ホーム  >  ブログ一覧  >  スーパーブレイントレーニング

スーパーブレイントレーニング

2014.08.18

カテゴリ: セミナー

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

8月7日木曜日にSMCグループの曽根康正先生の「スーパーブレイントレーニング実現力トレーニング」のセミナーを受けました。

 

スーパーブレイントレーニングとは、簡単に言うと(久野解釈です。)

 

勉強、スポーツ、ビジネスなど、どの分野も行動の促進や抑制は脳が行っています。

 

それは、人は失敗や過去の経験から、自分のことを信じなくなっていくからです。

 

どの分野でも成功を手にするのはほんの一部の天才と呼ばれる人達ですが、天才と凡人の境目は、実は脳にはなく、人間の脳の仕組みは皆同じであり、10桁の自宅の電話番号を覚える事が出来れば誰の脳も天才の資質があります。

 

実は現実に能力の差が生じているのは、心理面(脳が何を考え、どう思うか)に原因があり、誰の脳でもこれをコントロールする方法を身につければ、驚異的な能力を発揮することが出来ます。

 

人間の脳は無意識のうちに環境を学習し、その環境の中で可能性の枠や常識をつくってしまいます。

 

『これ以上はムリだ』、『出来るはずがない』、『自分はここまでの人間だ』等。

 

又、過去の経験・体験などにより無意識のうちに数多くのデータを記憶してしまい、なにか行動を起こす時に、そのマイナスのデータが行動にブレーキをかけてしまいます。

 

それが能力の差となり、その積み重ねが天才と凡人の差となります。

 

 

スーパーブレイントレーニングによって、脳のブレーキを取り払い、目標を達成できる本来の脳にしていこうというものです。

 

 

今回のセミナーで特に印象に残ったことは、目標が実現しない理由は「目標と現実のズレを修正できていない」ことが目標が実現できない理由だと言うことです。

 

簡単に言うと、目標達成には、PDCAのサイクルが重要です。

 

 

ある大きな目標設定をしたとします。

 

ほとんどの場合、何をすべきか考え、計画し、実際に行動しなければ絶対に目標は達成できないのは当然ですが、実は大切なことは設定した目標に向けて行動してから、その計画の問題点を分析することです。

 

もしこの計画自体の問題点の分析をしないと、上手くいかなくなった時に、どうしてうまくいかなかったかが分からないので、自分には能力がないと、一気に感情がマイナスになり、最悪の場合「夢」や「目標」を諦めてしまう恐れがあります。

 

今回のスーパーブレイントレーニングでは、1年間、ブレインノートというノートに、長期の目標を達成するために、未来から逆算してこの1週間にやるべきことを記入し、それをさらに1日1日の目標に落とし込み、1日の最後にその目標に対して自身の行動がどうだったかを振り返るということをやっていきます。

写真1-300x225

 

 

そして1日の最後に、今日1日がどうだったかを反省し、次の日の目標を立てます。

 

この時に大切なことは、良い1日だった時は、改善することを考え、気を引き締める。

 

逆にうまくいかなかった時は、良かった点を探すことが大切だということです。

 

そうすることで、好調時には、足元をすくわれないように注意し、不調時には、プラス思考に戻してあげるということをやっていきます。

 

そして、寝る前は、必ず良いイメージで寝ることが大切です。

 

脳は寝てる間に、記憶を繰り返す傾向があるからです。

 

特に寝る前の10分間の記憶を繰り返すので、寝る前に嫌なことを考えると、朝まで何百と悪い記憶を繰り返してしまい、「自分はできない、ダメだ」と脳が思ってしまいます。

 

9月1日からこのノートを使い始めますが、継続します。

 

写真

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。