ホーム  >  ブログ一覧  >  あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。

2014.10.15

カテゴリ:

とうかい社会保険労務士事務所東海給与計算センターで代表をしています久野勝也です。

毎週月・水・金曜日(祝日を除く)にブログを更新しています。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

 

 

とんでもないタイトルの本がでていると思い思わず読んでしまった。

 

 

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。

 

 

写真

 

 

 

著者は東大卒の日野瑛太郎さん。

 

 

著者は脱社畜(会社に飼われた家畜)!の提唱者です。

 

 

でもただ単に脱社畜と言っているわけではない。

 

 

会社に飼われる家畜(社畜)が嫌なら、自分の労働市場における価値を高めなくてはいけないとも言っています。

 

 

会社の命令に従うか従わないかを決める自由、会社で働くか働かないか選ぶ自由を得るということ。

 

 

それを脱社畜と呼ぶなら

 

 

それは詰まるところとんでもなくできるスーパーサラリーマンになるか、

 

 

生きる価値観を180度変えてしまうこと、たとえば会社で働くくらいなら自給自足するような、

 

 

そんなことに近いように思います。

 

 

この本のタイトル、内容も自分の考えとは違い受け入れられないことも多いですが、日本の社会の問題点を的確にとらえている部分もあり一見の価値はあるように思います。

 

 

ところで少し話は変わりますが、

 

 

中小企業の経営者で、こんな矛盾した行動を取る人を見ます。

 

 

仕事さえすれば、成果さえあげれば何時に帰っても良いといいながら、成果よりも、長時間労働をしたり、経営者に対して従順かどうかで人の能力を判断している人を見る。

 

 

その結果どうなるか?

 

 

結果にこだわると言いながら、それ以上に時間にこだわる。短い時間で出た結果を軽んじ、大して結果が出ていない長時間労働を評価してしまう。

 

 

そんな矛盾を感じることがある。

 

 

まず、個人の考えをはっきり言っておきます。わたし自身、長時間労働をしてくれる社員も、そして長時間働くことも大好きです。

 

 

どこか、質より量なんて思っているし、間違いなく量と質は比例すると思います。

 

 

でも、その一方でこんなふうにも思うのです。

 

 

仕事の質を高めるのは、仕事そのものだけではないように思うのです。

 

 

単に与えられた仕事を長時間かけてやれば良いのではないと思うのです。

 

 

仕事を早く終えて、家に帰ってビールを飲んで寝てしまう人は問題外として、仕事を早く終えて、セミナーに出たり、読書をしたり、明日の仕事について考える、将来の仕事について考える、こんな社員がいたらどうだろうか?

 

 

間違いなく、想像を超えるスピードで成長していくのではないだろうか?

 

 

だから経営者は、長時間労働だけで、会社に対して忠誠心が高い、会社のためを思っているという単純な思考で社員を見てはいけないのだと思います。

 

 

経営者の役割は、社員の考えていること、夢、目標、なりたい将来の姿をよく理解し、社員の今の姿ではなく成長した姿、その人の未来を思いっきり想像して育てる。

 

 

そのために、

 

 

まず社員が何を考えているか、本気で理解することが大切なんだと思います。

 

 

そして、社員の成長した姿を本気で信じてあげること、それが大切なんだと思います。

 

 

今いる社員が優秀かどうかよりも、まず社員の成長を信じる。

 

 

それが一番最初なのかもしれません。

 

 

きれいごとを書いてしまいました、秋なので・・。

 

 

でもそんなふうに思うのです。

 

 

ブログランキングにチャレンジしています。クリックをお願いします。

人気ブログランキングへ

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (10)
  • 経営 (31)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (3)
  • 働き方改革 (3)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (60)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (28)
  • その他 (52)
  • カレンダー

    2017年8月
    « 7月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    月別

  • 2017年8月 (2)
  • 2017年7月 (4)
  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続