ホーム  >  ブログ一覧  >  日常一覧

自分を変革する方法

2017.02.13

カテゴリ: 日常, 経営

大前研一流「自分を変革する」三つの方法というのがあります。

 

 

 

1、時間の配分を変える。

2、住む場所を変える。

3、付き合う人を変える。

 

 

 

 

というのがあります。

 

 

 

 

 

決意を新たにすることくらいでは人生は変わらない。

 

 

 

 

 

この中の時間の配分を変えるためにやるべきことで、去年の手帳を広げて、無駄だったことをやめること。

 

 

 

 

 

そして新しい取り組みに時間を使えと書いてありました。

 

 

 

 

 

1日24時間で睡眠時間は8時間、食事その他で4時間は必要だとして1日有効に使えるのは12時間程度、そしてこれに365をかけると年間4380時間です。

 

 

 

 

 

時間配分を変えるためには、まずどんなことに時間を使いたいかを決めることが大切だと思います。

 

 

 

 

 

「日本の経済について自分の意見を言えるようになる」という目標があれば、通勤前に日本経済新聞を読み、夜は帰って経済に関する本を読んだり、週末は勉強会やセミナーに参加するのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

朝、本を読むと思えば、夜早く寝ないといけないだろうし、夜早く寝るために、無駄な会食、夜のお酒など減らすことも出てくると思います。

 

 

 

 

 

まず自分がどうなりたいかを決める。

 

 

 

 

 

そして去年の手帳を開いて、結果として意味がなかったことを思い切ってやめてみる。

 

 

 

 

 

そして、今、必要なことに時間を使えるように時間の配分を変えてみる。

 

 

 

 

 

去年と同じで良いという考えは思考停止しているが、やりたいことがあるのに時間の配分を変えないで去年と同じような生活を送っているほうが問題だと思います。

 

 

 

 

 

何を考えて、どう動くか?

 

 

 

 

ビジネスの世界では、よほど意識を高くして過ごした1年でない限り、同じ時間配分を繰り返しても変革はないと思うのです。

 

 

 

 

 

こう書いている私も、今年に入って1か月半立ちましたが、時間の配分を全然変えられていません。

 

 

 

 

 

 

もう一度手帳を見直してみます。

中国レポート その1

2016.11.21

カテゴリ: 旅行, 日常

タイムリーになりますが、PAL研究会の研修旅行で11月19日から3日間、中国の深圳と香港に来ています。

 

 

 

 

深圳

img_1414

 

 

 

 

今日はその報告を少しさせていただきます。

 

 

 

 

個人的には物事を俯瞰的に見る力と、そして圧倒的な知識が経営にはかかせないと思っています。

 

 

 

 

 

物事を俯瞰的に見るとは単に空から森を見ることではありません。

 

 

 

 

 

空から森を見ても、その葉っぱ一枚一枚まで見ることができる。

 

 

 

 

 

想像することができる。

 

 

 

 

 

 

それも経営力だと思っています。

 

 

 

 

 

そのためにいろんなものを見ることはまた大切だと思います。

 

 

 

 

 

さて本題ですが、初日は中国の深圳にいきました。

 

 

 

 

 

img_1403

 

img_1411

 

 

 

深圳は現在世界で一番成長している街ともいわれています。

 

 

 

 

 

1978年に経済特区になり、人口20,000人の山だったところを切り開き、現在人口20,000,000人です。

 

 

 

 

 

驚くべきは人口の年齢の平均が32歳です。

 

 

 

 

 

そのせいで40を過ぎたら全く仕事がないそうです。

 

 

 

 

 

街も活気があり、さらに発展していきそうです。

 

 

 

 

 

人口が多いということ。

 

 

 

 

それは大きな問題もありますが、こと経済にとってやはり良いことだと思います。

 

 

 

 

成長する経済の中で働く若者はやはり目が輝いています。

 

 

 

 

今日はここまで。

 

 

 

 

最後に水野さん・・

 

 

 

 

 

集合写真がないのでその変わりです。(笑)

 

img_1410

目標設定の大切さ

2016.09.26

カテゴリ: 日常, 経営

社会保険労務士法人とうかいの久野勝也です。

 

 

 

 

毎週月曜日(祝日はお休み)に更新しています。

 

 

 

 

 

大学時代に部活でテニスをしていました。

 

 

 

 

当時、師匠の田中さん(田中コーチ)という人がいまして、この人が本当にすごい人でした。

 

 

 

 

そしてとてつもなくたくさんのことを学びました。

 

 

 

 

ある日、田中コーチから目標を聞かれたことがあります。

 

 

 

 

私は「東海学生でベスト32に入りたい」と言った記憶があります。

 

 

 

 

「それで言いの?」

 

 

 

 

と即座に返されました。

 

 

 

 

そんな小さな目標で良いのかということです。

 

 

 

 

「東海学生でベスト32を目指す奴は、本大会もでれない。」

(大学の試合は愛知、岐阜、三重、静岡の学生で予選を戦って、64人だけが、本大会に出ることができます。)

 

 

 

 

この時に、「全日本大学選手権(インカレ)に行けるような練習をしなさい。」

 

 

 

 

つまり、インカレを目指せということです。

 

 

 

 

この時に教えてもらえたことは、目標設定の大切さです。

 

 

 

 

東海学生ベスト32を目指すこととインカレ(東海学生ベスト8)を目指すのでは、全く練習の意識が変わってきます。

 

 

 

 

例えば、東海学生ベスト32のような実現可能性のある目標なら、トレーニングの一つをとってもそこそこの頑張りになってしまいます。

 

 

 

 

しかし、高い目標のインカレとなるとトレーニングから本気になります。

 

 

 

 

高い目標を立てた瞬間、何をいつまでにという具体的なアクションが決まり、足りないものを埋めようとする努力も倍しないといけません。

 

 

 

 

高い目標に向けて1日をどう使うか?

 

 

 

 

今何が足りないか?

 

 

 

 

誰と練習をするか?

 

 

 

 

 

どんな練習をするか?

 

 

 

 

 

脳がフル回転するし、練習への集中力も変わります。

 

 

 

 

結果として、インカレは行けませんでしたが、当初の目標はクリアできました。

 

 

 

 

もし田中コーチに会ってなかったら、間違いなく予選も上がれていませんでした。

 

 

 

 

田中コーチに言われたことは常に目標は高く持つことが大切だということです。

 

 

 

 

「インカレを目指してインカレに出たやつを見たことがない、インカレで勝つという目標にしてるやつしかインカレに出れないと」言っていました。

 

 

 

 

経営も全く一緒だと思います。

 

 

 

 

経営計画の数値目標は、前年の3%アップのような簡単な計画を立ててはいけないのだと思っています。

 

 

 

 

できそうな計画を立てれば、以前と同じようなやり方をやるだけで、あまり考えないし、変化をさせなくて良いからです。

 

 

 

 

先日の師匠の曽根先生からこんなことを言われてすごく刺さった言葉があります。

 

 

 

 

 

「目標の高さの違いが、得る情報を変える」と。

 

 

 

 

高い目標を立てれば、その目標を達成するためのアンテナが変わります。

 

 

 

 

例えば、売上を倍にすると考えると、今まで発想になかったM&Aや企業買収など新しい発想が生まれるおっしゃっていました。

 

 

 

 

人もそうではないでしょうか?

 

 

 

 

別に会社で活躍しようと思わなければ、新聞を読む必要もないし、自己研鑽する必要もありません。

 

 

 

 

やはり、どうありたいかが大切だと思います。

 

 

 

 

成長したいから、本を読んだり勉強する。

 

 

 

 

人と会って、「将来こんな風になりたい」と言って、それに見合う努力をしている人を見ると、自分も頑張ろうと思います。

 

 

 

 

最近、思うこと。

 

 

 

 

自分は目標を決めてそれに向かって努力することが好きなのです。

 

 

 

 

だから目標を持って、それに向かって努力する人に共感するのだと思います。

 

 

 

 

目標は達成できたら一番良いですが、目標達成できないこともあります。

 

 

 

 

大切なことは、高い目標を掲げること、それに向かって具体的な計画を立てて、本気の努力をすることなのです。

 

%e7%9b%ae%e6%a8%99%e9%81%94%e6%88%90

人間が変わる方法は3つしかない

2016.04.18

カテゴリ: その他, 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

 

大前研一さんの本に

 

 

 

人間が変わる方法は3つしかない。

 

①時間配分を変える。

②住む場所を変える。

③つきあう人を変える。

 

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは「決意を新たにする」ことだ。

 

 

 

とありました。

 

 

 

 

刺さりました。

 

 

 

 

会社が変わる方法も、もしかしたら同じかもしれません。

 

 

 

 

今年になって、わたしの師匠の会社のSMC税理士法人さんは名古屋に本社を移転しました。

 

 

 

 

師匠の曽根先生が名古屋に変わって、マーケティング、採用への考え方、組織づくりの考え方のすべてが変わったと言っていました。

 

 

 

 

これから1年かけて会社を大変革していくそうです。

 

 

 

 

わたしはと言いますと、7月に小牧に支店を出します。

 

 

 

 

わたしの知人が最近、引っ越しました。

 

 

 

 

新しい世界へ一歩踏み出すために自らの環境を変える。

 

 

 

 

その勇気を応援したいです。

 

 

 

 

わたしはずっと自分の人生は自分できめることが幸せにつながると信じています。

 

 

 

 

自分の決断することは、自分で責任を取ることです。

 

 

 

 

でも自分で決めたことだから、結果に納得もできるし、責任も取れます。

 

 

 

 

自分の人生は自分で決める。

 

 

 

 

その決断をしっかりできるようになるために、師や友から学んだり、本を読んだり、仕事を真剣に取り組んだりするのだと思っています!

 

 

修造

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

試合にでました。

2015.09.29

カテゴリ: 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

シルバーウィークのさなか、岐阜県総体の硬式テニスの部に多治見市の代表として参加しました。

 

 

多治見市の代表としてはじめて出場したのが、22歳のころだと思います。

 

 

今年で出場するのは最後にしようと思った試合でした。

 

 

つまり引退試合です。

 

 

結果は準優勝でした。

FB_IMG_1443476889893 FB_IMG_1443476894304 FB_IMG_1443476897313 FB_IMG_1443476900717 FB_IMG_1443476905209

 

去年は優勝。

 

 

今年は準優勝。

 

 

個人的にも結果はイマイチでした。

 

 

自分がもっと頑張れていたら、多治見市の結果も変わっていたと思います。

 

 

試合が終わった後に、引退??

 

 

引退とは本気で頑張ってきた人がいう言葉だということに気づきました。

 

 

この1年間、中途半端に練習してきた自分に引退はふさわしくないことに気づきました。

 

 

試合が終わって、不完全燃焼です。結果を出せなかった後悔。

 

 

それしかないのです。

 

 

つまり、引退とは完全燃焼なのです。

 

 

もうこれ以上できないと思えること。

 

 

それこそが引退なのです。

 

 

話は変わりますが、大好きな映画に「ロッキー the ファイナル」という映画があります。

 

 

その中のロッキーのセリフの中で「心は年を取らない」という言葉があります。

 

 

最近思うことは、人は、いつ年を取るのかです。

 

 

 

年を取ったから、テニスができなくなるのか?

 

 

年を取ったから、体が動かなくなるのか?

 

 

 

そうではないのです。

 

 

 

心が先なのです。

 

 

35歳になったから、「体が動かなくなるのはしょうがない」と思うのです。

 

 

 

そして年には勝てないと思ってトレーニングをしなくなるのです。

 

 

 

自分やその周りの人達は、年齢を理由にあきらめていることが多すぎるのではないかと思います。

 

 

 

疲れやすくなったから勉強はしない。

 

 

 

目が見えなくなったから本を読まない。

 

 

 

年齢を乗り越えるものは、恐らくプライドなのだと思います。

 

 

 

年を重ねた時に、どうなっていたいか。

 

 

 

デブで不勉強な無能な経営者になるか、スタイルが良くて勉強好きな優秀な経営者になるか。

 

 

 

どうありたいかを決めることが、行動を決めているのです。

 

 

試合に出て、負けた時に悔しいと思いました。

 

 

でもこのまま負け続けて良いとは思えませんでした。

 

 

 

心は年を取らない!

 

 

敵は自分の心だと思いました。

 

 

そう思った瞬間に、いろいろなことが変わるような気がした1日でした。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

 

 

 

 

 

 

 

安全大会で講師をしました!!           

2015.05.15

カテゴリ: 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

5月8日金曜日セラトピア土岐で、弊社関与先の舘林建設様の安全大会で講師をさせていただきました。

 

 

舘林建設様の関係企業の舘睦会の会員の方も参加されて、55名の参加でした。

 

 

会場はとてもアットホームで、舘林建設様と関係している会社との良い関係を感じました。

 

 

もともと舘林建設様とのお仕事がはじまったのはこんなふうだったと思います。

 

 

舘林建設様の営業部長の舘林さんが高校の野球部の先輩です。

 

 

高校以来一度も会っていませんでしたが、わたしが独立したのを聞いて声をかけていただきました。

 

 

今でも先輩には頭が上がりませんね(笑)

 

 

部活の関係は不思議です。

 

 

いい意味です!

 

 

何年経っても変わることはありません。

 

 

そして、ご縁に本当に感謝です!

 

 

さて テーマは「コミュニケーション力の磨き方」です。
CIMG9701

 

 

 

内容はソーシャルスタイル理論を使って、どのように人と関係を気づくかというものです。

 

 

ソーシャルスタイル理論??

 

 

 

例えば、あなたが車のディーラーでお客様に車を売る時に、お客様にどういったアプローチをしますか?

 

 

 

こちらから積極的に話しかける、いやとにかく話を聞く、まずは雑談をする、いきなり商品説明をする。

 

 

 

といった具合にいろいろあると思います。

 

 

 

お客さんを簡単に見た目で4つのタイプに分けます。

 

 

タイプA エクスプレッシブ

タイプB エミアブル

タイプC アナリティカル

タイプD ドライビング

 

キャプチャ

 

そして、そのタイプ別に営業や販売のアプローチを考えるということをやります。

 

 

例えば、このソーシャルスタイル理論によって、お客さんをアナリティカルなタイプだと判断したとします。

(訓練したら、5分ほどでその人がどのタイプかを仮定することができるようになります。)

 

 

このアナリティカルなタイプは、形式や理論を重視して物を買う傾向にあります。

 

 

そうした場合に、営業マンや販売員は、車の販売であれば数値根拠や機能面などを論理的に説明する必要があります。

 

 

この手のタイプには、感情的に訴えてもなかなか買いません。

 

 

逆に当初の分類でエクスプレッシブなタイプだと思えば、商品説明も大切ですが、営業マン、販売員の人柄や熱意を売っていく必要があります。

 

 

この理論を、上司部下、同僚との関係や、取引先、お客様に応用するといったことをやりました。

 

 

これをすると嫌な上司や苦手ば部下がいなくなります。

 

 

理論的には。

 

 

『久野流ソーシャルスタイル理論』・・前職の松坂屋の時代に、本を読んで勉強したものを、自分流にアレンジしました。

 

 

 

人数が多くて、久々に緊張しました。

 

 

 

貴重な機会をいただいた舘林建設様に感謝です。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

CIMG9713

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

 

有用微生物!

2015.05.01

カテゴリ: 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

最近、私がはじめたことの一つにEM-X GOLDという弊社の顧問先株式会社EM生活様の有用微生物(EM)を飲みはじめました。

 

EM-X GOLD

 

4月4日土曜日に弊社の顧問先の株式会社EM生活様の経営計画発表会にいった時からEM生活EM-X GOLDのファンです。

 

 

EMの由来は、Effective(有用な)Microorganisms(微生物たち)です。

 

 

 

 

有用微生物(EM)とは、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。

 

 

 

 

EM-X GOLDとは、その微生物群が生み出した微細な有用成分を含む飲料水です。

 

 

 

 

人間の体は60兆個の細胞でできていて、実は人間の体の中にはその10倍以上の約1000兆個の微生物がいます。

 

 

 

人間の体だけで考えても、自分と微生物の区別もできないほど、微生物だらけの世界にいるのです。

 

 

 

人間の体にいる微生物は「常在菌」と呼ばれ、人間の体を守ってくれています。

 

 

 

病原菌や悪玉菌の活動を抑え、健康的に過ごすには、殺菌するよりも善玉菌を味方につけた方が効果的なのです。 

 

 

 

つまり、抗生物質よりも有効なのです。

 

 

 

例えば、善玉菌がしっかり働いていると、虫歯や歯周病を起こす原因菌が寄りつかなくなったり、体に悪いものが入って来にくくなるそうで、風邪を引きにくくなったりします。

 

 

 

有用微生物の入ったEM-X GOLDを水やコーヒーに混ぜて飲むだけです。

 

 

 

実際に、朝の目覚めがよくなったり、身体の調子は以前よりもさらに良いです。

 

 

 

おすすめです。

 

 

 

実はわたくし、独立してから一度も風邪を引いたことがありません。

 

 

 

わたしの尊敬する経営者の元トリンプの吉越社長の本の中に

 

 

 

一に体力、二に努力、三に能力

 
「給料を貰う以上は睡眠不足や疲れが溜まっているなどの言い訳はビジネスパーソンとして決して許されない」

 

 

 

 

と書いてありました。

 

 

 

 

仕事の質は健康管理も含めて言うのだと思います。

 

 

 

一流とバカは風邪をひかないのです。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

美濃焼新作展示会から考える、いかにして新商品を生み出すか??

2014.10.17

カテゴリ: 日常

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

毎週金曜日は日常のネタをお送りしています。

 

 

9月29日月曜日に社員の木下とセラトピア土岐で行われた秋の美濃焼新作展示会にいってきました。

 

水野さん3

 

その目的は、弊社のお客様の有限会社丸仙化学工業所の作品が金賞を受賞したからです。

 

 

水野社長、おめでとうございます。

 

水野さん

 

水野さん2

 

 

わたくしは、前職、百貨店の外商という仕事をしていました。

 

 

そこである特殊な訓練を受けて、ありとあらゆる陶器や食器をインプットしてきました。

 

 

でも、そのラインナップのどれにも似ていなく、とても斬新なイメージを受けました。

 

 

社員の木下が思わず「すごい、こんな食器で料理を食べてみたい」と言ったのもうなずけます。

 

まさに金賞だと思いました。

 

 

水野社長は、どんなことでも吸収しようという非常に向上心の強い方だと感じています。

 

 

素晴らしい作品を生み出す水野社長から学ぶことは非常に多くあるといつも感じています。

 

 

そして今度、水野社長にお会いした時に、どんなふうに新しい作品を生み出すのか、そのコツや取り組みについて聞いてみたいなと思います。

 

 

とても興味があります。

 

 

 

ところで少し話は変わりますが、新しいアイデアはどのように生まれるのでしょうか?

 

 

新しいアイデアを生み出すコツというのは人それぞれあるように思います。

 

 

おもちゃのバンダイの子会社のメガハウスの例から、一つ参考になることがあります。

 

 

おもちゃ業界は常に新しいアイデア商品を生み出し、売っていかないといけません。

 

 

というより、おもちゃに限らずほぼすべてのビジネスが昨日と同じことをやっててはいけないのです。

 

 

特に、日本は人口減少により世界に例を見ないスピードで市場が縮小しています。

 

 

何が特別な要因がなければ、日を追うごとに物は売れなくなっていく。

 

 

だからこそ、顧客の気づいていないニーズを掘り起こしたり、創りだしてあげる作業が必要になるのです。

 

 

 

 

 

”新商品の数は、没アイデアの数に比例する。”

 

 

 

メガハウスという会社(おもちゃの開発会社)は、毎週1回、会議で社員各自が新商品のアイデアを持ち寄るそうです。

 

 

そして、多くのアイデアの中から新商品を発掘する。

 

 

しかし、おもちゃのプロであってもほとんどの商品が没になる(商品化されない)。

 

 

そのくらい斬新なものを世に出すのは難しいのです。

 

 

でも、そんなことを毎週、毎週繰り返す。

 

 

社員一人一人が本気で新商品のアイデアを考え、頻繁に持ち寄る。

 

 

来る日も来る日も没になる。

 

 

でもある日突然、そんな取り組みの中から、とてつもないヒット商品が出てくる。

 

 

新しいものを考えるのが苦手だという人の多くは、はじめからできないと決めつけて、没になるアイデアすら考えていないような気がします。

 

 

考えるチャレンジ、それすらできていないので、絶対に新商品にはたどりつかないのです。

 

 

そんなことを思うのです。

 

 

 

話はそれましたが、水野社長おめでとうございます。

 

 

今度、水野社長の新しいものを生み出すコツを聞かせてください。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

試合の結果報告とビジネスの世代交代!!

2014.10.10

カテゴリ: 日常

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

毎週金曜日は、日常のネタでお送りしています。

 

 

ブログを読んでる人に、勉強になりますって声をかけられますが、勉強にならないですが金曜日はすこし私の日常を・・

 

9月23日に多治見市の代表で岐阜県総体にでました。

 

そして優勝しました。

 

県総体2

 

県総体

 

メンバーの北尾太一くん、上田祐貴くん、秋山昌慶くん、玉木圭司くん、服部新吾くん、ありがとうございました。

 

 

本当に素晴らしいチームだったと思います。

 

 

そして、お忙しい中応援に来てくださいました皆様ありがとうございます。

 

 

ただ最年長というだけでキャプテンにしてもらい、賞状をもらったりと良いとこどりでした。

 

 

この試合にはじめて出たのが10年くらい前になると思います。

 

 

月日が流れるのは本当に早いです。

 

 

わたしにとって、この試合は少し特別な試合です。

 

 

この試合を通じてオネスト保険サービスの小栗社長と知り合い、PAL研究会の勉強会にいくようになり、そこで師匠の曽根先生に出会い、独立するきっかけにとなりました。

 

 

どこでどう人生が変わるか本当に分からないものです。

 

 

そのエピソードはまたどこかでお話をしたいと思います。

 

 

 

 

 

今年感じたのは、世代交代です。

 

 

来年を最後にこの試合は引退しようと思います。

 

 

スポーツもビジネスも必ずどこかで世代交代があります。

 

 

今度はビジネスの世界で、自分が世代交代を起こせるようにやっていきたいと思います。

 

 

師匠を超えれる様に精進したいと思います。

 

 

何年かかるか分かりませんが・・

 

 

大きな目標を持ってやっていきます。

 

 

そして師匠がこのブログを見ていませんようにただただ祈ります。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

優勝しました!

2014.10.03

カテゴリ: 日常

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

9月21日に旭ヶ丘テニスクラブのオープンシングルスに出ました。

 

硬式テニスの試合です。

 

学生時代から硬式テニスをしています。

 

テニスと言うとチャラチャラしイメージがありますが

そんなことありません。

 

大学時代、大学と言えばテニスだと思い、楽しそうなテニスサークルに入ろうと思ったら、間違えて体育会のテニス部に入ってしまいました。

 

普通は間違えないと言われますが、本当に間違えたんです。

 

先輩が仮入部の1週間だけ優しくて、練習もサークルみたいだったんです。

 

そして騙されて入部したんです。

 

本入部になったとたん、先輩方は豹変し、走ってばっかりです。

 

でも始めたら辞められない性格の私は、4年間、ストイックにやってしまいました。

 

 

大学生なのに遊んだ記憶がほとんどないくらい。

 

 

たぶんMです。どMかも。

 

 

独立を決めたころからほとんどテニスをしていませんでしたが、9月23日に多治見市の代表で岐阜県総体に出るので、最近は仕事が終わった後にハードにトレーニングをしています。

 

今回の試合はそのための準備のために出ました。

 

結果は優勝です。

 

かなり体が動いて自分でもびっくりです。

 

23日の本番も頑張りたいと思います。

 

また結果は報告します。

写真4

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (25)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (7)
  • 労務 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (24)
  • 人事 (54)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (26)
  • その他 (45)
  • カレンダー

    2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

    月別

  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続