ホーム  >  ブログ一覧  >  少数精鋭!なんてあり得ない!

少数精鋭!なんてあり得ない!

2015.03.03

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

採用をお手伝いする中で、少数精鋭の組織にしたいという言葉を良く聞きますが『おそらく無理です!』というのが私の自論です。

 

 

甲子園の常連校でアルプススタンドに補欠の選手がいないチームを見たことがないように集団が人を育てるように思うのです。

 

 

甲子園を目指そうと10人の部員のチームと100人の部員のチームでは、恐らく100人の部員のチームの方が強くなる可能性を秘めていると思うのです。

 

 

甲子園に行く、仕事で成功する、ビジネスで成功するにはそれ相応の努力と信念が必要です。

 

 

この信念を持った人が、どれくらいいるかで集団の質が変わるのです。

 

 

人数の少ない組織では、少し仕事ができるだけで『あの人はできる』と褒められて、本人もその気になって努力しなくなります。

 

 

できる人がいればまだましです。

 

 

普通の社員が2、3人の会社は致命的です。

 

 

さらにその2、3人の年齢が離れていれば最悪です。

 

 

一切、ライバル意識はなく、切磋琢磨などありません。

 

 

最悪、仲良し集団を作り、全く戦えない組織を作ってしまいます。

 

 

一方、多数の組織では、少し仕事ができるだけでは、『仕事ができる』とは言われません。

 

 

仲良し集団を作って、居心地を良くしようと何人かが考えても、『必ず俺は出世する!』といった出る杭になろうとする人間が出てきて、その人に引っ張られたり、その人に対抗心を燃やす人が出てくるのです。

 

 

つまり組織が活性化するのです。

 

 

そして、その中で突然、周りが想像しないスピードで成長する人材が出てきたり、できる人材がさらに伸びるのです。

 

 

何が言いたいかと言うと、やはり企業が成長、継続していくためには、会社が成長して、人が増えていく組織ではないといけないのです。

 

 

成長している大企業で、新卒を採らない会社を見たことがありません。

 

 

中小企業で何年も人を採用していない、人の入れ替わりがない会社の9割は将来亡くなる会社です。

 

 

では、残りの1割は?

 

 

めちゃくちゃ優秀な経営者が1人で稼ぐビジネスモデルの会社です。

 

 

これもまた、優秀な経営者が死んだら終わるビジネスモデルなのです。

 

 

だから、社員の数も、採用も大切なのです。

 

 

 

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (28)
  • その他 (52)
  • カレンダー

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    月別

  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続