ホーム  >  ブログ一覧  >  社会保険労務士法人 とうかい 設立

社会保険労務士法人 とうかい 設立

2014.12.29

カテゴリ: その他

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今年も残りわずかになりました。

多くの方にご支援をいただき、ここまでやってこれました。

本当にありがとうございます。

 

弊社ですが来年から個人事業を終了し、新たに法人を設立することになりました。

 

会社名を個人事業『とうかい社会保険労務士事務所』から

法人化して社名を『社会保険労務士法人 とうかい』に変更します。

 

SMCグループの曽根先生にアドバイスをいただき法人にすることを決めて、オリベ司法書士事務所の水野さんに法人登記をしてもらいました。

 

現在岐阜県で社会保険労務士事務所の数は、約300です。法人でやっているのはわずか12社です。

 

そもそも社会保険士事務所というのは個人でやっているのがほとんどです。法人化をするといった時に多くの方から、なんかお金のメリットがあるのかと言われました。

正直、そんなのはどっちでも良いと思っています。

 

サラリーマンを辞めた時から絶対に会社にしたいと思っていました。

本気で経営をしている経営者の方がお客様なのに、自分が死んでしまったら終わってしまう個人事業から本気度を感じてもらうのが難しいとずっと思っていました。

 

自分が死んだら終わってしまうような組織は組織とは言えないのです。だから法人化は、自分が死んでも続く組織を作ることを決めることでもあるのです。

 

振り返れば、この仕事を始めた時にまず久野社会保険労務士事務所のような個人の名前は絶対にやめようと思っていました。

個人名が社名に入ってて、いかにも家業ですという名前の会社に自分だったら絶対に就職したくないからです。そんなところで社員に頑張れというのが無理だと思うのです。トヨタ(豊田)なら別ですが、基本的に個人名が社名に入った小さな会社では人は燃えないと思うのです。

でも正直、開業当初は少し恥ずかしかったです。1人なのにとうかい社会保険労務士事務所ですから(笑)

 

法人化して、何かが変わるわけではありませんが、自分が死んでも続く会社組織を作りたい、そして組織の一員としての社員が会社を通じて幸せになれる会社にしたいと思います。

 

これまでにご支援をいただいた方に本当に感謝しています。

来年もよろしくお願いします。

images

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続