ホーム  >  ブログ一覧  >  風が吹けば桶屋が儲かるのは本当か?

風が吹けば桶屋が儲かるのは本当か?

2017.01.30

カテゴリ: 経営

風が吹けば桶屋が儲かる。

 

 

 

 

本当に儲かるのかは分かりませんが、理由はご存知下記の通りです。

 

 

 

1大風で土ぼこりが立つ

 

2土ぼこりが目に入って、盲人が増える

 

3盲人は三味線を買う(当時の盲人が就ける職に由来)

 

4三味線に使う猫皮が必要になり、ネコが殺される

 

5ネコが減ればネズミが増える

 

6ネズミは桶をかじる

 

7桶の需要が増え桶屋が儲かる

 

 

 

 

 

「風が吹いている」という事実を「桶屋の儲け」に結びつける。

 

 

 

 

 

仕事のできる人は、いつもこんなことを考えている気がします。

 

 

 

 

つまりシミュレーション力です。

 

 

 

 

 

わたしはこれを、「未来を想像する力」と呼んでいます。

 

 

 

 

 

「未来を想像する」

 

 

 

 

 

例えば営業であれば、こんな会話をしたら、どんな展開になるのか考えたり、こんな提案方法をしたらこんな反応をするだろうと考えることになります。

 

 

 

 

 

人口が増えて、とにかく物をどんどん作れば、どんどん売れる時代は終わりました。

 

 

 

 

 

物を作っても簡単には売れない時代。

 

 

 

 

 

満たされている時代。低欲望社会。

 

 

 

 

 

こんな時代に必要なことは、どのような商品を作り、どのような人をターゲットにして、どのような販売の戦略を立てるかが大切になります。

 

 

 

 

 

誰がどんなことに困っていて、そこからいろいろなアイデアを考える。

 

 

 

 

 

ただアイデアはアイデアだけでは商品にはなりません。

 

 

 

 

 

アイデアを商品という形にするにはプロセスが必要です。

 

 

 

 

 

桶屋が儲かるようなストーリーやプロセスが必要なのです。

 

 

 

 

 

そのプロセスを作り出すのか、それともそのプロセスに気づくのか。

 

 

 

 

 

それを作ったり、気づいたりできるのが、「未来を想像する力」です。

 

 

 

 

 

これからの時代の仕事ができるとは、「未来を想像する力」です。

 

 

 

 

 

そういう能力がある社員がいないと、どれだけ良いものであっても売れないし、何が売れるのか気づけない時代が来ています。

お問合せ欄に表示する文字列。