ホーム  >  ブログ一覧  >  有用微生物!

有用微生物!

2015.05.01

カテゴリ: 日常

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

最近、私がはじめたことの一つにEM-X GOLDという弊社の顧問先株式会社EM生活様の有用微生物(EM)を飲みはじめました。

 

EM-X GOLD

 

4月4日土曜日に弊社の顧問先の株式会社EM生活様の経営計画発表会にいった時からEM生活EM-X GOLDのファンです。

 

 

EMの由来は、Effective(有用な)Microorganisms(微生物たち)です。

 

 

 

 

有用微生物(EM)とは、特殊なひとつの菌ではなく、乳酸菌や酵母、光合成細菌など、どこにでもいる微生物で、人間にとっていい働きをしてくれる微生物の集まりです。

 

 

 

 

EM-X GOLDとは、その微生物群が生み出した微細な有用成分を含む飲料水です。

 

 

 

 

人間の体は60兆個の細胞でできていて、実は人間の体の中にはその10倍以上の約1000兆個の微生物がいます。

 

 

 

人間の体だけで考えても、自分と微生物の区別もできないほど、微生物だらけの世界にいるのです。

 

 

 

人間の体にいる微生物は「常在菌」と呼ばれ、人間の体を守ってくれています。

 

 

 

病原菌や悪玉菌の活動を抑え、健康的に過ごすには、殺菌するよりも善玉菌を味方につけた方が効果的なのです。 

 

 

 

つまり、抗生物質よりも有効なのです。

 

 

 

例えば、善玉菌がしっかり働いていると、虫歯や歯周病を起こす原因菌が寄りつかなくなったり、体に悪いものが入って来にくくなるそうで、風邪を引きにくくなったりします。

 

 

 

有用微生物の入ったEM-X GOLDを水やコーヒーに混ぜて飲むだけです。

 

 

 

実際に、朝の目覚めがよくなったり、身体の調子は以前よりもさらに良いです。

 

 

 

おすすめです。

 

 

 

実はわたくし、独立してから一度も風邪を引いたことがありません。

 

 

 

わたしの尊敬する経営者の元トリンプの吉越社長の本の中に

 

 

 

一に体力、二に努力、三に能力

 
「給料を貰う以上は睡眠不足や疲れが溜まっているなどの言い訳はビジネスパーソンとして決して許されない」

 

 

 

 

と書いてありました。

 

 

 

 

仕事の質は健康管理も含めて言うのだと思います。

 

 

 

一流とバカは風邪をひかないのです。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (33)
  • その他 (56)
  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続