ホーム  >  ブログ一覧  >  採用にお金をかける意味!

採用にお金をかける意味!

2016.04.25

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週月曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

 

人が採用できない。

 

 

 

 

当然の話です。

 

2020年問題

 

 

年間100万人の労働人口が減っています。

 

 

 

 

世界でも類をみないスピードで、人がいなくなる。

 

 

 

 

例えば中途採用。

 

 

 

 

現時点でうまくいっていなければ、これからもっと悪くなります。

 

 

 

 

お金もかけて、工夫もしなくてはならないのです。

 

 

 

 

それに気づいていない経営者がいたら会社の未来を憂えたほうが良いかもしれません。

 

 

 

 

そもそも何故、採用をしないといけないのか?

 

 

 

 

会社は必ず成長しないといけません。

 

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

 

社員の給与を増やすためです。

 

 

 

 

ビジネスモデルも、利益率も変わらない、売り上げも変わらない会社にあなたが働いていたら、給与が増えることは一生ありません。

 

 

 

 

増やせないのです。

 

 

 

 

将来の会社の成長のために、人を採用する。

 

 

 

 

それを今やらないといけないのです。

 

 

 

 

その採用がどんどん難しくなっています。

 

 

 

 

 

話は変わりますが、弊社の規模でもこの1年間、採用広告だけでも300万以上使っています。

 

 

 

 

1人当たりの採用に70万以上かかっているのが現状です。

 

 

 

 

日本全体の平均から見れば、まだお金をかけていないほうだと思います。

 

 

 

 

何が言いたいかというと不勉強な経営者は、これだけ世の中が変化しているのに、未だにハローワークで求人にお金をかけないで採用ができると思っている人がいます。

 

 

 

人が採れないのですが・・と相談されるのですが、ハローワーク一本。

 

 

 

 

それはそうでしょうね。としかコメントできません。

 

 

 

 

たしかに求人会社に出してもうまくいきません。

 

 

 

 

でもお金をかけないともう無理な時代がきています。

 

 

 

 

例えば年間で1000万円採用にかけたとするとこれが高いのか安いのか?

 

 

 

 

1人採用するのに200万円かかったとして高いのか安いのか?

 

 

 

 

こんなふうに思います。

 

 

 

例えば平均年収500万円で10年はたらいたら10年で5000万。

 

 

 

 

採用費用と合わせて5200万円。

 

 

 

 

でもこの人材が良い人材なら、5200万以上の利益をもたらします。

 

 

 

 

しかし、お金をかけずに雇ったとして、5000万だとしても、まったく使えない人材であれば5000万の費用です。

 

 

 

 

良い人材を採用できれば、200万でも500万でもすぐにペイできるのです。

 

 

 

 

もっと長い目でみれば、採用にかける費用などたいしたことではないのです。

 

 

 

 

だからこそ、もっと採用にお金をかけないといけないのです。

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。