ホーム  >  ブログ一覧  >  お客さんは「一生懸命やりました」を買うわけではない。

お客さんは「一生懸命やりました」を買うわけではない。

2017.06.05

カテゴリ: その他, 経営

学校の試験勉強は徹夜してやりました。

 

 

 

 

とか、三日三晩やりました。

 

 

 

 

 

みたいなことが評価されて、試験がパスするようなことはありません。

 

 

 

 

 

しかしながら、なぜか仕事となると一生懸命やったからとか、こんな時間をかけてやったとか、それを周りに納得させたり、最悪のケースはお客さんにまでそれを理解してもらおうとします。

 

 

 

 

 

お客さんの基準からすれば、サービスによって満足を得られたかどうかです。

 

 

 

 

 

 

誰を基準に物事を考えるか?

 

 

 

 

 

 

これが大切だと考えています。

 

 

 

 

 

この間違いは、専門性が高い職種の人のほうが気を付けないといけないし、また中途社員などで自分ができると過信しているような人は気を付けないといけません。

 

 

 

 

 

わたしは基本的には、お客様に物を買ってもらう以上はお客さんに尺度を合わせるべきだと思っています。

 

 

 

 

 

お客さんに尺度を合わせれば、お客さんにとってこのほうが良い。

 

 

 

 

 

そのためにこうしようと言った発想になります。

 

 

 

 

 

もちろん価格以上のサービスをするとかそういったことではありません。

 

 

 

 

 

物事の判断基準を顧客に持つということです。

 

 

 

 

 

では、「自分に尺度」を持っている人はどうなるのでしょうか?

 

 

 

 

 

自分がプロだと思っている人ほど、「自分はプロなのだから」とか、「前職でこういう経験をしてきたのだから」「以前からこうゆうふうにうまくやってきた」といった具合に自分を過信し、顧客がどう思うかの判断基準を忘れてしまいます。

 

 

 

 

 

わたしが思うのだから、顧客も満足だろう、といった具合です。

 

 

 

 

 

本当のプロは、お客さんにとって何が良いかを考え、過去の経験を否定的に問いただし、常に基準をお客さんにおける人です。

 

 

 

 

 

自分の尺度はどこにあるか?

 

 

 

 

 

自分になっていないか、過去の経験からとか、わたしがやったのだから、こんなにがんばったのだから、時間をかけたのだからといったことになっていないか?

 

 

 

 

 

尺度が「自分」にならないような、そんな仕事をしたい。

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続