ホーム  >  ブログ一覧  >  人口減少のインパクト

人口減少のインパクト

2015.03.31

カテゴリ: 人事【採用】

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

1年後会社がどうなっているかも分からないのに5年後、10年後に会社がどうなってるかなんてわからない。

 

 

 

ある経営者の方からそんなことを言われました。

 

 

 

もっともだと思います。

 

 

 

でもそういう経営者に限って、5年後の市場のことを考えていなかったりします。

 

 

 

何が言いたいかというと、実は決まっていることも多いということです。

 

 

 

そのうちの一つは人口です。人口が経済に与える影響はとてつもないです。

 

 

 

2020年に高齢者の数は700万人増加し、就労人口は800万人減少すると言われています。

 

 

 

少し考えただけでも、何が売れて何が売れなくなるのかがわかります。

 

 

 

そして何より自分の会社の採用がどうなるのかが分かります。

 

 

 

特に自社に若い人材がいないといった場合に問題は深刻です。

 

 

 

とにかく人が採れなくなるのです。

 

 

 

お客さんの数に従業員の数がついてこない。

 

 

 

経営者がやるべきことは大きく分類すれば2つしかありません。

 

 

 

人を採用しながら、離職を抑制する。

 

 

 

離職を抑制するためにやらなければならないことがたくさんあります。

 

 

 

例えば、

 

 

①人間関係エラーの撲滅

②働きにくさの解決

③出産・育児休暇の復帰

④離職問題の透明化

⑤法人のブランディング

 

 

 

などなど・・

 

 

 

例えば、働くということをひとつとっても、就業規則がない会社が未だにあります。

 

 

 

就業規則が大切なのではなく、従業員がどのような働き方をするのか?そういったことを本気で考えることが大切なのです。

 

 

 

就業規則がない会社は、社員から会社が何も考えていない、将来が見えないと言われてもしょうがないのです。

 

 

 

そしてそんな会社が案外多いのです。

 

 

 

張りぼてでもいいから、就業規則ぐらいないといけないのです。

 

 

 

そんな会社は、求人の応募が来ないというには早すぎるのです。

 

 

 

2020年問題

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (9)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (34)
  • その他 (57)
  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続