ホーム  >  ブログ一覧  >  上海視察2 ゆるい観光の写真

上海視察2 ゆるい観光の写真

2018.02.19

カテゴリ: その他, 旅行, 日常

1月29日、30日、31日に上海に行きました。

 

 

 

 

2日目は特に予定がなく、勉強も兼ねて上海をぶらぶらしました。

 

 

 

 

中国の基本情報から、上海の人は日常は上海語を話しますが、ほとんどの人が普通語(北京語=標準語)を普通に使うことができ、ビジネス上では通常普通語が使われています。

 

 

 

わたしは、大学時代中国語専攻でしたが、全くだめでした。

 

 

 

 

スマホのGoogle翻訳で乗り切りました。

 

 

 

Googleは、すごいですね。

 

 

 

 

時差はマイナス1時間でネットレベルの情報ですが、季節は四季があり春・秋は過ごしやすく、6月中旬からは梅雨があり、7~8月はかなり蒸し暑い。東京・大阪とほぼ同じらしいのですが、行った日は極寒でした。

 

 

 

中国元(yuan)を使っていて、1元=約17円くらいです。タクシーの初乗りが14元くらいなのと、地下鉄が3元でほとんどいけると言った感じで物価は日本に近いですが、交通費はとても安いです。

 

 

中国の交通カードを作ってみました。TOIKAのようなものです。

IMG_1570

 

 

ラッシュ時、改札に入る前です。

↓↓

IMG_1430(1)

 

ぶらぶら歩いてシェ・シバタを見つけました。

 

 

 

 

岐阜県の多治見、わたしの事務所の近くに1号店があります。

↓↓

IMG_1455

 

 

うわさのシャアできる自転車です。

↓↓

IMG_1446

 

試行錯誤しましたが乗れませんでした。

 

 

 

 

 

傘もシェアです。

 

 

 

 

スマホがあれば傘もシェアできます。

↓↓

IMG_1435

 

IMG_1651

 

日本よりも圧倒的にデジタル化しています。

 

 

 

 

 

こちらは一人カラオケです。

↓↓

IMG_1441

 

 

けっこう人気があるそうです。

 

 

 

 

キャッシュレスも進んでいて屋台もアプリを使って支払いができます。

 

 

 

 

 

わたしもウィーチャットペイで支払いました。

↓↓

キャプチャ

IMG_1526

 

 

 

基本的に、観光客はウィーチャットペイは使えないらしいのですが、ネットで調べてなんとかなりました。

 

 

 

 

 

話題のスターバックス

 

 

 

 

2017年12月5日にオープンしたのが世界最大規模の面積を誇るスターバックスの高級店です。

 

 

 

「スターバックス ・リザーブ・ロースタリー」

↓↓

IMG_1484

IMG_1469

 

 

それから豫園(ユィーユエン)・・「豫園」は1559年から約18年掛けて作られた江南式庭園。

↓↓

IMG_1529

 

 

中国の古典的な雰囲気を味わえます。

 

 

 

 

新天地(シンティエンディー)・・旧フランス租界の建物を修復し、当時の街並みを再現した場所です。

↓↓

IMG_1488

 

IMG_1487

 

 

高級ブランド店も多くありました。

↓↓

IMG_1485

 

 

外灘(ワイタン、Bund)・・上海が開港して以降、各国の金融機関や商社などの建物が立ち並び、”東方のウォール街”と呼ばれてました。

↓↓

IMG_1542

 

ただひたすら写真をあげたブログとなりました。

 

 

 

 

次回は上海で感じたことをまとめたいと思います。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (11)
  • 経営 (52)
  • 相続 (3)
  • 日常 (16)
  • 旅行 (17)
  • 労務 (5)
  • 働き方改革 (7)
  • 人事【教育・研修】 (22)
  • 人事【採用】 (36)
  • 人事 (72)
  • セミナー案内 (7)
  • セミナー (43)
  • その他 (73)
  • カレンダー

    2018年6月
    « 5月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

    月別

  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (4)
  • 2018年4月 (4)
  • 2018年3月 (4)
  • 2018年2月 (3)
  • 2018年1月 (3)
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (4)
  • 2017年10月 (4)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続