ホーム  >  ブログ一覧  >  【100回目のブログ】医者と芸能人がいる婚活パーティー

【100回目のブログ】医者と芸能人がいる婚活パーティー

2015.04.10

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

100回目のブログです。

 

 

 

品のないタイトルですいません。

 

 

 

弊社ですが新卒採用のお手伝いもしております。

 

 

 

アドバイスから実際の採用現場にいったりと支援の方法は様々です。

 

 

 

会社説明会で感じることはとにかく大企業が本腰をいれていることです。

 

 

 

会社説明会にいけば、必ず大企業と同条件で戦わないといけません。

 

 

 

知名度と会社説明会の魅力度は、ほぼイコールです。

 

 

 

何がいいたいかというと、中小企業が大企業と同じ土俵で戦うのは本当に苦しいということです。

 

 

 

医者と芸能人がいる婚活パーティーに参加するようなものです。

 

 

 

つきあったら良さが分かるのにほとんどの女性は医者か芸能人を選ぶのです。

 

 

 

 

学生の情報量が少ないこともあります。

 

 

 

 

だれと結婚するかの基準がないので、とりあえずお金がありそうか、かっこいいという基準しかないのです。
学生が集まらないのは当然です。

 

 

 

 

では中小企業はどうやって自分を見てもらうのか、人を集めるのか?

 

 

 

それは 「手段を選ばない、とにかく会う」 です。

 

 

 

リクナビでエントリーをもらわないといけない。会社説明会をしなければならない。

 

 

 

そんな常識から少し外れますが

 

 

 

『自社の体育会の内定者などに 「食事会を催すから、後輩を連れて来て」 と依頼をし、良く食べるハングリーな学生に会う』

 

 

 

『自社の採用ブランドに関するアンケートのアルバイト(時給数千円)に参加しませんかと言って学生に会う』

 

 

 

とか

 

 

 

あの手この手と考えるべきなのです。

 

 

 

前職の百貨店時代、入社1年目の私の仕事の一つでやっていたことは、新卒の企業展のブースで「就職活動で勝てるスーツの着こなし方」というブースを構えて、スーツの着こなしの説明をしていました。

 

 

 

スーツが売りたいわけではなく、百貨店という仕事に興味を持たせたいだけなのです。

 

 

 

あわよくば採用しようと思っていたのです。

 

 

 

今思えば、「勝てる就活スーツスタイルセミナー」というセミナーをして、その後懇親会をして企業の魅力を伝えて、採用までつなげれば良かったと思うくらいです。

 

 

 

こんなことで採用につながるか??

 

 

 

と言われそうですが間違いなく言えることは、

 

 

 

会えない人は、絶対に採れません。

 

 

 

いくら志望度が低かろうと、そもそも、会えなければゼロなのです。

 

 

 

どんな方法でも良いので、学生が魅力的に感じるような企画を考えて「とにかく学生に会う」。

 

 

 

そして、会えたならば、採用担当者が本気で口説く。

 

 

 

どんな美女でも、全力で口説けばなんとかなるはずです。

 

 

 

わたしは、街で綺麗な女性と普通の男が歩いているのを何回も見たことがあるのです。

 

 

 

そんな男にあるのは執念です。

 

 

 

スタイルよりも結果にこだわることです。

 

 

imagesQ7MT8WM6

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。