ホーム  >  ブログ一覧  >  国民年金を滞納する彼氏とは別れた方が良い

国民年金を滞納する彼氏とは別れた方が良い

2015.01.06

カテゴリ: 相続

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

現在、土岐内科クリニックの長谷川先生を中心とした東海相続支援コンサルティング協会のメンバーで、共著で『転ばぬ先の相続』というタイトルで本を書いてます。先日、校正が上がってきたので、その内容をチェックしています。

正直、本など書いたことがないので悩んでいます。

 

 

IMG_1492

 

 

残された家族が生活していくためにある遺族年金の話を書きましたが、この遺族年金制度自体はすごい制度だと思うのですが、どうしたら読む人に分かりやすく伝わるのかが分かりません。

 

『そもそも誰も読まないよ』と言われそうですが、やるからにはベストを尽くそうと思います。

 

ところで話は変わりますが、年金制度ってどう思いますか?

 

65歳から貰える年金については不安もあるかもしれませんし、いろいろな意見がでそうなのでここでは議論は避けますが、年金に加入しているメリットとして、障害年金と遺族年金についてはすごい制度だと思っています。

 

ある日突然、働き盛りの夫が脳梗塞で倒れて障害が残ってしまったとします。

そうなった場合には、障害年金が支払われます。障害で働けなくなる可能性があるので、生計を維持するためにはとても重宝します。

 

ある日突然、働き盛りの夫が病気や事故で死亡してしまったとします。
そうなった場合には、遺族に遺族年金が支払われます。残された配偶者と子供は、生きていくくらいのお金はこの遺族年金で確保できます。

つまり公的年金制度は、年金を積み立てるためだけではなく、障害年金と遺族年金も含めた保険制度でもあるのです。

 

むしろ掛けたお金が返ってくるから腹が立つので、生命保険だと思えば良いのです。

 

このように保険的な要素があるので、掛けた金額が返ってくると思ってはいけないのです。

 

もし民間の生命保険で、障害年金と遺族年金と同等の保険に入ろうと思うと莫大な金額になります。恐らく民間の保険会社では商品にできません。

 

最近、勉強していない人が平気で国民年金を滞納していますが、やはり国民年金くらいは払うべきだと思います。

国民年金を滞納する旦那や彼氏だったらすぐに別れた方が良いかもしれません。

 

勉強不足すぎて将来が不安です。

 

というのも直近1年に滞納があると障害年金や遺族年金がもらえない可能性があるからです。

 

そんな話を本で書きたいなと思っています。

 

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

スタッフのブログもよろしくお願いします。

 

 

毎週木曜日更新 人事コンサルタント 石黒充顕 

石黒

 

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (33)
  • その他 (56)
  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2017年10月 (2)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続