ホーム  >  ブログ一覧  >  その他一覧

やらないこと決める

2014.12.01

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

経営は「やらないことを決める」こと。仕事も「やらないことを決める」ことと、ある方に教えてもらったことがあります。でも実際に自分は全くそれができていないように思います。

 

だから来年は、「やらないことを決める」を実践します。

 

 

例えば、仕事でこの書類をコピーしといてと言われて、ただ印刷するだけなのか、

 

あるいはその先のことを考えて、何に使うのか?誰に渡すのか?までを視野に入れて部下にお願いしたり、部下がそれを確認して聞いてきたりする、

 

そこが『仕事が出来る人』と『仕事が出来ない人』との決定的な差なのだと思います。

 

『仕事が出来る人』ほど、新しい仕事が頭の中で生み出されていくのです。

つまり仕事のできる人の仕事は無制限にあるのだと思います。ただのコピーがコピーで終わらないのだと思います。

 

簡単にいうと、『やるべきこと』は限られていても、『やった方がいい事』は無限にあるということです。

 

三流経営者、三流社員の場合、ほとんどの人は『やった方がいい事に』手を付けようとしません。

 

その言い分は『時間がないから、今の仕事で手一杯』です。

 

人から依頼された『やるべき事』、普段やっている日常業務だけで一日が終わってしまいます。やった方がいい事は分かっているが手が回らないのです。

『今の仕事が手一杯で。』と言ったら、これ以上、会社の利益はあがりませんし、思考が停止しています。

 

そんな経営者の会社は将来間違いな倒産します。

 

つまるところ、『できる経営者』『できる社員』になるには、依頼されていない仕事、日常業務以外の仕事をやるしかないのです。

 

しかし、仕事は無限にあります。そして全ての仕事をこなす事は出来ません。

 

本当に大切なのは仕事の時間を増やす事ではなく、成果を上げるためにやった方がいい事。常にそれを考えることです。やった方がいい事はいくらでも出て来ます。そしてその中から『やらない事』を決めることなのです。

 

より大きな成果を上げるために、誰かに言われた仕事をこなすのではなく、誰かに依頼された目的のために自ら仕事を選ぶのです。

 

やらないことを決めることをしないと、会社も未来も大きく変わらないように思います。

 

自分への戒めです。来年のテーマです。

 

images05RVRTD8

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

PAL決算報告会

2014.11.28

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

11月20日木曜日にPALの決算報告会がありました。

 

ブログには何回も登場していますが、PAL研究会は士業が中心となった団体です。

中小企業の経営者や社員の方を対象に、毎月2回の朝食会(第1金曜日と第3金曜日の6時30分から)と年間3回を目安にオープンセミナーをやっています。

今年は参議員の藤巻健史さんや株式会社ICOコンサルティングの井上和弘さんに来てもらったりと充実の1年でした。

 

私はこのPALのセミナーにサラリーマン時代から通っています。独立をするきっかけをもらったり、ここで学んだことが今の経営に本当に活きていると思います。

 

PALの決算報告会といっても、早々に切り上げて、メインは飲み会です。

 

PALのメンバーの良いところは誰一人マイナスなことは言わない、そして勉強好きなところです。このメンバーの一員でいるだけで、「自分もできる」と思えるのです。

 

また、PALには医師、弁護士、会計士をはじめ様々な専門家がいます。専門家というと簡単ですが、PALの専門家は違います。それは、自分の専門分野以外も強烈に詳しいことです。資産運用、税務、労務に詳しい医師や、税務、不動産に詳しい弁護士、経営、民法、不動産に詳しい会計士等がいます。

 

多くの専門家は自分の周辺のことしか知りません。でもそれでは顧客にとってベストなアドバイスはできないと思うのです。

専門家を選ぶ基準は、勉強しているかどうかです。本業の勉強をするのは当然です。どれだけ本業以外の知識を持っているかです。

 

例えば、社会保険労務士を選ぶとしたら、本業の知識のレベルで選んではいけません。実は対して差はありません。本当に大切なのは、その知識を経営に結び付ける力があるかです。経営の勉強をしている社会保険労務士に頼むべきです。

 

飲み会はいつも通り大盛り上がりです。最終的に何を話したか覚えてませんが、素晴らしい時間だったことは間違いなかったと思います。

 

IMG_1425

 

左上から弁護士の水野さん、司法書士の水野さん、わたし、オネスト保険の小栗社長、税理士の西川さん

左中段からクオリアグローバルマネジメントの渡邉社長、マルイ不動産の小原社長、中小企業診断士の林社長、アイソーシャルの中川社長

左下段からヤママスの加藤社長、医師の長谷川先生、公認会計士の曽根先生、県会議員の髙木さんです。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

日本一幸せな従業員をつくる!

2014.11.17

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

11月9日に映画「日本一幸せな従業員をつくる!」と柴田秋雄さんの講演にいきました。
4期連続の赤字だった名古屋のアソシアホテルを新しく就任した総支配人柴田秋雄さんが 黒字に転換させただけでなく10期連続で増益、そして名古屋ナンバーワンの稼働率のホテルにしたドキュメンタリー映画です。

 

日本一幸せな会社を作る

 

アソシアホテルは名古屋の再開発で取り壊しになり、今はありませんが、その最後の10日間のドキュメンタリー映画です。

とても感動しました。泣けそうにないタイトルの映画ですが本当に泣けました。

柴田さんは、映画でも講演でも一貫して、 「お客さんよりもまず従業員を大事にする」「従業員一人一人と向き合う」ということが大切だといっています。

柴田さんから学んだことは「従業員と本気で付き合う」ではないかと思いました。

 

こういったエピソードがいくつもあります。アソシアの取り壊しにあたりすべての従業員の再就職先を一緒に探したそうです。しかもパートの方も含めてです。そして全員が再就職しました。 柴田さんは、過去、リストラを余儀なくされた際も同様に全員の再就職先を探したそうです。

従業員と本気で付き合っていないとそんなことはできません。

また柴田さんは、自分の育てた従業員はどこの会社でも働けるという自信があります。それは本気で、従業員を教育し育てて来たからです。

ホテルアソシアの従業員は、「私たちは日本一幸せな従業員です」と言っていました。

経営者として、従業員からそんな言葉をもらえたとしたら、最高だと思います。

 

私なりに感じたことは、日本一幸せな従業員を作る会社は、本気で従業員を教育をする会社だと思います。

親が自分の子を育てるように、会社や経営者が社員を育てる、そんな会社だと感じました。

従業員が1人で生きていけるように本気で育てる。

そんな会社にしたいと思いました。

セミナー

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

とうかい社会保険労務士事務所 社員研修、社員教育、人事・労務相談、就業規則作成ならとうかい社会保険労務士事務所

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)なら東海給与計算センター

社員旅行に参加させてもらいました。

2014.11.05

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

10月23日木曜日、24日金曜日に日頃お世話になっている株式会社SMCグループさんの社員旅行に参加させていただきました。

 

昨年に続き2回目です。昨年はバスレクで弊社の商品の「適性検査を使った組織診断」の解説をするという趣旨で読んでもらいましたが今回は理由なく参加させてもらいました。

 

unnamed

 

行先は初日が河口湖周辺のグループ行動と世界遺産の忍野八海、2日目が白州の工場見学と諏訪神社です。

IMG_0234

unnamedq

 

初日は、私はのんびり遊覧コースになりました。正直、富士急ハイランドに行くコースでなくて本当に良かったです。絶叫マシーンが大の苦手です。

 

のんびり遊覧チームのメンバーIMG_1335

初日はあいにくの雨で、富士山が見えませんでしたが、メンバーに恵まれてすごく楽しい旅行になりました。やはり旅行は、誰と行くかが最も大切です。

 

SMCさんの研修旅行はいつも大変勉強になります。

大きな特徴は4つあるように思います。

 

1つ目に、社員が日程、バスレク、宴会等のすべてを計画して、実行します。パンフレット等も作ります。旅行の段取りを通じて社員が育つ、そんなしくみに感じます。旅行会社に丸投げの会社が多いと思いますがそれだとどうしても受け身になってしまいます。今回の旅行の担当の榎木さん、小鹿さん、新藤さんの頑張りのおかげで非常に旅行が盛り上がったと感じました。

 

パンフレット

 

2つ目に、旅費の積み立ては行わず、全額会社負担というところです。社員旅行と言うと給与から毎月定額積立をするイメージですが、そうではなく全額会社負担です。自分が社員だったらそのほうが嬉しいと思います。

 

3つ目に、土日等を使わず平日に行くことです。そうすることで、パートの方も参加できます。

 

そして、4つ目はとにかく飲み会が盛り上がります。みんなでレクレーションをやって大騒ぎです。追い出されるのではないかと思うくらい盛り上がります。この盛り上がりが会社の一体感を高め、社員に帰属意識やモチベーションを高めるような気がしました。

IMG_1338 IMG_1337

株式会社SMCグループの皆様、社員旅行に参加させていただき本当にありがとうございました。素敵な時間を過ごさせていただきました。

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

計画で負けて、執念で負ける。今日から再スタート!

2014.10.20

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

今日は少しまじめな話をしたいと思います。例によって長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただければ嬉しいです。

 

 

平成23年の10月30日に会社を辞めて、2日後の11月1日に独立をしました。

 

もうすぐ3年です。

 

本当に多くの方に支えられて今の自分があるなと感じております。

 

 

本当にありがとうございます。

 

 

話は変わります。

 

 

この3年間、社会保険労務士事務所というビジネスにおいて自分の経営者としての成果はどうだったのだろうか?

 

 

こんなことを考えてしまいます。

 

 

半年ほど前から、船井総研の勉強会に通っていて、11月のテーマはこんな勉強会です。

 

seminar_20141126[1]

 

3年で、社員10人。

 

 

うちの事務所の約2倍です。

 

 

まったく同じ時期にはじめて、2倍の結果の差がついてしまった。

 

 

この3年間、何をやってたんだろうと思うのと同時に、そのことを真摯に受け止めて、受け入れて、いろいろ教えてもらい学んで追いついて追い越そうという意欲がみなぎってきました。

 

 

ではこの3年間、

 

 

ほぼ同時期に、同じ業種のビジネスを始めたのですが

 

 

いったいどこに差があったのでしょうか?

 

 

残念ながら、経営者としての能力の差だと思います。

 

 

では、さらに掘り下げるとどうでしょうか?

 

 

マーケティングとか、プロダクションとか様々な要素にいろんな差があると思いますが、特に「心」に大きな差があったように思います。

 

 

さらに細かくいえば計画の差です。

 

 

そもそも私の場合は、今年の社員数の目標を6人で設定していました。

 

 

その時点で、オーリンク社労士事務所の小田切先生のように10人になることはないのです。

 

 

「甲子園で優勝する計画を立てたチーム」と「甲子園に出場する計画を立てたチーム」

 

 

その結果は

 

 

「甲子園で優勝する計画を立てたチーム」は甲子園に高い確率で出場し

 

 

「甲子園に出場する計画を立てたチーム」は高い確率で甲子園には出れないように・・・

 

 

つまりゴールの差が、計画の差を生み

 

 

計画の差が、戦略の差を生み

 

 

戦略の差が、戦術の差を生んでしまう。

 

 

戦術の差が、日々の行動の差になり、意識の差になってしまう。

 

 

計画の時点で既に大敗しているのです。

 

 

だから、3年前の時点で負けることが決まっていたのです。

 

 

また、計画を立てて、それを執念で達成する。

 

 

その執念も負けていたように思います。

 

 

計画も負けて、その計画を達成する執念で負ける。

 

 

それを完敗というのかもしれない。

 

 

 

しかし、ビジネスは、高校野球のように3年で勝負ではありません。

 

 

そのことを受け入れて、自分が変わるしかないと思います。

 

 

誰もが計画性大切さ話してくれて、それを分かっているつもりでしたが、今、そのことに改めて気づけて運が良いのだと思います。

 

 

今日から再スタート。そんなふうに思いました。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

錦織圭がすごい

2014.09.24

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

錦織圭が全米オープンテニスで準優勝しました。

 

テニスファンにとって、最高の日でした。

 

テニスが流行る!!

 

日本のスポーツの文化を変えてしまうほどのインパクトがあったように思います。

 

準優勝で残念だという人もいますが、近い将来必ず世界一になると思うので楽しみです。

 

 

 

ところで話は変わりますが、

 

 

サッカーの日本代表なんかかが負けたりすると、とんでもなく批判めいた記事を書く人がいます。

 

たいしてサッカーがうまくない人が、あいつがダメだみたいな記事を書きます。

 

ネットなんかで見ると本当に気分が悪くなります。

 

思わずお前がダメだと言いたくなります。

 

同じ日本人が世界相手に戦っているのです。日本の代表として戦っているのです。

 

文句を言う前にまずは「ありがとう」だと思うのです。

 

日本代表のプレーに文句しか言えない人は、自分が代表になるしかないのです。

 

そして自分の力で勝ち上がるしかないのです。

 

オリンピックでも、ワールドカップでも、全米オープンテニスでも日本人が頑張る姿を見ることが自分の中の愛国心をものすごく刺激します。

 

日本人に生まれて本当に良かったです。

 

錦織選手の活躍を見て、日本人としての誇りを感じました。

 

本当に感動をありがとうございます!!

 

 

無題

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

記憶との戦い

2014.09.05

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

 

人間の脳はほとんど差がないそうです。

 

 

様々な場面でうまく行くかは、自分がうまく行くと心の底から思えるかどうかみたいです。

 

 

「自分がうまくいくと思える人」と「自分はうまくいかないと思う人」がいる。

 

 

「東大に入るのが難しいのではなくて、東大に入れると思うことが難しい」

 

 

「成功するのが難しいのではなく、成功できると思うことが難しい」

 

 

人は経験することによりいろいろなことができるようになります。

 

 

しかし、その反面、人は経験することによって出来ないことも増えていきます。

 

 

経験によって人はできるようになると同時に、失敗によって出来ないと思うきっかけを作り出していきます。

 

 

人間は痛い思いをすることによって次から危険なことをしなくなります。脳が学習することによって 似たような危険を回避するためです。

 

 

でもそれは自分自身の限りない可能性を狭めている最大の敵でもあるようです。

 

 

過去の失敗とこれから未来に起こることには関連性はない。

 

 

過去に失敗したからまた失敗するとは限らないし、 過去に上手くいったから今度も上手くいくとは限らない。

 

 

でも脳は、その防衛本能から、どうせまた失敗する。どうせうまく行かない。そんな危ないことは辞めておけといいます。

 

 

まだ何も経験していなかった頃の自分。 その時に持っていた無限の可能性。

 

 

それは経験によって、有限になり、どんどん減っていく。

 

 

でも本当は、過去に失敗したからまた失敗するとは限らないし、 過去に上手くいったから今度も上手くいくとは限らない。

 

 

仕事をしていると、いろいろなことにぶち当たります。

 

 

経営者であれば、経営のことに悩み、社員であれば、顧客からクレームを受けたり、仕事でミスをしたり、過去に失敗したからまた失敗するとは限らないし、 過去に上手くいったから今度も上手くいくとは限らない。

 

 

チャレンジするということは、過去との記憶と戦うことのように思います。

 

 

チャレンジするということは、記憶との戦いだと思う今日このごろです。

 

 

秋です。

 

 

images

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

ブリオーニがブリオーニであるために

2014.09.01

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

百貨店で働いていた時に、上司にこんなことで怒られたことがあります。

 

「売れない理由を考えることよりも、売れている理由を考えろ」

 

入社してすぐに配属されたのが紳士服でした。紳士服のフロアで一番の高級店はブリオーニというブランドです。

 

ブリオーニといえば007のジェームスボンドの愛用の紳士服、スーツが一着で500,000円くらいする超高級ブランドです。

 

お店は高級感があり、商品は高いし、店員もイケメンでクールな感じで、とにかく敷居が高すぎて入りづらいのです。

 

当然お客さんはお店に入ってこないですし、お店に入っても買いません。

 

 

当時のわたくしは、とにかく集客すれば売れると考えていたダメ社員でしたので、どうしてブリオーニのような高級ブランドがフロアにあるのかと上司に意見をしたことがあります。もっとお客さんが入るブランド増やしたほうが・・みたいなことを言いました。

 

そんな時にこんな風に叱られました。

 

 

「売れない理由を考えることよりも、売れている理由を考えろ」と

 

ブリオーニの前を通っても店に入らない人は1日200人近くいて、せいぜい店に入るのが10人、買うのが2,3人と言った感じです。

 

ここで重要なのが、なぜ200人が店に入らないか、10人が買わないのかではなく、3人が買った理由を考えろということです。

 

もしブリオーニが200人のうちの50人くらいを集客するために、お店を入りやすく、スーツの値段を下げたとすれば、確かに3人以上の人が買うかもしれませんが、もともと買っていた富裕層の2、3人の人は買わなくなります。

 

つまり、弱点に視点を置いたことにより、強みが見えなくなってしまうのです。

 

ブリオーニというブランドは、来てほしい顧客をしっかりと明確にし、そのお客さんに満足をしてもらうことにすべてを注いでいるのです。

 

ブリーニを置いている百貨店も同じです。ブリオーニがあることは集客のためではないのです。富裕層に対して「あなたのような富裕層に気に入ってもらえる物がありますよ」というメッセージなのです。

 

つまり、「うちの百貨店はあなたのような人に来てほしい、うちの強みは富裕層に対して、満足させる力がある」と言う強みのアピールなのです。

 

ブリオーニというブランドは「品質」「ブランドストーリー」「デザイン」と言った強みを徹底的に追及することで、お店に入りにくいというマイナス要素もプラスにしてしまいます。

 

「売れない理由を考えることよりも、売れている理由を考えろ」=「弱みではなく強みに焦点を当てろ!」

 

このことを最近ふと思い出しました。

 

経営において、強みに焦点をあてること、これが案外難しいのです。

 

どうしても弱みを克服することばかりに力を注いでしまう。(当然、弱点を克服をするのも大切ですが・・)

 

限られた時間を何に使うか・・・

 

人もまた同じように思います。自分の強みを伸ばすのか、弱点を克服するのか。

 

brioni-logo

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

あべのハルカス

2014.08.27

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

8月22日金曜日に、大阪の西九条で人事政策研究所の望月先生のコンサルティングを受けた後、天王寺のあべのハルカスにいきました。

 

地上300メートルの日本一の高層ビルです。

 

 

5-e1409180620966-224x300

 

あべのハルカスには、近鉄百貨店本店が入っていて、日本最大級の売場面積です。

 

大学卒業後、百貨店で働いていたので、やっぱりなんか気になります。

 

もちろん、見て回ってしまいます。過去の習慣は恐ろしいです。

 

感想ですが、確かに新しいので、ハード面は素敵だと思います。でも品ぞろえは他の大きな百貨店とそんなに変わりません。

 

最近の百貨店の売り上げは、大規模なターミナルにある百貨店が売上を伸ばすといった構造になっています。

 

駅に建物を建てて、いかに人を集めるか。

 

お金をかけて、いろいろな戦略を立てて、様々な仕掛けをするよりも、ターミナルに店舗を作ったほうが安定した集客が望めるのです。

 

でもどうしてこんなことになってしまったのでしょうか?

 

 

高齢化とか、そういったことを上げる人もいますが、僕は絶対に違うと思います。

 

 

百貨店てどこに入っても同じような商品で、どこも同じサービス、同じような店舗です。だから、わざわざ交通の便が悪い百貨店に行く必要がないのです。

 

 

僕が偉そうに言うことではありませんが・・

 

 

ターミナルにない百貨店が、ターミナルの百貨店と同じ店づくりをするということは、店を潰す道を選んでいくようなものです。

 

 

そこには選ばれる理由がないからです。

 

 

自分の会社も、選ばれる理由を本気で考えないといけません。そんなことを思いました。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

一流の料理人 三宅 輝

2014.07.14

カテゴリ: その他

とうかい社会保険労務士事務所と東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

 

月曜日と金曜日にブログを更新しています。

 

 

高校の同級生の三宅 輝が多治見市で8月8日日本料理とうなぎの【優月】をオープンします。

 

 

 

優月

 

 

 

ブログの今回のタイトルの三宅 輝とは、1年ほど前にひょんな事から再会しました。

 

はじめは、高校以来で何を話して良いか分かりませんでした。

しかし、何回か飲むうちに、多治見で飲食店を始めたいという強い思いを聞いて、開業を実現しようということになりました。

 

といっても自分のできることは、人を紹介することくらいしかできないので、三宅の強力なブレインを探すことが僕の仕事です。

 

幸いにもSMCグループの曽根代表、クニタチ鑑定事務所の山村先生、早川建築株式会社の早川社長、マルイ不動産株式会社の賃貸営業の伊藤さんに快くブレインを引き受けていただきました。

 

三宅は間違いなく最強のメンバーに支援してもらっていると思います。
三宅 輝という人間は、私が言うのもなんですが、一言で言うと噛めば噛むほど味が出るスルメのような人間です。

 

ですから、第一印象ではその良さがなかなか伝わってこないかもしれません。

 

でも店にこれば分かります。

 

非常に純粋な男です。

 

料理の味はもちろん、こだわり、創造性、探究心、どれをとっても一流です。

 

完全な料理人です。おいしんぼにでてきそうな、無口な料理人なんです。だから口数も少ないです。

 

とにかく店にこれば分かります。

 

同級生だからではなく、彼と付き合ううちに料理に対する彼の情熱やこだわりを知れば知るほど、いろんな人に店に来てほしいと思ってしまいます。

 

是非、お店に来てください!!そして、彼の仕事のこだわりや繊細さを感じていただければ嬉しいです。

 

 

オープンは8月8日です。

 

優月 yugetsu-unagi.com

 

 

ランキングにチャレンジしています。

クリックをお願いします。


人気ブログランキングへ

 

 

美濃の味

 

安藤みのる

ランチョンマットの絵はあの安藤みのる先生が作ってくれたそうです。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続