の採用担当者は大丈夫ですか?技術系の仕事、営業系の仕事、事務系の仕事は教育するのに、極端に人事系の仕事の教育にこだわっていないなんてことはありませんか?

 

そんな会社が多すぎる気がします。

 

面接

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

もしも自分の会社の社長が勉強をしていなかったら・・

2014.12.10

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

自分が転職をするとして、こんな会社は嫌だなと思う第1位は経営者が勉強していないことです。

 

なぜこんなことを思ったかというと、昨日、ある経営者の方が、倒産防止共済について話をしていました。倒産防止共済とは簡単にいうと取引先企業が倒産した場合、積み立てた掛金総額の10倍の範囲内(最高8,000万円)で回収困難な売掛債権等の額以内の共済金の「貸付け」が受けられる中小企業倒産防止共済法に基づいた共済制度です。

税金等のメリットもあると思います。

 

この制度を知っているかいないかはどうでも良い話です。別に経営者が必ず知っておくべきことでもありません。

しかしながら、たまたま知らなかったのか、知らなかったのかは大きいと思います。

 

経営者の方は簡単に分けると、次の2種類に分類されるように思います。

 

勉強している経営者と勉強していない経営者。

 

サラリーマンをしていたころ、社長=『すごい』でした。

 

サラリーマンを辞めて独立をして、『すごい人もいる』が正しいだと思いました。

 

多くの経営者に会いびっくりしたのが、毎日、新聞を読まない経営者や1年に1冊も本を読まない経営者がいることです。社長というと、すごいように思いますが実は50人に1人が社長です。しかも社長は、起業さえすれば誰でもなれるのです。

だから社長=『すごい人もいる』です。

 

いろんな会社で採用のお手伝いをさせていただいています。

アンケートにこんなことを書かれた社長がいました。

 

「社長が頼りなさすぎる。」

 

学生からこんな風に思われたら、おしまいです。

学生は就職することは、会社に命を預けることだと思っています。

勉強しない経営者に命を預けれるわけがありません。

 

勉強しない経営者は、これからさらに人材不足に悩むのだと思います。

 

倒産

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

人材が確保できず会社が潰れる

2014.11.19

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

今日は厳しいことを書いてしまいます。

ある勉強会にいったら、中小企業の経営者で突然こんなことを言いだした方がいました。新聞や本を読んで勉強しているのでしょうか?

 

社長「最近、人を募集しても全然来ない。」

私「以前とやり方を変えて募集しましたか?」

社長「そんな必要あるの?」

 

実話です。この会話をしたら経営者失格です。

 

2030年に就労人口は女性の社会進出、高齢者の定年引上げ等が実現されなければ、800万人の就労人口が減ると言われています。

そのことにずっと危機感を感じていた大企業が今年になって、業績の回復を受けて、今まで経営課題としてきた将来の人員の確保に動いたのです。そして中小企業の採用市場から人材がいなくなったのです。

 

人事のお手伝いをしてきて、今から本気で考えないといけないことは採用力をいかにつけるかです。一時的に人材が確保できないと思っている経営者が多くいますが、これは間違いです。これから常に付きまとう経営課題です。人がいなくて事業が続けられない。そんなことはあってはならないのです。でもそれは確実に起こり始めているのです。

 

キャプチャ

 

会社がやるべきことは、つまること2つの選択肢しか残っていないのです。

 

人を採用する力をつけるか、

 

人を雇わないビジネスをするか。

 

ちなみに2060年、女性や高齢者の労働参加が全く進まない最も悲観シナリオの場合、労働力人口は3,795万人と今より42%減少するそうです。

 

社長!! 本気で採用、人材確保について考えないといけない時代が来ていますよ。

 

人口

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成なら、とうかい社会保険労務士事務所

 

岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)なら、東海給与計算センター

クラスで一番かわいい子に告白しない理由

2014.11.10

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

クラスで一番かわいい女の子に彼氏がいない。

images

自分はどうするのか?

その状況下で他の男はどうするのか・・?

ほとんどその場合、誰もチャレンジしない。

 

これには理由がある。

男は傷つきやすい。プライドを守りたい動物なのです。

付き合えそうなランク外の女子に告白する。

 

結果どうなるか・・?

たいしてランキングの高くない女の子が、あのクラスで一番かわいい子よりも自分が選ばれたと思い、自信をつける。

そして綺麗になっていく。

 

採用も同じことが言える。

昨年のことですが、支援先の会社で100人を超えるエントリーから上位5人を選んだが、結局4人に断られてしまった。

 

やはり、だれからも良いと言われるクラスの上位のかわいい子は、ほっといても彼氏ができるのである。

 

だから会社は敢えて、少しだけ上位からランクを落として採用をする。一緒に集団面接をして、あの人でも落ちたのに、自分は採用された。

そうやってランク外の人材が自信をつける。そして綺麗になっていく。

 

何が言いたいかと言うと、いかに採用した人に多くの中からあなたを選んだと思わせることができるかが大切だということです。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

こんな人とは絶対にお見合いしない

2014.10.08

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

先日のお見合いの話が大変好評だったので、もう少しこの話を広げていきたいと思います。

 

 

実はまとめて書いているので好評であったかもわかりませんが、たぶん好評だったということで(笑)

 

 

お見合いは採用だと思うのです。

 

 

反対でした。採用はお見合いのようなものです。

 

 

だからこそ採用で使う履歴書の写真、これも結構大切だと思います。

 

 

わたしは採用の場において、履歴書の写真をどこで撮ってきたか、それに結構こだわっています。

 

 

テレビドラマでこんな場面を見たことありませんか?

 

 

かわいい娘が親に内緒で、不良の彼氏と付き合っていている。

 

 

親は娘には彼氏がいないと思っていてお見合いをすすめるが、娘はそれに絶対に応じない。

 

 

写真を見せられても断わってしまう。

 

 

こんなドラマを見たことがないだろうか?

 

 

でも、その写真が嵐の松本潤のようないい男だったら本当に断るのだろうか?

 

 

お見合いしてしまうのではないだろうか。

 

 

不良の彼氏に内緒で・・

 

 

話を戻します。

 

 

履歴書の写真を写真屋でプロの撮ってもらいますか?

 

 

それともコンビニの前とかにおいてある機械で撮りますか?

 

 

お見合い写真を、コンビニの前とかにおいてある機械で撮りますか?

 

 

その点、新卒採用に望む大学生はしっかりとしていると思います。

 

 

就活 証明写真 と検索すると様々なサイトが出てきますが、しっかりと髪型を決めて、メイクをして(最近は男性でも)写真を撮ります。

 

 

受ける業種ごとに写真を変えたりします。ほとんどの学生が1枚の写真に少なくとも5,000円以上はかけています。

 

 

それは、やはり人は見た目で人を判断するからです。

 

 

これはかっこいいとか美人とか、かわいいとかそういったことではありません。

 

 

写真を見て、清潔感や爽やかさを感じるだけで仕事が早そうな感じがするし、表情が明るければ一緒の職場で働きたいと思うのです。

 

 

だから、履歴書の写真はとても大切なのです。機械ではなく、こだわってプロに撮ってもらう必要があるのです。

 

 

そこにこだわりがなければお見合いは始まらないのです。

 

 

そんな人とは絶対にお見合いはしないのです。

 

 

そして、そのこだわりがあるかないかも、仕事へのこだわりがあるかないかに比例しているように思うのです。

 

 

そんなことを思うのです。

 

 

 

プロの手にかかるとこんなに違うらしいです。↓↓

 

キャプチャ

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お見合いをする話

2014.10.06

カテゴリ: 人事【採用】

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

突然ですがお見合いします。

 

 

現在、お相手を募集しています。

 

 

書類選考をしてから、面接をするのですが・・・

 

 

すいません・・

 

 

採用選考の話です。

 

 

採用面接はお見合いのようなものだと思うのです。

 

 

履歴書は、お見合い写真とプロフィールなのです。

 

 

 

まったく会う気になれない。

 

 

そんなプロフィールがある。

 

 

 

プロフィールである履歴書をわたしはこんなところを見ています。

 

 

写真とか内容よりも、まず、字を丁寧に書いているかです。

 

 

字が綺麗である必要はないのです。

 

 

丁寧であればいいのです。

 

 

それは結婚に対する本気度が分かるからです。

 

 

修正テープで消してあったり、間違えた文字を不自然に訂正してあったり、自己ピーアールの欄は1行。

 

そんなプロフィールからは、まったく相手の本気度が感じられないし、こっちも結婚したいと思えないのです。

 

 

顔写真やプロフィールの内容を読む前に、そんなプロフィールであったならもう結婚できないと思えてしまうのです。

 

 

結婚は離婚が許されるのに、労働法の採用では離婚は許されない。

 

 

結婚の反対は離婚ですが、採用の反対は解雇ではなく、不当解雇の裁判なのです。

 

 

だからこそ、いい加減な相手は選べないのです。

 

 

能力よりもまず先に、お互いが本気である必要があると思うのです。

 

 

もしかしたら、本気の人しか登録できないように、結婚紹介所が有料であるように、ハローワークも有料であるべきかもしれません。

 

 

お見合いをします。

 

 

採用の話です。

 

キャプチャ

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (11)
  • 経営 (43)
  • 相続 (3)
  • 日常 (15)
  • 旅行 (16)
  • 労務 (4)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (31)
  • 人事 (64)
  • セミナー案内 (7)
  • セミナー (42)
  • その他 (67)
  • カレンダー

    2018年2月
    « 1月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728  

    月別

  • 2018年2月 (2)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続