ホーム  >  ブログ一覧  >  その他一覧

今年もありがとうございました。

2014.12.31

カテゴリ: その他

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

今年も残すところ1日となりました。

創業して3年、本当に多くの方に支えらえて今の自分があると感じています。

前回のブログに書かせていただきましたが、来年から『社会保険労務士法人とうかい』という名前で個人事業から法人へと変更してスタートします。

 

会社を成長させて、お客様の経営に貢献したいと思います。

よろしくお願いします。

 

話は変わりますが来年から少しブログも変えたいと思います。

ブログですが、1日100人近くの人に見ていただいていて本当に感謝しています。

 

今までどちらかと言えば個人的にやっていたものを会社としてやっていきたいと思い、人事コンサルタントの石黒と2人でブログをやって行くことにしました。

 

すこしこの場で紹介します。

 

 

木曜日 人事コンサルタント 石黒充顕 1月8日木曜日スタート

元大手コンビニの本部社員。仕事がら何千もの人材を見てきました。採用、社員教育、評価制度等の人事のコンサルタントをしていて、特に評価制度の独自のノウハウには定評があります。

 

石黒

 

 

わたくしは、火曜日と金曜日を担当します。1月2日金曜日からスタートします。

引き続きよろしくお願いします。

 

久野

 

こんな感じでいろいろ変えていきたいと思います。

来年もよろしくお願いします。

 

この1年間ありがとうございました。

 

よいお年を

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

社会保険労務士法人 とうかい 設立

2014.12.29

カテゴリ: その他

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今年も残りわずかになりました。

多くの方にご支援をいただき、ここまでやってこれました。

本当にありがとうございます。

 

弊社ですが来年から個人事業を終了し、新たに法人を設立することになりました。

 

会社名を個人事業『とうかい社会保険労務士事務所』から

法人化して社名を『社会保険労務士法人 とうかい』に変更します。

 

SMCグループの曽根先生にアドバイスをいただき法人にすることを決めて、オリベ司法書士事務所の水野さんに法人登記をしてもらいました。

 

現在岐阜県で社会保険労務士事務所の数は、約300です。法人でやっているのはわずか12社です。

 

そもそも社会保険士事務所というのは個人でやっているのがほとんどです。法人化をするといった時に多くの方から、なんかお金のメリットがあるのかと言われました。

正直、そんなのはどっちでも良いと思っています。

 

サラリーマンを辞めた時から絶対に会社にしたいと思っていました。

本気で経営をしている経営者の方がお客様なのに、自分が死んでしまったら終わってしまう個人事業から本気度を感じてもらうのが難しいとずっと思っていました。

 

自分が死んだら終わってしまうような組織は組織とは言えないのです。だから法人化は、自分が死んでも続く組織を作ることを決めることでもあるのです。

 

振り返れば、この仕事を始めた時にまず久野社会保険労務士事務所のような個人の名前は絶対にやめようと思っていました。

個人名が社名に入ってて、いかにも家業ですという名前の会社に自分だったら絶対に就職したくないからです。そんなところで社員に頑張れというのが無理だと思うのです。トヨタ(豊田)なら別ですが、基本的に個人名が社名に入った小さな会社では人は燃えないと思うのです。

でも正直、開業当初は少し恥ずかしかったです。1人なのにとうかい社会保険労務士事務所ですから(笑)

 

法人化して、何かが変わるわけではありませんが、自分が死んでも続く会社組織を作りたい、そして組織の一員としての社員が会社を通じて幸せになれる会社にしたいと思います。

 

これまでにご支援をいただいた方に本当に感謝しています。

来年もよろしくお願いします。

images

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

知的ハードワーキング

2014.12.19

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今日はわたくしの仕事観を少しお話します。

普段こんなことを思っています。

 

仕事で大切なことの1つに「知的ハードワーキング」があると思っています。

弊社の行動指針にも「知的ハードワーキング」をかかげています。

 

知的ハードワーキングとは、とにかく長時間働くとかそういったことではなくて、与えられた仕事をこなす以外の時間を作って、どうやったらもっとできるようになるか、どうやったらもっと良い結果が出せるのかを真剣に考えることです。

 

「休みなく働く」ことを美徳のように思っているように聞こえるかもしれませんがそんなことを言っているのではありません。人と同じことを人より長時間やることに全く意味がないと思っています。人よりも短い時間で強烈な成果を出したり、成果を維持するには、何かを「劇的に変える」ことが必要になると思うからです。

 

その「仕事のやり方を劇的に変える方法」を見つけながら、人の倍働く人材が大きな成果をあげると思っています。

 

残念ながら今の日本で、昨日と同じ仕事をしていて給料が増える時代は終わってしまいました。

人口が減少し、高齢化し、経済成長率がきわめてゼロに近い国家の宿命だと思うのです。

その中で自分の給与を増やそうと思ったら、人よりも考えて、人と違うやり方で、人より成果を出すしかないのです。

 

だから「知的ハードワーキング」が大切だと思うんです。

 

 

無題

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

とうかい社会保険労務士事務所 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

オーリンク社労士事務所に見学に行きました。

2014.12.17

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

12月9日火曜日に、弊社社員の石黒と千葉県船橋市のオーリンク社労士事務所に見学に行きました。

 

以前に『計画で負けて、執念で負ける。今日から再スタート!』という題でブログを書きましたが、創業が同じくらいなのに何が違うんだろうと思い小田切先生にお願いして事務所の見学に行かせてもらいました。

 

わたくしは小田切先生にお会いするのは初めてです。

 

弊社社員の石黒が以前挨拶した時に『小田切先生は美人だ、美人だ』と言っていましたが、実際お会いして本当だと思いました。

 

半日かけて、小田切先生に創業のことから、現在に至るまでのお話と仕事で意識していることを教えてもらいました。

 

正直、すごいなと思いました。

 

いろいろ学ぶことがありましたが、一番インパクトを受けたことは、組織化としくみ化です。小田切先生の会社は、基本的に小田切先生がいなくても回るように組織作りをしています。

つまり、社員が自ら考えて、お客さんを開拓し、お客さんにありがとうをもらってきます。

 

簡単にいうと、わたしの場合は、社員に『○○にダイレクトメールを出せ』という命令で動く、典型的なワンマン経営の組織だとすると、小田切先生の組織は、社員にまずダイレクトメールの出し方のルールと考え方、押さえておくべきポイント、成功例等を徹底的に教え込んで、何度も経験させていて、小田切先生が『ダイレクトメールを出すよ』というと、社員は、こうこうこういう理由で今回は○○の内容で○○地区の○○の業種に○○部にダイレクトメールを出しますがよろしいですか?というしくみを持った組織です。

 

まさに組織なのです。

 

本質的には、小田切先生の従業員に対する優しさがこういった組織運営を実現させていると思いますし、訪問する前から、すごい組織作りをしていると聞いていたので、実はどんな機械的な人かと思ったら、とても癒される人柄でした。
組織を作るのに大切なのはやはり経営者の思いなのだと感じました。

小田切先生は、起業してからすぐにこうゆう組織にしようと考えてやってきたそうで、当然わたくしと差がつくはずです。

 

でも、正直、起業した時は、食うことに必死でそんなことを考える余裕はありませんでした。3年経って、組織を大きくしようと思う今だから小田切先生のすごさに気づけたような気がします。

 

ここでそのことに気づけたのも運命だと思います。

 

小田切先生の負けない組織を作ろうと思います。

 

惜しみなくノウハウを公開してくれたこと、また時間を割いていただいた小田切先生に本当に感謝です。

 

キャプチャ

 

とうかい社会保険労務士事務所 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

やらないことを決める 大学の体育会テニス部での戦略

2014.12.05

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

『やらないこを決める』ということは、実はスポーツでも大切です。

わたしの経験を話します。大学の体育会でテニス部に所属をしていました。

大学のテニスの試合は、個人戦は全員試合に出れます。ただ個人のランキングが低いと最悪です。いきなり強豪大学のシードに当たるのです。

1年の夏、同じ1年の強豪大学のシード選手とやりました。今でも覚えていますが、2ポイントしか取れなかったと思います。

しかも、2ポイントとも相手のミスです。もはやトラウマです(笑)

でも、その時同時に4年の間に、こいつに勝とうと思いました。

 

そこで私は、4年間、こんなふうにテニスに打ち込もうと思いました。

テニスのショットは、大きく分けるとサーブ、フォアハンドストローク、バックハンドストローク、ボレーの4種類のショットに分かれます。そこで、ボレーは完全に捨てました。フォアとサーブはそこそこに。そして、大半の時間をバックハンドストロークの練習に時間をかけると決めました。

練習時間のほとんどをバックハンドストロークに費やすことで、かなり上達しました。バックハンドだけは他の選手に負けないようにすることにこだわりました。

テニスでバックハンドが苦手な人が多いので、相手より優位に立てます。

どれもバランス良くやっていたら、きっとあまり勝てなかったと思います。

 

最終的に、こてんぱんにやられた相手よりも良い戦績をあげることができました。

 

『やらないことを決める』

 

スポーツだとよく分かるのですが、案外ビジネスだと難しいです。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

やらないこと決める

2014.12.01

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

経営は「やらないことを決める」こと。仕事も「やらないことを決める」ことと、ある方に教えてもらったことがあります。でも実際に自分は全くそれができていないように思います。

 

だから来年は、「やらないことを決める」を実践します。

 

 

例えば、仕事でこの書類をコピーしといてと言われて、ただ印刷するだけなのか、

 

あるいはその先のことを考えて、何に使うのか?誰に渡すのか?までを視野に入れて部下にお願いしたり、部下がそれを確認して聞いてきたりする、

 

そこが『仕事が出来る人』と『仕事が出来ない人』との決定的な差なのだと思います。

 

『仕事が出来る人』ほど、新しい仕事が頭の中で生み出されていくのです。

つまり仕事のできる人の仕事は無制限にあるのだと思います。ただのコピーがコピーで終わらないのだと思います。

 

簡単にいうと、『やるべきこと』は限られていても、『やった方がいい事』は無限にあるということです。

 

三流経営者、三流社員の場合、ほとんどの人は『やった方がいい事に』手を付けようとしません。

 

その言い分は『時間がないから、今の仕事で手一杯』です。

 

人から依頼された『やるべき事』、普段やっている日常業務だけで一日が終わってしまいます。やった方がいい事は分かっているが手が回らないのです。

『今の仕事が手一杯で。』と言ったら、これ以上、会社の利益はあがりませんし、思考が停止しています。

 

そんな経営者の会社は将来間違いな倒産します。

 

つまるところ、『できる経営者』『できる社員』になるには、依頼されていない仕事、日常業務以外の仕事をやるしかないのです。

 

しかし、仕事は無限にあります。そして全ての仕事をこなす事は出来ません。

 

本当に大切なのは仕事の時間を増やす事ではなく、成果を上げるためにやった方がいい事。常にそれを考えることです。やった方がいい事はいくらでも出て来ます。そしてその中から『やらない事』を決めることなのです。

 

より大きな成果を上げるために、誰かに言われた仕事をこなすのではなく、誰かに依頼された目的のために自ら仕事を選ぶのです。

 

やらないことを決めることをしないと、会社も未来も大きく変わらないように思います。

 

自分への戒めです。来年のテーマです。

 

images05RVRTD8

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

PAL決算報告会

2014.11.28

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

11月20日木曜日にPALの決算報告会がありました。

 

ブログには何回も登場していますが、PAL研究会は士業が中心となった団体です。

中小企業の経営者や社員の方を対象に、毎月2回の朝食会(第1金曜日と第3金曜日の6時30分から)と年間3回を目安にオープンセミナーをやっています。

今年は参議員の藤巻健史さんや株式会社ICOコンサルティングの井上和弘さんに来てもらったりと充実の1年でした。

 

私はこのPALのセミナーにサラリーマン時代から通っています。独立をするきっかけをもらったり、ここで学んだことが今の経営に本当に活きていると思います。

 

PALの決算報告会といっても、早々に切り上げて、メインは飲み会です。

 

PALのメンバーの良いところは誰一人マイナスなことは言わない、そして勉強好きなところです。このメンバーの一員でいるだけで、「自分もできる」と思えるのです。

 

また、PALには医師、弁護士、会計士をはじめ様々な専門家がいます。専門家というと簡単ですが、PALの専門家は違います。それは、自分の専門分野以外も強烈に詳しいことです。資産運用、税務、労務に詳しい医師や、税務、不動産に詳しい弁護士、経営、民法、不動産に詳しい会計士等がいます。

 

多くの専門家は自分の周辺のことしか知りません。でもそれでは顧客にとってベストなアドバイスはできないと思うのです。

専門家を選ぶ基準は、勉強しているかどうかです。本業の勉強をするのは当然です。どれだけ本業以外の知識を持っているかです。

 

例えば、社会保険労務士を選ぶとしたら、本業の知識のレベルで選んではいけません。実は対して差はありません。本当に大切なのは、その知識を経営に結び付ける力があるかです。経営の勉強をしている社会保険労務士に頼むべきです。

 

飲み会はいつも通り大盛り上がりです。最終的に何を話したか覚えてませんが、素晴らしい時間だったことは間違いなかったと思います。

 

IMG_1425

 

左上から弁護士の水野さん、司法書士の水野さん、わたし、オネスト保険の小栗社長、税理士の西川さん

左中段からクオリアグローバルマネジメントの渡邉社長、マルイ不動産の小原社長、中小企業診断士の林社長、アイソーシャルの中川社長

左下段からヤママスの加藤社長、医師の長谷川先生、公認会計士の曽根先生、県会議員の髙木さんです。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

日本一幸せな従業員をつくる!

2014.11.17

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

11月9日に映画「日本一幸せな従業員をつくる!」と柴田秋雄さんの講演にいきました。
4期連続の赤字だった名古屋のアソシアホテルを新しく就任した総支配人柴田秋雄さんが 黒字に転換させただけでなく10期連続で増益、そして名古屋ナンバーワンの稼働率のホテルにしたドキュメンタリー映画です。

 

日本一幸せな会社を作る

 

アソシアホテルは名古屋の再開発で取り壊しになり、今はありませんが、その最後の10日間のドキュメンタリー映画です。

とても感動しました。泣けそうにないタイトルの映画ですが本当に泣けました。

柴田さんは、映画でも講演でも一貫して、 「お客さんよりもまず従業員を大事にする」「従業員一人一人と向き合う」ということが大切だといっています。

柴田さんから学んだことは「従業員と本気で付き合う」ではないかと思いました。

 

こういったエピソードがいくつもあります。アソシアの取り壊しにあたりすべての従業員の再就職先を一緒に探したそうです。しかもパートの方も含めてです。そして全員が再就職しました。 柴田さんは、過去、リストラを余儀なくされた際も同様に全員の再就職先を探したそうです。

従業員と本気で付き合っていないとそんなことはできません。

また柴田さんは、自分の育てた従業員はどこの会社でも働けるという自信があります。それは本気で、従業員を教育し育てて来たからです。

ホテルアソシアの従業員は、「私たちは日本一幸せな従業員です」と言っていました。

経営者として、従業員からそんな言葉をもらえたとしたら、最高だと思います。

 

私なりに感じたことは、日本一幸せな従業員を作る会社は、本気で従業員を教育をする会社だと思います。

親が自分の子を育てるように、会社や経営者が社員を育てる、そんな会社だと感じました。

従業員が1人で生きていけるように本気で育てる。

そんな会社にしたいと思いました。

セミナー

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成ならとうかい社会保険労務士事務所

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)なら東海給与計算センター

社員旅行に参加させてもらいました。

2014.11.05

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

10月23日木曜日、24日金曜日に日頃お世話になっている株式会社SMCグループさんの社員旅行に参加させていただきました。

 

昨年に続き2回目です。昨年はバスレクで弊社の商品の「適性検査を使った組織診断」の解説をするという趣旨で読んでもらいましたが今回は理由なく参加させてもらいました。

 

unnamed

 

行先は初日が河口湖周辺のグループ行動と世界遺産の忍野八海、2日目が白州の工場見学と諏訪神社です。

IMG_0234

unnamedq

 

初日は、私はのんびり遊覧コースになりました。正直、富士急ハイランドに行くコースでなくて本当に良かったです。絶叫マシーンが大の苦手です。

 

のんびり遊覧チームのメンバーIMG_1335

初日はあいにくの雨で、富士山が見えませんでしたが、メンバーに恵まれてすごく楽しい旅行になりました。やはり旅行は、誰と行くかが最も大切です。

 

SMCさんの研修旅行はいつも大変勉強になります。

大きな特徴は4つあるように思います。

 

1つ目に、社員が日程、バスレク、宴会等のすべてを計画して、実行します。パンフレット等も作ります。旅行の段取りを通じて社員が育つ、そんなしくみに感じます。旅行会社に丸投げの会社が多いと思いますがそれだとどうしても受け身になってしまいます。今回の旅行の担当の榎木さん、小鹿さん、新藤さんの頑張りのおかげで非常に旅行が盛り上がったと感じました。

 

パンフレット

 

2つ目に、旅費の積み立ては行わず、全額会社負担というところです。社員旅行と言うと給与から毎月定額積立をするイメージですが、そうではなく全額会社負担です。自分が社員だったらそのほうが嬉しいと思います。

 

3つ目に、土日等を使わず平日に行くことです。そうすることで、パートの方も参加できます。

 

そして、4つ目はとにかく飲み会が盛り上がります。みんなでレクレーションをやって大騒ぎです。追い出されるのではないかと思うくらい盛り上がります。この盛り上がりが会社の一体感を高め、社員に帰属意識やモチベーションを高めるような気がしました。

IMG_1338 IMG_1337

株式会社SMCグループの皆様、社員旅行に参加させていただき本当にありがとうございました。素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

計画で負けて、執念で負ける。今日から再スタート!

2014.10.20

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

今日は少しまじめな話をしたいと思います。例によって長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

 

 

平成23年の10月30日に会社を辞めて、2日後の11月1日に独立をしました。

 

もうすぐ3年です。

 

本当に多くの方に支えられて今の自分があるなと感じております。

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

話は変わります。

 

 

この3年間、社会保険労務士事務所というビジネスにおいて自分の経営者としての成果はどうだったのだろうか?

 

 

こんなことを考えてしまいます。

 

 

半年ほど前から、船井総研の勉強会に通っていて、11月のテーマはこんな勉強会です。

 

seminar_20141126[1]

 

3年で、社員10人。

 

 

うちの事務所の約2倍です。

 

 

まったく同じ時期にはじめて、2倍の結果の差がついてしまった。

 

 

この3年間、何をやってたんだろうと思うのと同時に、そのことを真摯に受け止めて、受け入れて、いろいろ教えてもらい学んで追いついて追い越そうという意欲がみなぎってきました。

 

 

ではこの3年間、

 

 

ほぼ同時期に、同じ業種のビジネスを始めたのですが

 

 

いったいどこに差があったのでしょうか?

 

 

残念ながら、経営者としての能力の差だと思います。

 

 

では、さらに掘り下げるとどうでしょうか?

 

 

マーケティングとか、プロダクションとか様々な要素にいろんな差があると思いますが、特に「心」に大きな差があったように思います。

 

 

さらに細かくいえば計画の差です。

 

 

そもそも私の場合は、今年の社員数の目標を6人で設定していました。

 

 

その時点で、オーリンク社労士事務所の小田切先生のように10人になることはないのです。

 

 

「甲子園で優勝する計画を立てたチーム」と「甲子園に出場する計画を立てたチーム」

 

 

その結果は

 

 

「甲子園で優勝する計画を立てたチーム」は甲子園に高い確率で出場し

 

 

「甲子園に出場する計画を立てたチーム」は高い確率で甲子園には出れないように・・・

 

 

つまりゴールの差が、計画の差を生み

 

 

計画の差が、戦略の差を生み

 

 

戦略の差が、戦術の差を生んでしまう。

 

 

戦術の差が、日々の行動の差になり、意識の差になってしまう。

 

 

計画の時点で既に大敗しているのです。

 

 

だから、3年前の時点で負けることが決まっていたのです。

 

 

また、計画を立てて、それを執念で達成する。

 

 

その執念も負けていたように思います。

 

 

計画も負けて、その計画を達成する執念で負ける。

 

 

それを完敗というのかもしれない。

 

 

 

しかし、ビジネスは、高校野球のように3年で勝負ではありません。

 

 

そのことを受け入れて、自分が変わるしかないと思います。

 

 

誰もが計画性大切さ話してくれて、それを分かっているつもりでしたが、今、そのことに改めて気づけて運が良いのだと思います。

 

 

今日から再スタート。そんなふうに思いました。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (33)
  • その他 (56)
  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続