ホーム  >  ブログ一覧  >  たわしの枕? 枕がたわし?

たわしの枕? 枕がたわし?

2017.08.21

カテゴリ: その他

先日、ガイアの夜明けで睡眠用たわしというのをやっていました。

 

 

キャプチャ

 

 

 

今もっとも予約が取れないと言われているヘッドスパの有名店の梧空の気持ちが監修し、国産たわしでシェア1位の高田耕造商店が作成したものです。

 

 

キャプチャ

 

キャプチャ

 

 

すこし簡単に説明しますと、梧空のきもちは、わたしも行ったことがないのですが現在、全店予約上限の3ヵ月で、京都本店・大阪心斎橋店・東京表参道店・銀座店の全4店舗のキャンセル待ち合計は、15万人を超えるらしいです。

 

 

 

 

 

今もっとも注目のヘッドスパです。

 

 

 

 

 

そして高田耕造商店は和歌山の老舗でたわしを生産しているのですが、わたくしはこの番組を見るまでたわしが何でできているかも知りませんでした。

 

 

 

 

 

高田耕造商店のたわしは際立ってやわらかいそうです。

 

 

 

 

ネットで見たほうがよっぽど分かりやすいので簡単にこの商品の説明をしますが、たわしは洗えて清潔、そして寝ればもちろん、刺さるような刺激があるのですがその刺激が頭皮には良いそうです。

 

 

 

 

そして、たわしの通気性が頭を冷やしてくれる(頭寒足熱が大切)らしいです。

 

 

 

 

詳細ページ

https://nelture.com/lp/tawashi/

 

 

 

 

わたしも試してみたいと思います。

 

 

 

 

ただ、注文が殺到してしまい、受け取れるのは来年のようです。

 

 

 

 

梧空のきもちというお店に人が殺到している、そしてたわしが飛ぶように売れている。

 

 

 

 

このことから中小企業が学ぶべきことがあるなと感じます。

 

 

 

 

改めてですが、やはり創意工夫だなと思います。

 

 

 

 

そして、とにかく本物であること。

 

 

 

 

工夫があっても本物でなければ売れないし、本物であっても工夫がないと売れない。

 

 

 

 

創意工夫(アイデア)×技術(本物であること)

 

 

 

 

この掛け合わせが基本であることを改めて感じました。

 

 

 

 

アイデアがあれば、ビジネスがうまくいくと思っている経営者が多くはないか?

 

 

 

 

技術こそ会社の価値と思い込みすぎている経営者が多くはないか?

 

 

 

 

良いアイデアだけでも、長くは続かないし、良い技術だけではものは売れない。

 

 

 

 

それを改めて考える必要があると思いました。

 

 

 

 

ハードに働くことも大切だと思いますが、ハードに脳を使う。

 

 

 

 

自社の強みを最大に生かすために、知恵を使うのです。

 

 

 

 

そのためにたわしで頭を刺激するのです。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (32)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (9)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (4)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (28)
  • 人事 (61)
  • セミナー案内 (6)
  • セミナー (34)
  • その他 (57)
  • カレンダー

    2017年10月
    « 9月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  

    月別

  • 2017年10月 (3)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (4)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続