ホーム  >  ブログ一覧

社員旅行2

2017.06.26

カテゴリ: その他

前回からの続きです。

 

 

 

 

 

社員旅行 金沢

 

 

 

 

 

社員旅行2日目は兼六園⇒金沢城⇒コカ・コーラの工場見学です。

 

 

 

 

 

兼六園

s_IMG_2637 s_DSC_0413 s_DSC_1596 s_DSC_1603 s_IMG_2586

s_DSC_0407

 

 

 

昨年、茨城県の偕楽園にいきましたが、それ以上に良いところだと思いました。

 

 

 

 

 

そして金沢城。

s_IMG_2637 s_IMG_2632 s_DSC_1622 s_DSC_1614

 

 

 

 

そのあと、市場にいきました。

 

 

 

 

 

 

そして最後にコカ・コーラの工場見学です。

s_DSC_1660 s_DSC_1693 s_DSC_1663 s_IMG_0701

 

 

 

 

大好きなコカ・コーラの工場見学をしました。

 

 

 

 

 

品質と味へのこだわり、自動化、少人化による生産性の高さ、環境配慮、社会貢献活動などさすがトップ企業です。

 

 

 

 

 

工場見学が終わるとすっかりファンになっています。

 

 

 

 

 

コカ・コーラを見て感じたことは、やはり企業はしかりと稼ぐことだと思いました。

 

 

 

 

 

 

企業の社会貢献はやはり納税です。

 

 

 

 

 

 

そのうえでさらに、企業に余力があれば社会貢献、ボランティアです。

 

 

 

 

 

 

こうして社員旅行が終わりました。

 

 

 

 

 

 

社員もみな生き生きとしていて良い時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

 

 

この研修を通じて社員が次のことを忘れないでいてくれるとありがたいと思います。

 

 

 

 

 

社員旅行にしても、会社の飲み会にしても、そしてすべて費用はお客さんからいただいた売り上げが源泉になっていること。

 

 

 

 

 

そして企業である以上、使った経費は必ず利益に変えないといけません。

 

 

 

 

 

 

経費は会社を成長するために使うもの。

 

 

 

 

 

 

そうでなければ浪費になってしまいます。

 

 

 

 

 

 

1人1人がいろいろなものを見ることで視野を広げたり、社員同士の交流が深まったり、効果はなんでも良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

何を考えて、どう動いたか?そしてこれからどう動くか?

 

 

 

 

 

 

そんなことを考えてると良いなと思います。

社員旅行

2017.06.19

カテゴリ: その他, 旅行

6月9日金曜日と土曜日に金沢に社員旅行にいきました。

 

 

 

 

今回の企画は、顧問先のコミュニティータクシーの岩村さんにご協力いただき、岡根と足立と山田が企画しました。

 

 

 

 

初日は千里浜、21世紀博物館にいって、最後に宴会をしました。

 

 

 

 

 

研修でいろいろなものを見て、感じることで日頃の業務の視野が広がればよいと思います。

 

 

 

 

 

また日頃は長時間労働でまたハードな職場です。

 

 

 

 

 

すこしのんびりした時間を過ごせました。

 

 

 

 

 

さて実際の旅行ですが、まずはバスの移動中は毎年恒例の労働法のクイズです。

s_DSC_0356 s_IMG_2011

 

 

まず食事をして千里浜にいきました。

s_IMG_1991 s_IMG_1985 s_IMG_1984

 

 

 

s_IMG_0677 s_IMG_2446 s_IMG_2030 s_IMG_2019

 

 

 

 

日本でも有数の浜を車で走れるスポットです。

 

 

 

 

 

はじめての体験で感動です。

 

 

 

 

 

そのあとは21世紀博物館にいきました。

 

 

 

 

池田学展 The Pen ー凝縮の宇宙ー

file

 

 

一見の価値があります。

 

s_IMG_2075 s_IMG_2070

 

 

 

 

その後、夜は宴会をしました。

 

s_IMG_2141

飲む前の写真で落ち着いていますがこの後はけっこう盛り上がりました。

 

 

 

 

6月、わたくしが誕生日だったので社員からのサプライズでお祝いをしてもらいました。

 

 

 

 

社員に感謝です。

 

 

s_IMG_2151

 

 

 

 

 

去年は日帰りでしたが、今年は泊り。

 

 

 

 

 

パートさんもほとんどが参加してくれました。

 

 

 

 

 

来年は全員が参加してくれると嬉しいと思います。

 

 

 

 

 

 

また次回のブログで2日目の報告をします。

新卒採用か?中途採用か?

2017.06.12

カテゴリ: 人事【採用】

弊社も来年から新卒採用をします。

 

 

 

ずっとやらないといけないと思いながら、取り組めていなかったことです。

 

 

 

一般的にですが、多くの経営者が採用で「中途採用⇒経験者⇒仕事ができる」という幻想のもと採用活動をしています。

 

 

 

「仕事ができる経験者」は、本当に採用できるのでしょうか?「仕事ができる経験者」は、よほどの理由がないと会社を辞めません。

 

 

 

 

もっと言いますと「仕事ができる経験者」は、会社から大きな期待をされています。そのため、滅多に辞めませんし、辞めたとしても次の会社に引き抜かれているため、求人に応募してくることはありません。

 

 

 

 

多くの経営者は、経験者を即戦力と考えて採用しますが、これは大きな間違いです。

 

 

 

 

採用市場の経験者は基本的には、仕事ができない経験者がほとんどです。もちろんたまに仕事ができる人がいるから、中途採用がやめられなくなるのですが・・。

 

 

 

 

しかもその経験者の多くは、仕事ができると勘違いした会社の足を引っ張る即害力で場合がほとんどです。

 

 

 

 

そして前職の悪い行動習慣が身についています。さらに悪いことに、性格が素直でなかったりすると、会社に合わせようとしないのでますます会社に悪影響を及ぼします。

 

 

 

 

中途採用を繰り返すと社内が即害力ばかりになってしまいます。そして、仕事ができない経験者が、未経験者を教えるわけですから、才能がある人も、全くできない人になってしまいます。

 

 

 

 

そう思えば、「仕事ができる未経験者(新卒)」を本気で探すことが会社のためになることは一目瞭然です。

 

 

 

 

人材の種類を分けると大きく4つです。

 

 

 

 

採用

 

 

 

 

①「仕事ができる経験者」②「仕事ができる未経験者(新卒)」③「仕事ができない経験者」④「仕事ができない未経験者(新卒)」です。

 

 

 

 

このうちで多くの経営者が欲しいのは①「仕事ができる経験者」です。

 

 

 

 

 

そして、次に欲しいのは②「仕事ができる未経験者(新卒)」です。

 

 

 

 

 

創業期には絶対に中途の力が必要です。

 

 

 

 

 

引き抜きなどをして、良い人材を引っ張ってきたこともあると思います。

 

 

 

 

 

たまたま良い中途を採れたこともあると思います。

 

 

 

 

 

ただその力技と偶然を続けることはできません。

 

 

 

 

 

継続的に企業が発展していく中で、弊社は新卒を採用しようと思います。

 

 

 

 

そして、この新卒採用を顧問先にも提案していこうと考えています。

お客さんは「一生懸命やりました」を買うわけではない。

2017.06.05

カテゴリ: その他, 経営

学校の試験勉強は徹夜してやりました。

 

 

 

 

とか、三日三晩やりました。

 

 

 

 

 

みたいなことが評価されて、試験がパスするようなことはありません。

 

 

 

 

 

しかしながら、なぜか仕事となると一生懸命やったからとか、こんな時間をかけてやったとか、それを周りに納得させたり、最悪のケースはお客さんにまでそれを理解してもらおうとします。

 

 

 

 

 

お客さんの基準からすれば、サービスによって満足を得られたかどうかです。

 

 

 

 

 

 

誰を基準に物事を考えるか?

 

 

 

 

 

 

これが大切だと考えています。

 

 

 

 

 

この間違いは、専門性が高い職種の人のほうが気を付けないといけないし、また中途社員などで自分ができると過信しているような人は気を付けないといけません。

 

 

 

 

 

わたしは基本的には、お客様に物を買ってもらう以上はお客さんに尺度を合わせるべきだと思っています。

 

 

 

 

 

お客さんに尺度を合わせれば、お客さんにとってこのほうが良い。

 

 

 

 

 

そのためにこうしようと言った発想になります。

 

 

 

 

 

もちろん価格以上のサービスをするとかそういったことではありません。

 

 

 

 

 

物事の判断基準を顧客に持つということです。

 

 

 

 

 

では、「自分に尺度」を持っている人はどうなるのでしょうか?

 

 

 

 

 

自分がプロだと思っている人ほど、「自分はプロなのだから」とか、「前職でこういう経験をしてきたのだから」「以前からこうゆうふうにうまくやってきた」といった具合に自分を過信し、顧客がどう思うかの判断基準を忘れてしまいます。

 

 

 

 

 

わたしが思うのだから、顧客も満足だろう、といった具合です。

 

 

 

 

 

本当のプロは、お客さんにとって何が良いかを考え、過去の経験を否定的に問いただし、常に基準をお客さんにおける人です。

 

 

 

 

 

自分の尺度はどこにあるか?

 

 

 

 

 

自分になっていないか、過去の経験からとか、わたしがやったのだから、こんなにがんばったのだから、時間をかけたのだからといったことになっていないか?

 

 

 

 

 

尺度が「自分」にならないような、そんな仕事をしたい。

サービスの値段

2017.05.29

カテゴリ: 経営

ご存知のとおり、非常に採用が困難になっています。

 

 

 

 

労働人口も減少しています。

 

 

 

 

将来ずっとこのような状況が続くわけではありませんが、短期的には、このような状況の中で、人が多くいるだけで企業の価値は高まります。

 

 

 

 

人が適正な人数いる企業の価値は、高いのです。

 

 

 

 

そして、当然ですがその人材が優秀であれば、なおその企業の価値は高いのです。

 

 

 

 

話は変わりますが、弊社ですが、良く仕入れがないから良いねと言われます。

 

 

 

 

大きな誤解をしています。

 

 

 

 

仕入れがない商売で、人が介在するサービスは思っている以上にコストが大きいのです。

 

 

 

 

 

弊社のような、知識を売る商売であれば、採用するのにある一定以上の知的好奇心がある人材を採用したり、またその人材の能力を発揮するために研修が必要です。

 

 

 

 

そして、物が売れて利益を上げるわけではないので、人が動いていないと売上があがりません。

 

 

 

 

 

そのような商売において、人が無駄な作業をすればするほど収益性が低くなります。

 

 

 

 

 

ところでさらに話は変わりますが、経営者の方で極端に人が動くコストが分かっていない人がいます。

 

 

 

 

 

俺はお金を払っているのだから何でもやれと言わんばかりに過剰な要求をしてくる。

 

 

 

 

 

安くて上手い牛丼屋に行ったのに、一流の料亭に行ったくらいのサービスを求める経営者。

 

 

 

 

 

自分が一流なのだから私は一流のサービスを受けて当然だと言わんばかりに。

 

 

 

 

 

年収300万円の人の時間当たりのコストはだいたい3,000円です。

 

 

 

 

300万円×1.8がその人にかかるコスト。

 

 

 

 

 

そして1年の労働時間はだいたい1800時間です。

 

 

 

 

すなわち300万円×1.8÷1,800時間とすると時間給は3,000円です。

 

 

 

 

 

何が言いたいかというと、人が動くコストを直感的に計算できない経営者は、やはり二流だと思います。

 

 

 

 

自分ができているとは思いません。

 

 

 

 

ただ、この感覚のない人はビジネスのセンスがないと思います。

 

 

 

 

 

そして、これからの時代、このビジネスセンスのない経営者とは多くの会社が付き合わない時代が来ます。

 

 

 

 

 

過剰な要求をする経営者は、頭の中でそろばんをはじくことはありません。

 

 

 

 

 

そんな経営者についに取引先やパートナーがついていけない時代が来たのです。

経営者の視界

2017.05.22

カテゴリ: その他, セミナー, 経営

5月13日土曜日にPAL研究会で寺島実郎さんの講演を聞きました。

 

 

 

 

世界の潮流、そして日本の潮流を学びました。

 

 

 

 

その中で響いたキーワードが『視界に入れる』です。

 

 

 

 

わたしは、なるべく本を読んだりすることで多くの情報得ようと思っていました。

 

 

 

 

しかし、まだまだ全然足りていませんでした。

 

 

 

 

もっと大きな潮流をとらえることが大切です。

 

 

 

 

私たちの業界は、ITの進歩により多くの仕事が機械にとってかわられます。

 

 

 

 

これからの日本、そして企業を考える上で大変重要なポイントになります。

 

 

 

 

ニーズとシーズを見つめて、それらに対して受け身ではなく、自らがどうやって新しい産業を作っていくのかとかという非常に主体的な関わりが必要となってきます。

 

 

 

 

そういった感覚が、今まであったふりをしていただけで、実はなかったことに気づきました。

 

 

 

 

物事の考察が甘すぎたのです。

 

 

 

 

 

大きな潮流から、どんな経営に変えていくのか?

 

 

 

 

どのような会社にしたら、生き残っていけるのか?

 

 

 

 

様々な角度で考え直し、ニーズとシーズを見つめる中で、自分たちの立ち位置について確認していく作業がこれからの時代を見据える上では大変重要になっていきます。

 

 

 

 

 

それが『視界に入れる』という意味です。

 

 

 

 

 

その意味において 、本は読んでいるが考察が浅いなと感じています。

 

 

 

 

 

例えば『働き方改革』、用語の内容や狙いなど、本で分かることを知るだけでなく、もっと考察が必要なのです。

 

 

 

 

 

これからの日本はどうなるか?ではなくもっと広く世界の中で日本はどうなるか?

 

 

 

 

 

グローバルでない企業であっても、日本がグローバルなのだから、必ず大きな潮流の影響を受けます。

 

 

 

 

経営者である以上、もっと視界を広げてそしてニュースをキャッチし、考察を深めないといけません。

 

 

 

 

自分に新しい気付きを与えるインパクトにあるセミナーでした。

 

 

 

 

 

最後に、もし興味があればyou tube でBS11で放映されている『寺島実郎の未来先見塾』の「見逃し配信」をしています。一度見てみてください。

 

 

 

 

 

攻めの時間短縮

2017.05.15

カテゴリ: 働き方改革

働き方改革を行っていかないといけないと以前のブログで話しました。

 

 

 

働き方改革のメインはやはり長時間労働の改善です。

 

 

 

長時間労働の改善の趣旨目的は次の4つです。

 

 

 

 

1つ目は社員の健康確保

 

 

 

2つ目はワーク・ライフバランスの改善

 

 

 

今後、介護の負担者が増えていきます。長時間労働型の働き方では、仕事を継続できなくします。

 

 

 

3つ目は公正競争の確保

 

 

 

 

一定のルールの上で企業間が競争することが大切なのは、言うまでもありません。

 

 

 

 

4つ目は経済活動の活性化です。

 

 

 

 

日本は元来から経済活動の調和を重視し、経済成長のためなら、多少の長時間労働があってもしょうがないという気運がありました。

 

 

 

 

しかし、これからの日本は、多様な人材の活用、能力発揮、新たな価値創造の実現、生産性向上に取り組むと方向を決めたのです。

 

 

 

 

 

これからの会社は長時間労働の是正、『攻めの時間短縮』が必要です。

 

 

 

 

『攻めの時間短縮』とは次のようなことだと考えています。

 

 

 

 

高い時間当たり生産性を実現するマネジメントすること。

 

 

 

 

社員の健康を確保することで、社員が時間の中で最高のパフォーマンスを発揮させること。

 

 

 

 

そして何より、成果を時間の量で確保する経営から、質で確保する経営へ転換することです。

 

 

 

 

そしてそのために業務プロセスの改善、マネージャーの管理能力の向上、時間当たり生産性を評価する人事システムが必要です。

 

 

 

 

そして、忘れていけないのが、長時間労働の削減をするために欠かせないのが、時間外労働を削減することで、残業代が減ると生活が困窮すると考えている社員への説得です。

 

 

 

 

削減した残業代が、社員に還元されることをしっかりと社員に伝えないといけません。

 

 

 

 

社員に還元するとはどういうことか、それは社員が残業代などしなくても今以上の給与をもらえる会社を作ることです。

 

 

 

 

私は心配していることがあります。

 

 

 

 

『働き方改革』が魔法のような言葉で、これさえやれば企業のレベルがあがり、採用がうまくいくなどと思っていないだろか?

 

 

 

 

そんなことは絶対にありません。

 

 

 

 

今以上に企業は、生産性を上げるために資金を使う必要があります。

 

 

 

 

社員の能力向上のために今以上の教育費が必要になるだろうし、もしかしたら、今までの倍以上使う必要があるかもしれません。

 

 

 

 

それくらい社員の能力向上が必須なのです。

 

 

 

 

また付加価値の高い商品づくりのために、研究者は専門家の育成や活用、設備投資も今以上に必要です。

 

 

 

 

書店では『働き方改革』の本が多く並んでいます。

 

 

 

 

〇〇宣言といった『働き方改革』をする企業の象徴といった、宣言ができる場所が多くあります。

 

 

 

 

ただ、間違いなく言えることは、本を読んで勉強したり、〇〇宣言をしただけでは、働き方改革にはなりません。

 

 

 

 

 

なぜなら働き方改革とは、目的ではないのです。

 

 

 

 

働き方改革とは手段なのです。

 

 

 

 

本当の目的は、会社が、業界の常識を超えた異次元の利益をあげて、強い会社を作りながら、社員を幸せにすることができるグレートカンパニーを作ることです。

 

 

 

 

それを勘違いしてはいけないのです。

 

 

 

 

働き方改革の本当の意味も知らないで、皆が安易に働き方改革という言葉を使っていないだろうか。

 

 

 

 

それが心配でならないのです。

次のステップへ

2017.05.08

カテゴリ: その他

起業してから毎年やりたいと思っていることの一つに海外旅行があります。

 

 

 

 

海外に遊びに行くのではなく、海外の企業や海外の文化、人に触れてみたいのです。

 

 

 

 

毎日同じ通勤ルートで、同じ仲間と話をしていてもきっとそこに成長がないと思います。

 

 

 

 

世の中はすごいスピードで変化しています。

 

 

 

 

それを自分自身が痛感し仕事を変えていくこと、そして社員、お客様に伝えたいと思います。

 

 

 

 

 

それがトップの仕事の一つではないかと思っています。

 

 

 

 

 

今の自分の中にあることしかできないとしたら、そこに進化はありません。

 

 

 

 

 

トップがやるべきことは、会社の方向を決めることだと思うので、もっともっと勉強したいと思います。

 

 

 

 

 

そして実践したいと思います。

 

 

 

 

 

今年は船井総研のグレートカンパニーツアーに行ってみようと思います。

 

 

 

 

 

まだ先ですが10月に

 

 

 

 

 

行先はニューヨークとボストンです。

 

グレートカンパニーツアー

 

 

視察企業

 

 

 

ニューヨークのオキュラス、Google、INDEED

 

 

 

 

ボストンのハーバード大学・マサチューセッツ工科大学(MIT)、リーガルシーフード

 

 

 

 

に行ってきます。

 

 

 

 

 

せっかく行くのだから多くのことを吸収してきます。

 

 

 

 

 

レポート作るのでまた楽しみにしておいてください。

働き方改革宣言

2017.05.01

カテゴリ: 働き方改革

これからの日本でビジネスをやる以上、経営者がやらないといけないことは「働き方改革」です。

 

 

 

単に労働時間を短くするという印象も強く、こんなことしたら儲からない。会社が潰れる。

 

 

 

 

という言葉も経営者から聞こえてきますし、それが中小企業の経営者の印象ではないでしょうか。

 

 

 

 

仕事=能力×時間とするならその時間を短くするのだから仕事の質は下がるからです。

 

 

 

 

時間が短くなっても、成果は変わらない。

 

 

 

 

むしろ上がる。

 

 

 

 

みたいな本ばかりでています。

 

 

 

 

中小企業の現場ではそんなきれいごとでないことが多いのもまた事実です。

 

 

 

 

ただ、時代は変わったのです。

 

 

 

 

「できるとか」「できない」とかではなくやるしかないのです。

 

 

 

 

残業がゼロでも、労働時間が今より1割り減らしても、今と同じ利益が出る会社を作らないといけないのです。

 

 

 

 

しかもその会社は成長を継続できる会社でないといけないのです。

 

 

 

 

これからの会社経営は大変です。

 

 

 

 

ただその一方で働く方も大変かもしれません。

 

 

 

それは今と同じ給与をもらおうと思えば、今と同じ時間で今よりも成果を上げる必要があるからです。

 

 

 

 

 

どういうことかと言うと、たとえば、今、給与を30万もらっている人がいたとして、1年間成長していなければその人の給与は30万ではないのです。

 

 

 

 

 

時代が変化する中で、今の有効な知識は1年では価値を失い、最新の情報は劣化し、やり方は古くなり、そして体力も落ちます。

 

 

 

 

つまり、去年と同じ給与を維持するためには、テクニックや知識をつけて成長しないといけないのです。

 

 

 

 

しかもそれを時間の制約の中でやらないといけません。

 

 

 

 

 

世の中がこれだけ劇的に変わっているのだから、去年と同じ成果、現状維持は現状維持ではなく、マイナスに転げ落ちていくことなのです。

 

 

 

 

これを認識したうえで会社全体で労働時間の抑制をし、経営者は残業がなくても今以上の給与がもらえる会社を作ることを約束し、社員はそれに見合う能力を身に着けて成果を出す努力をする約束をすることが大切になります。

 

 

 

 

もちろん一番大切なのは、経営者がこの組織風土を会社に作れるか。

 

 

 

 

これが全てです。

 

 

 

 

少し話は変わりますが、わたくしが創業以来、経営で精神的にしんどい時に聞いていたCDがあります。

 

 

 

 

永守重信の「情熱・熱意・執念」です。

情熱・熱意

 

 

 

このハードワーキングという言葉が好きで、わたし個人は社長業を1日16時間は働こうと思ってやっていまし、長く働くことが良いと思っていました。

 

 

 

 

しかし、その永守重信氏が2016年の決算発表で2020年までに残業をゼロにすると宣言しました。

 

 

永守重信

 

これは成長をやめることではない、ドイツのような生産性の高い仕事をすることだとのことです。

 

 

 

 

衝撃でした。

 

 

 

 

この時から自分も考えを改めないといけないと思っていました。

 

 

 

 

だから宣言します。

 

 

 

 

これから自社の働き方を変えていきます。

 

 

 

 

わたし個人ももっと生産性にこだわって1時間当たりの成果を上げます。

 

 

 

 

もちろんわたしはもっとハードに働きますが・・。

 

 

 

 

社員が残業ゼロでも、高いといえる年収をもらえる企業を本気で作ります。

 

 

 

 

そのチャレンジが今の楽しみです。

 

 

 

 

 

これからのとうかいの成長を楽しみにしていてください。

ひと手間

2017.04.24

カテゴリ: その他

マーケティング。

 

 

 

 

例えば飲食店がSNS(例えばameblo、facebook、Instagrmなど)を使って、写真や最近の出来事などをアップロードする。

 

 

 

 

お店のファンを作るための、もはや基本的な手法となっています。

 

 

 

 

 

飲食店をはじめ多くの業態でチェーン店が増えて、どの業態もサービスのレベルは上がっています。

 

 

 

 

 

「ここでなければだめ」と思われるようなお店は、お客さんとの関係性を深くする取り組みをしたり、手間と時間をかけています。

 

 

 

 

 

お客さんにとって魅力のあるお店、お客さんとの強固の関係を作るためには、手間を惜しまないことが大切です。

 

 

 

 

 

そのためには手間をかける時間を捻出しないといけません。

 

 

 

 

 

そのために仕事の見直しが必要です。

 

 

 

 

 

わたしは仕事をまず次の3つにわけることだと思います。

 

 

 

 

 

①自社でやるべき仕事

②自社でやるべきだが簡素化・簡易化できる仕事

③外注すべき仕事

 

 

 

 

 

上記の3つに分けたうえで、まずは②の自社でやるべきだが簡素化・簡易化できることをどんどん簡素化・簡易化して時間を捻出しお客さんとの関係づくりの時間にします。

 

 

 

 

 

これには5S、改善活動などはもちろん、ITの活用も有効です。

 

 

 

 

 

そして、同時に③の外注できることはどんどん外注していきます。

 

 

 

 

 

気づいていない経営者も多いですが、経理、給与、社会保険手続などのいわゆるバックオフィス業務は外注すべき業務の代表です。

 

 

 

 

最近、給与計算を自らしている経営者に会いました。

 

 

 

 

正直びっくりです。

 

 

 

 

給与計算は間違いなく③の業務です。

 

 

 

 

この時代に経営者が給与計算などをやっている会社は経営センスがなく衰退していく会社です。

 

 

 

 

簡素化できることは簡素化し、外注することはどんどん外注していく。

 

 

 

 

そして企業のもっとも大切な顧客との接触やサービスに時間をかけることが大切です。

 

 

 

 

短期的には経費も苦労もあるかもしれませんが、これができなけらば遅かれ早かれ企業は衰退していくのです。

 

 

 

 

今まではうまくいったかもしれませんが、これからはそんなに簡単な時代ではありません。

 

 

 

 

【ご案内】

今日のブログに関連してセミナーをします。

 

 

 

 

簡素化・簡易化できる仕事をどんどん簡素化・簡易化していくセミナーです。

 

 

 

 

クラウドシステム活用事例大公開セミナー

MFセミナー

 

5月17日水曜日 14:00~16:00 小牧 小牧商工会議所     受講料 無料

 

5月31日水曜日 14:00~16:00 名古屋 東京海上ビルディング 受講料 無料

 

お申込みはこちらから

http://www.tokai-sr.jp/announce_36595.html

1 2 3 4 5 6 22

お問合せ欄に表示する文字列。

最新の記事

カテゴリ

  • 読書 (8)
  • 経営 (29)
  • 相続 (3)
  • 日常 (14)
  • 旅行 (8)
  • 労務 (2)
  • 働き方改革 (2)
  • 人事【教育・研修】 (19)
  • 人事【採用】 (27)
  • 人事 (56)
  • セミナー案内 (5)
  • セミナー (27)
  • その他 (51)
  • カレンダー

    2017年6月
    « 5月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

    月別

  • 2017年6月 (4)
  • 2017年5月 (5)
  • 2017年4月 (4)
  • 2017年3月 (3)
  • 2017年2月 (4)
  • 2017年1月 (3)
  • 2016年12月 (4)
  • 2016年11月 (4)
  • 2016年10月 (4)
  • 2016年9月 (3)
  • 2016年8月 (5)
  • 2016年7月 (3)
  • 2016年6月 (4)
  • 2016年5月 (5)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (3)
  • 2016年2月 (5)
  • 2016年1月 (3)
  • 2015年12月 (5)
  • 2015年11月 (3)
  • 2015年10月 (4)
  • 2015年9月 (4)
  • 2015年8月 (4)
  • 2015年7月 (4)
  • 2015年6月 (5)
  • 2015年5月 (7)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (9)
  • 2015年2月 (8)
  • 2015年1月 (9)
  • 2014年12月 (14)
  • 2014年11月 (10)
  • 2014年10月 (13)
  • 2014年9月 (12)
  • 2014年8月 (13)
  • 2014年7月 (8)
  • 2014年6月 (1)
  • 拙著紹介

    転ばぬ先の相続