ホーム  >  ブログ一覧  >  なぜ会社は成長し続けないといけないのか??

なぜ会社は成長し続けないといけないのか??

2015.01.30

カテゴリ: 人事, 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

今年から弊社は、

 

 

社会保険労務士法人とうかい

 

 

という名前で、組織を個人事業から法人にしました。

 

 

何が違うかというと中身は何も変わりません。

 

 

ただ、私の気持ちは変わりました。

 

 

個人事業であれば、自分の会社だと思いますが、今はそうではないのです。

 

 

会社は独立したもので、会社を通じて、そこで働く人が幸せになれる場でないといけないのです。

 

 

そのために、必ず必要なことは、まずは事業が継続することです。社員に給与を払い続けることができることが会社であることが条件です。

 

 

そして、社員の給与をあげようと思えば、会社は成長するしかありません。社員が去年よりも給与を貰おうと思えば、必ず会社は成長しつづけないといけないのです。

 

 

会社が成長しないのに、社員の給与が上がる必殺技はないのです。

 

 

だから会社は、成長する目標を立てて日々それに向かい努力していくのです。その目標はそれぞれです。会社によっては急成長を目指す企業もあれば、緩やかな成長を目指す企業もあります。

 

 

私は以前、東海地区の老舗百貨店で働いていました。

 

 

その時の会社の目標は地域一番、地域で一番ありがとうとを貰える百貨店を目指して、社員が一丸となっていました。

 

 

その目標が私は大好きでしたし、私が頑張る基準でした。

 

 

もしも会社を、給与で選べば、もっと給与が高い会社があれば、人は移ってしまう。

 

もしも会社を、仕事で選べば、もっと仕事が楽しい会社があれば、人は移ってしまう。

 

もしも会社を、好きで選べば、他の会社を好きにならない限り人は移らない。

 

 

会社が好きだったこと

 

 

そのことが社会不適合者の私が、8年もサラリーマンを続けられた理由だと思います。

 

 

だから、会社を好きになってもらうことが大切なのです。

 

 

ではどうやって会社を好きになってもらうのかです。

 

 

中小企業の場合、やはり会社が持つ理念や目標だと思います。

 

 

しかしながらほとんどの経営者はその理念や目標を採用の際に話していません。

 

 

結果どうなるか?

 

 

給与に不満があれば文句を言い、他に面白そうな仕事があれば辞めるのです。

 

 

だから、必ず会社は理念や目標を共有しないといけないのです。

 

 

成長する組織を作るためには、

 

 

ときには

 

 

理念や目標に賛同できない人に辞めてもらわないといけないのだと思います。

 

 

それぐらい、会社の理念や目標が大切だと思うのです。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。

 

↓クリックをお願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (31)
  • その他 (53)
  • カレンダー

    2017年9月
    « 8月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

    月別

  • 2017年9月 (2)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続