ホーム  >  ブログ一覧  >  差別化の8要素

差別化の8要素

2015.09.08

カテゴリ: 経営

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センター東海助成金サポートセンターの代表をしています久野勝也です。

毎週火曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

 

船井総合研究所の研修で差別化の8要素というのを教えてもらいました。

 

 

 

 

中小企業が勝ち残っていくためには、差別化が必要です。

 

 

 

 

そしてその差別化をしていくために注力していく分野を決めなくてはいけません。

 

 

 

 

差別化をするのに、やるべきポイントは下記のとおりです。

 

 

 

 

影響力の高いものから

戦力的差別化要素

①立地   ⇒アクセスの良さ

②規模   ⇒売上・従業員・実績

③ブランド ⇒知名度

 

戦術的差別化要素

④商品力  ⇒商品種・在庫数・種類数

⑤販促力  ⇒HP・チラシ・DM

⑥接客力  ⇒接客・接遇、電話対応

⑦価格力  ⇒低価格~高価格の幅

⑧固定客力 ⇒継続購入を勧める仕組み

 

 

 

なるほどと思います。

 

 

 

そして、考えれば考えるほど悩みます。

 

 

 

①から③の要素は簡単には変えることができません。

 

 

 

ではどうしたら良いのでしょうか?

 

 

 

本当はすべて高めたいと思います。それでも、今の人員、資金、能力を考えてどこかに絞らなくてはなりません。

 

 

 

ではどうるすか?ですが。

 

 

 

 

全部やってしまうとどれも中途半端になり差別化にならないのです。

 

 

 

 

今期は

 

 

 

 

④の商品力と⑤の販促力に絞りこみました。

 

 

 

 

すこし話は変わりますが、中小企業が選ばれる理由はどこにあるのだろうかと思うことがあります。

 

 

 

 

もし、明日、自分の会社がなくなったら少しは困ると思いますが、うちの会社でなくてはいけない理由はあるのだろうかと考えると悩みはつきません。

 

 

 

 

経営の師匠の曽根先生から、「お客様が自分の会社に頼む理由」を考えてくる宿題を出されました。

 

 

 

 

このことがしっかりといえれば、必ず売れるはずなのです。

 

 

 

 

そしてこれを言えることが圧倒的な差別化なのです。

 

 

 

 

「なぜ、お客様がうちの会社に頼むのか?」

 

 

 

 

 

ただ闇雲に目の前のことをこなしているだけでは絶対に見つけられないのです。

 

 

 

 

脳みそがちぎれるほど考えないといけないのだと思います。

 

 

 

 

ソフトバンクの孫社長は、起業する前に1年以上、何をするか考えたらしいです。

 

 

 

 

5年後、10年後を見据えてもっともっと考えないといけないのだと思いました。

 

 

 

 

起業することはそんなに難しいことではありません。

 

 

 

 

本当に難しいのは、成長を続けながら、会社を10年、20年・・100年と続けていくことなのだと思います。

 

 

 

 

やはり100年企業はすごいと思います。

 

 

 

 

それは、3世代の人に選ばれ続けた企業だからです。

 

 

 

 

やるからにはそんな会社を創りたいと思います。

 

 

 

 

そんなことを思いました。

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

 

東海助成金サポートセンター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の助成金申請

お問合せ欄に表示する文字列。