ホーム  >  ブログ一覧  >  サークルのような会社?部活のような会社?

サークルのような会社?部活のような会社?

2015.03.13

カテゴリ: セミナー, 人事

社会保険労務士法人とうかい東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週火・金曜日にブログを更新しています。

 

ブログランキングにチャレンジしています。

↓クリックをお願いします。

 

 

3月5日木曜日にソフトピアジャパンで師匠の曽根先生と第2回の人事労務塾をやりました。

 

人事塾

詳細はこちら⇒強運人事塾

 

前半の講義をわたしが行い、後半は曽根先生が話をします。

 

 

今回のテーマは人事異動です。

 

 

組織を活性化するために人事異動が必要ですということを話しました。

 

 

中小企業の経営者で、良くうちの会社では無理だといいますが、それは間違いです。

 

 

やれないからやらなくて良いという問題ではなく、やらないと行けないのです。

 

 

例えば、今までやっていた仕事とは別のことをやらせます。

 

 

人事異動とまでは言わないまでも、新しい仕事をさせてみることが大切です。

 

 

いろいろな狙いがありますが、仕事を変えたことで、実はその仕事に向いていて劇的に成果をあげるかもしれないからです。

 

 

優秀な経営者は、社員にいろいろな仕事をさせて、その人材の適正を見極めて一番成果を上げる仕事をさせて、強い組織を作るのです。

 

 

適材適所といいますが、入社からずっと同じような仕事をさせている経営者は、適材適所という言葉からほど遠い人事をしているのです。

 

 

さて、話は変わりますが、後半の師匠の話です。

 

 

最近聞いた多くのセミナーの中で一番素晴らしいというか、感動しました。

 

 

『組織とは目標を設定して、目標に向かっていく集団だ』という言葉にはじまり、グレートカンパニーになるための条件は、働いている社員が、経営者が決めた目標のために本気で血を流せる人、血を流すまでは言いすぎかもしれませんが、目標を達成するために知恵を絞れる人、本気になれる人をどう作るかが大切だというお話をされました。

 

 

馴れ合いの仲良し集団ではなく、本気で目標に向かって戦える集団です。

 

 

会社が、本気で目標に向かっていく集団であれば馴れ合いもいらないと言っていました。

 

 

そうなんです。

 

 

同じ目標を持つ仲間なのですから時に厳しいことも言い合ったり、切磋琢磨していきます。

 

 

甲子園を目指す部活のような組織です。

 

 

だから、お互いのことを尊敬し、心からこのチームで良かったと思う社員がいる組織を作れるのです。

 

 

反対に、目標が曖昧で、目標にこだわらない、目標がない会社のスローガンは、和をもって貴しです。

 

 

人に厳しくする理由がないので、ただ人間関係が良くなるように快適に働けるように、そんなことばかり考える組織なのです。

 

 

これはサークル活動だと言っていました。

 

 

人間関係が少し悪くなると、目標や志がないので簡単に会社をやめてしまうのです。

 

 

グレートカンパニーの条件は、やはりいかに社員とビジョンを共有できるかです。

 

 

社員とどうビジョンを共有するか?、新しく採用する社員とどうビジョン共有するか?

 

 

それを考えることが経営者の仕事なんだということを曽根先生の講義で学びました。

 

 

第3回が本当に楽しみです。

 

 

わたしが言うのもなんですが、このセミナーはすごいセミナーだと思います。

 

IMG_1550

 

IMG_1553

 

↓クリックを願いします。

 

社会保険労務士法人 とうかい 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の人事労務相談、社員研修、社員教育、採用、人事考課(評価制度)、就業規則

 

東海給与計算センター 岐阜県多治見市、土岐市、瑞浪市、恵那市、中津川市、可児市、美濃加茂市、愛知県名古屋市、北名古屋市、春日井市、小牧市、一宮市、江南市、西春日井郡、丹羽郡の給与計算(給料計算)の代行(アウトソーシング)

お問合せ欄に表示する文字列。