ホーム  >  ブログ一覧  >  給与が上がらない国

給与が上がらない国

2018.06.25

カテゴリ: 人事, 経営

大前研一「個人が企業を強くする」という本を読んでいて、給与が上がらない唯一の国日本という記述がありました。

 

 

 

 

 

20年以上も日本の給与はあがっていないのです。

 

 

 

 

これに関しては、様々な要因があります。

 

 

 

 

中小企業でも実際には、しっかりと儲けている企業で社員に還元できている企業もあり、やはり経営者の手腕がそのまま経営力であることに疑いはありません。

 

 

 

 

その一方で、働く社員も気づかないといけないことがあります。

 

 

 

 

言われた通りにやっていれば給料が上がっていく時代はもう終わっているということです。
会社から言われたことを言われたとおりにできたとしても給与は上がりません。

 

 

 

 

ごくごく単純で、お客様から1日20,000円で頼まれたものを、20日間やる。

 

 

 

 

売上は40万円。

 

 

 

 

仕入れを引いた粗利益が30万円

 

 

 

 

この人に払える給料は、普通の会社ならどれだけ多く払っても10万円です。

 

 

 

 

この仕事をどれだけ一生懸命やっても、質を上げても10万円なのです。

 

 

 

 

もちろん、言われた事を、言われた通りにやる社員も、会社には必要です。

 

 

 

 

現実的に、書類を郵送したり、書類を作ったりするそういう人は必要なのです。

 

 

 

 

しかし、残念ながら、そういう社員の給料を上げることはできないのです。

 

 

 

 

上げてしまえば、会社は潰れてしまいます。

 

 

 

 

売値は変わらないからです。

 

 

 

 

報酬が上がり続けるのは、一部の社員だけです。
それは、自ら考え、自ら仕事を作り出す社員です。

 

 

 

 

 

ずっと前に、稼ぎ方のルールは変わったのです。
会社の指示通りにやれば、経験を積めば給料が上がる。

 

 

 

 

それは高度成長期で物の値段がほっといても上がる時代の考え方です。
会社の言われた通りに働くことは、会社にとってはありがたい存在です。

 

 

 

 

しかし、現実的にはそれでは給与は上がりません。

 

 

 

 

稼ぎ方のルールが変わったことに、気づいていないのです。

 

 

 

 

言われたことをやれば給与が上がるというルールが崩壊しているということにです。

 

 

 

 

そして、最悪の場合には経営者自身もそれに気づいていないのです。

 

 

 

 

親会社から言われたことを言われたとおりにやる、中小企業の経営者。

 

 

 

 

中小企業の経営者が、親会社から、「うちの会社の言うことをしっかり聞いて素晴らしい。」と表彰されて喜んでいるとしたら、大問題です。

 

 

 

 

あなたが飲食店のスタッフで、毎日、遅刻をしないで出勤し、接客が丁寧で、調理もできて、盛り付けもきれい。

 

 

 

 

でもお客様が増える方法を考えたり、来店をしたお客様の客単価をあげる方法を考えたりして、それを実行に移し、成果が出せなければ会社はあなたの給与を増やすことはできないのです。

 

 

 

 

「社長、生活ができないので給与をあげてください。」

 

 

 

 

中小企業で社員からよく聞くフレーズですが、まず稼ぐ力のない会社が悪いこともあります。

 

 

 

 

そして、もう一つは社員自身が言われたこと、与えられた事をやるだけになっていないか?

 

 

 

 

 

与えられた仕事をやるだけの社員に、会社は大きく給与をあげることは難しいのです。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (11)
  • 経営 (54)
  • 相続 (3)
  • 日常 (16)
  • 旅行 (17)
  • 労務 (5)
  • 働き方改革 (8)
  • 人事【教育・研修】 (22)
  • 人事【採用】 (36)
  • 人事 (74)
  • セミナー案内 (7)
  • セミナー (43)
  • その他 (73)
  • カレンダー

    2018年7月
    « 6月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2018年7月 (2)
  • 2018年6月 (4)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (4)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続